年末年始のお知らせ

2021の 年末年始のお知らせ

 

LotusQAの 年末年始のお知らせ

 

早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。一年間大変お世話になり、心より感謝しております。

誠に勝手ながら、当社では以下の期間につきましては、休業とさせていただきます。

 

Lotus Quality Assurance (ベトナム本社)

営業期間:2020年12月31日(木)まで

休業日:1月1日(金)

※2021年1月4日(月)より通常営業いたします。

Lotus Japan (日本法人)

営業期間:2020年12月29日(火)まで

休業日:12月30日 (水) ~ 1月4日(月)

※2021年1月5日(火)より通常営業いたします。

 

お休み期間中にお送りいただきましたお問い合わせは、新年の営業開始日より順次対応させていただきます。

来年も本年同様、変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い致します。

テスト自動化の課題

主な テスト自動化の課題

 

ITの世界では高品質のソリューションが求められているため、テストの自動化は当然のことながら優れたソリューションと見なされています。 その利点にもかかわらず、起こりうる障害を回避するために、自動テストを実装する能力を事前に見積もる方法について大きな懸念があります。 実際、この方法を使用する前に注意深く確認する必要があります。注意して覚えておく必要のある障害があります。

 

この記事を通じて、テスト自動化の最大の課題を把握します。

 

課題1:適切なテストアプローチの選択

適切な自動化テストアプローチは、プロジェクトの効果的な結果において重要な役割を果たします。管理レベルでは、テストアプローチを作成する方法と方法を確実に知っていますが、テスト自動化でこのアプローチを作成することは別の問題です。最初の難しさは、製品の寿命に関連する長期的な自動化プロセスを作成することです。たとえば、デスクトップアプリケーションの平均サイクルは、一般的に12〜18ヶ月から15年以上です。したがって、テストアプローチは、ソフトウェアのライフスパンの全プロセスで実行できる必要があります。次に、テストアプローチでは、製品が変更または更新されたときに、人間の介入なしにこれらの変更を識別して対応できることを確認する必要があります。モバイルアプリケーションを例にとると、ユーザーの要件は急速に変化するため、このアプローチを「1つのサイズですべてに対応」することはできません。

確かに、最初に効果的な長期指向のフレームワークを構築するという課題を抱えて、テストアプローチでこれらの困難に対処することは困難です。

 

課題2:適切なツールの選択

自動化テストを成功させるための重要なポイントは、適切なツールを選択することです。開発者とテスターは、オープンソースツールまたは商用ツールを使用して、社内ツールを構築するための定期的な基盤のようにそれらを使用できます。各ツールは、特定のシナリオごとに適しています。市場にはさまざまな包括的なテストツールが存在するため、適切なものを選択することは困難です。特に、適切なツールは、プロジェクトの長期的な方向性、フレームワーク、プロジェクトの出力、クライアントの要件、テスターチームのスキルなどの多くの要因と一致する必要があります。間違ったツールや不適切なツールを選択すると、最初からプロセス全体が失敗する可能性があります。実際、オープンソースツールは、多くの場合、商用ツールよりも高いレベルのコーディングスキルを必要とします。例を挙げると、Selenium は、テスターに​​さらにプログラミングスキルを要求するオープンソースツールです。

エキスパートテスターは、次の手順でツールのプロセスを設定することをお勧めします

  • ステップ1:ツール要件基準のセットを定義する
  • ステップ2:選択したツールを確認する
  • ステップ3:ツールを使用してトライアルテストを実施する
  • ステップ4:これらのツールを使用するかどうかの最終決定を下しますか?

 

課題3 : 効果的なコミュニケーションとコラボレーション

手動テストおよび開発と比較して、自動テストは実際にはより多くのコラボレーションを必要とします。プロジェクトのインプットとアウトプットを完全に分析して理解するために、最初から、デリバリーチームと顧客の間の良好な相互作用が必須です。テスト戦略に関しては、テスターチームは、計画、範囲、およびフレームワークの作成についてプロジェクトマネージャーと連絡を取る必要があります。自動化テスターは、コードを理解するために開発者だけでなく、テストケースについては手動テスターと、最終製品を構築するための統合についてはインフラストラクチャエンジニアと話し合うという事実。言うまでもなく、最初からの誤解を無視したり無視したりすると、プロセスが煩雑になる可能性があります。

