LQAの日本語教室の紹介

「新しい言語を学ぶことは、世界を見るためのもうーつの窓を持つことです」-中国のことわざより。ベトナムの一流のITアウトソーシング会社として、LQAは常に最高のカスタマーサービスを提供するために、外国語の理解を重要視しております。

 

2019年現在、LQAテスティングエンジニア25%は日本語を扱うことができており、全員がJLPT N1N2N3を持っています。日本の品質検証とアノテーションアウトソーシングサービスのニーズに応じて、LQAは、日本語能力の高いスタッフを募集するとともに、社員向けの日本語教室を開設し、お客様の言語で自信を持ってコミュニケーションをとるための確固たる言語基盤を確立するよう努めております。

20195月に設立されたこの日本語教室には、営業、テスト、アノテーション、または取締役会など、さまざまな部署のスタッフが参加しています。勤務時間後、勤勉な学生はLQAの会議室に来て、長年日本に滞在していた、日本語が流暢な教師から日本語を学んでいます。数か月で、ほとんどすべての学生がJLPTN5またはN4に合格することができました。

 学生が優れた日本語スキルを身に付け、将来的にはLQAが日本語だけでなく他の言語の教室を開き、会社がグローバル市場ででビジネスを展開することを願ってやみません。

 

 クラスの写真をご覧ください。