“留学では得られないLQAインターンシップでの成果” – -営業部のインターン斎藤園子さん

私は交換留学生としてベトナムの大学に通いながら、10ヶ月間LQAセールスアシスタントとしてパートタイムでのインターンに取り組んでいました。

元々は英語のアウトプットを出来る場を増やすことを目標として始めたインターンでしたが、想像していた以上に貴重な経験を積むことができたと思います。主な仕事内容は新規営業における一連の業務(メールリストの作成から商談のアポをとるためのメール送信、商談資料の日本語訳や商談への参加、見積書などの書類の日本語訳等)や、プロジェクト内でのエンジニアとお客様間のコミュニケーターとしての役割を果たしていました。

 

営業のインターンシップであったため、お客様はもちろん社内のベトナム人社員とのコミュニケーション方法について考えさせられる機会が多かったです。日本人特有の曖昧な表現から本質を汲み取り、その部分を分かりやすく英訳して社長をはじめとしたベトナム人社員に伝えたり、逆に弊社社員の要望を日本人のお客様に柔らかい表現方法で伝えたりと表現方法にはかなり苦労しましたが、その分自分の表現の幅を広げる事が出来たように感じています。インターン生が社長と一緒に商談に出席することや、接待として日系企業の社長さんや高い役職を持つ方々との飲み会や日帰り旅行へ参加すること、自分なりの考えを社長をはじめとした上司、先輩に伝える機会を得られることなど、日本ではなかなか出来ない事をLQAでは経験する事ができます。

あまり考えすぎず、少しでも興味が湧いた人は是非一度LQAに連絡してみてください!