各プロセスの特定の連絡先、明確な期待、メンバーの責任などのコラボレーション環境を確立することで、誰もが情報を迅速かつ便利に提供できるようになります。さらに、積極的な関与と透明性のあるフレームワークにより、独自の企業文化が育まれます。

 

課題4:最初は高い投資コスト

自動化テストのメリットを否定することはできませんが、コストについて言及する場合、多くの問題と懸念があります。テスト自動化の長期にわたる高いROIにもかかわらず、初期段階のコストは非常に高くつきます。自動化されたテストフレームワーク、ライブラリ、およびハードウェアやソフトウェアなどの機能を構築するためにお金を費やす必要があります。当初、ツールは、オープンソースツールを選択した場合でも、多額の投資を考慮に入れています。オープンソースツールはライセンスのコストを削減できますが、それらのツールをトレーニングおよび保守するには、依然として多くの努力が必要です。その上、会議、コミュニケーション、コラボレーションなど、多くの隠れたコストも考慮に入れる必要があります。結果として、投資についてマネージャーまたは利害関係者の間でコンセンサスを得ることが課題となります。これが、潜在的な計画と実行可能な目標があっても、予算の制約のために自動化テストの多くの傾向が拒否される可能性がある理由です。

 

まとめ

要約すると、自動化テストはペイオフを効果的にサポートし、企業が進捗をスピードアップするための優れた方法です。ただし、テストの自動化は人間の知性に取って代わることはできません。自動化テストの全プロセスでオリエンテーションを行うには、依然として人間が必要です。

それでも疑問があり、ガイドラインやロードマップが必要な場合は、LQAがテスト自動化に関する無料のコンサルティングを提供します。

12月17日の ウェビナー

【12月17日の ウェビナー 】モバイルテスト自動化の最適化:戦略を立てるための5つの重要なポイント

 

We are socialのレポートによると、日本には現在1億9170万台のモバイルデバイスが接続されており、人口の151%に占めています。 モバイルアプリへの投資は、企業がデジタルテクノロジーの爆発的な増加に適応するための最優先になりました。アプリケーションが複数のモバイルデバイスと互換性があり、継続的に更新されることを保証することは、企業の2つの重要な要件です。 テスト自動化、この要件を満たすための効率的な選択ですが、この方法でテストを最適化することは容易ではありません。 今回の ウェビナー は、マネージャーの方にモバイルアプリのテスト自動化を導入する際に役に立つ情報を提供する目的で開催されています。

 

得られること

  • モバイルアプリテスト自動化~成功方法
  •  テスト自動化スペシャリストとQ&A
  • パイロットテスト自動化の1人週の無料プロジェクト

 

アジェンダ

  • 16:00 – 16:05  ウェビナー開会
  • 16:05 – 16:45  ウェビナーの目的

▪モバイルアプリテスト自動化を選ぶ理由

▪モバイルアプリケーションのテスト自動化ソリューションのデモ

▪テスト自動化を導入する前に知っておくべき5つのポイント

▪テスト自動化導入の成功と失敗事例

  • 16:45 – 17:00  Q&A

 

ウェビナーの要約ビデオが観たい方は、こちらでお問い合わせください。

 

3つのモバイルアプリテストの一般的な課題

3つのモバイルアプリテストの課題

  スマートフォンの急成長により、グローバル企業が何千ものアプリを通じてより効果的かつ頻繁に消費者と対話するための扉が開かれました。モバイルアプリが消費者とつながるための重要なチャネルになったため、企業の幹部はアプリケーションの品質の向上により多くの努力を費やしてきました。ただし、企業は多くのモバイルアプリテストの課題に直面することはやむを得ないです。 2017-2018年のCapgemini about Quality Assurance and Testingのレポートによると、回答者の47%が、適切なテストプロセスまたは方法がないと述べています。一方、調査対象の企業の46%は、モバイルテストを実行するための適切なツールがどれであるかを知りません。テストデバイスの不足も40%を占める重大な問題です。   3つの一般的なモバイルアプリテストの課題   1. 効率的なテストプロセスがない   スマートフォンアプリのような競争の激しい市場でのモバイルアプリの効果的なテストプロセスは何でしょう?考慮する必要のある3つの要素があります。以下でその3つを見てみましょう。     テスト戦略   テストプロジェクトの徹底的な戦略は重要です。計画する必要のある側面には、テスト方法論、テスト自動化、およびテスト環境があります。 まず、テスト方法論に関して、最も好まれる方法の1つはアジャイルアプローチです。アジャイルでは、開発プロセスは繰り返しのループに分かれ、テストは開発と同時に行われます。考慮すべき2番目の要素は、テスト環境のセットアップ方法です。実際のモバイルデバイス、シミュレーター、またはクラウドでのセットアップから選べます。最後は、テスト自動化です。テストの自動化により、回帰テストなどの反復的なテストケースを実行する時間と労力を削減できるが、 時々、テストは手動で実行する必要があります。テスト自動化を適用する効率的な方法の1つは、次のビデオのように、さまざまなデバイスで1つのテストケースを実行するのです。 [demo vid] 同時に10台のモバイルデバイスでの自動化テスト   継続的テスト   モバイルアプリは定期的に構築および更新されます。その結果、従来の手動テストは、新しいバージョンのリリースのペースに追いつくことができなくなりました。継続的テストでは、自動化テストを定期的に実行して、新しい更新がリリースされた後すぐにフィードバックを取得します。さらに、開発プロセスと同時にアプリをテストすることで、プロジェクトの終了時に失敗するリスクを減らすことができます。   テストタイプの選び   モバイルアプリのテストでは、機能テストと非機能テストの両方を実行する必要があります。機能テストには、アプリの機能(パステスト、境界値、データライフサイクル)、アプリライフサイクル、ネットワーク、および表示のテストが含まれます。非機能テストでは、テスターは、通常の割り込みテスト、消費電力のテスト、さまざまなディスプレイのテスト、デバイス入力センサーのテスト、画面の向きの変更のテストなど、いくつかの特別なテストを実行する必要があります。   2. 多数のテストツールから選択する モバイルテストをより複雑にしているのは、市場に出回っているモバイルテストツールの複雑さです。各ツールには、特定の種類のモバイルアプリをテストできるそれぞれの機能があります。企業は、適切な機能を備えたツールを選択するために、テストツールで何を求めているのかを正確に知る必要があります。例えば: 料金:オープンソースツールと有料ツールがテストできるアプリの種類:ネイティブアプリ、Web、ハイブリッドアプリ オペレーティングシステム:iOS、Android、Windows   3.テストデバイスの不足   2019年、世界中のスマートフォンの出荷台数は1兆3,750億台に達し、Androidデバイスが76%の市場シェアを占め、iOSデバイスが13%を占めました。各オペレーティングシステムにはさまざまなバージョンがあるのでモバイルアプリはさまざまな環境で実行する必要があります。テストチームは利用可能なすべ/てのタイプのデバイスにアクセスできるわけではないため、これはモバイルテストデバイスのセットアップに障害をもたらします。解決策は、実デバイス、エミュレーター/シミュレーター、クラウドなどのさまざまなテスト環境を組み合わせてテストを実行できることです。それぞれのタイプには長所と短所があります。   環境 長所 短所 実デバイス アプリが実際にどのように機能するかを示す 割り込みテストなど、モバイル向けの特定のテストを実行できる すべてのターゲットデバイスが利用できるわけではない エミュレーター 珍しいデバイスを探すのはいらない ハードウェアとソフトウェアをシミュレートする 調整に時間がかかる…

自動化テストと手動テスト

自動化テストと手動テスト を比較する

  テスト自動化は、2020年のモバイルアプリテストのトップトレンドのの1つです。なぜQAチームがテスト自動化を好むでしょうか。自動化と比べて手動テストのメリットは何でしょう?この記事では、 自動化テストと手動テスト のメリットデメリットと短所をリストして、最適な方法を選択できるようにします。   1.自動化と手動テストの比較   テストの側面 手動 自動化 テストの実行 QAテスターによって手動で実行 自動化ツールとスクリプトを使用して自動的に実行 テスト効率 時間がかかり、効率が悪い 短時間と高い効率で多くのテストが実行できる タスクの種類 完全に手動のタスク 実際のユーザーのアクションのシミュレーションなど、ほとんどのタスクは自動化でる テストカバレッジ 十分なテストカバレッジを確保するのが難しい 十分なテストカバレッジを確保するのは簡単   【デモ動画】複数のモバイルデバイスで同時に自動化テストを実行する   2.テスト自動化   テスト自動化のメリット 回帰テストの実行、テスト環境のセットアップ、同様のテストデータの入力など、反復的なタスクを減らす。 テスト活動の制御と透明性の向上(テストプロセス、パフォーマンス、エラー率に関する統計とグラフがある)。 テストサイクルタイムを短縮し、ソフトウェアリリースの頻度をスピードアップする。 より良いテストカバレッジ   自動化テストのデメリット 自動化テスト(ツールのガイダンスとプロセス)に関するトレーニングに時間がかかる。 実際のユーザーの観点からテストを実行することはできません。 自動化テストツールが必要なため、企業はベンダーからツールを購入するか、無料のツールを使用することを検討する必要があります。 それぞれに長所と短所があります。 自動化テストは単なるテストツールであるため、テスト範囲を完全にカバーすることはできません。 テストスクリプトのデバッグの問題により、テストのメンテナンスにはコストがかかります。   動画をみる : 素晴らしいモバイルアプリ:スマートに自動化を活用する   3. 手動テスト   手動テストのメリット より複雑なテストケースを扱うことができる より安価で、ツールのコストを削減します 小さな変更のテストに適しています(自動化テストを設定するための時間と労力が無駄になります) アドホックテストまたは探索的テストを実行できます GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)など、ソフトウェアの視覚的側面をテストします。  …

2021年のモバイルテスト流行~トップ5

2021年のモバイルテスト流行~トップ5

 

B2C企業がモバイルアプリを使用して、eコマース、銀行、マーケティングへの消費者の関心を引き付けている一方、B2B企業は、モバイルアプリを通じて、企業の運営を管理し、従業員のパフォーマンスを追跡し、パートナーと協力します。モバイルアプリの頻繁な使用に伴い、アプリの品質を向上させることが求められています。モバイルアプリに関する品質保証の最近の動きにご興味を持っていましたら、 モバイルテスト流行 ~トップ5つの流行トピックを見てみましょう。

 

テスト自動化

 

モバイルアプリ特徴の1つは、開発者がユーザーの要求に適応するために新しいバージョンを頻繁にリリースする必要があります。このため、多数のテストケースを繰り返し実行する必要があります。ここで、テスト自動化が革新的なソリューションになりました。Capgeminiが実施したWorld Quality Reportでは、57%の企業が、テストの自動化がテストケースの再利用に役立つと述べています。一方、65%は、テストサイクルタイムが短縮されたと言っています。

 

2020年の モバイルテスト流行

 

 

自動化への投資収益はコスト減少と効率向上だけでなく、市場投入までの時間(TTM)などのビジネス目標の達成からもたらされました。さらに、今年のCTO達は、テストの透明性とセキュリティについてより懸念しているようです。69%はテストの自動化がテスト活動のより良い管理と透明性を得るのに役立つと述べています。 62%は、テストの自動化によって全体的なリスクが軽減されると考えています。

 

IoTテスト

 

モノのインターネット(IoT)はモバイルアプリを通じて、スマート家電、スマートカー、スマートウォッチなどの資産を制御できます。テスターは、モバイルアプリとIoTデバイス間の相互作用が中断されないように、アプリの品質、セキュリティ、接続性、およびパフォーマンスを確認する必要があります。ただし、IoTデバイスには第三者によって開発されたクラウドベースのインタラクションレイヤーがあることが多いので、統合テストの実行は簡単ではありません。それに加えて、テスターは、IoTデバイスの多様性のために、実行する必要のある膨大な数のテストケースについても懸念しています。したがって、エミュレーターでのテストでは、QAチームの要件を満たすことができません。その結果、クラウドでのテストの人気が高まっています。

たくさんの障害に直面していますが、企業はIoTの流行に適応する方法を模索しています。多くの企業は、人工知能の機能を適用して徹底的にテストし、さらにIoTエクスペリエンステストを実施することを検討しています。

 

モバイルテストに対する5Gの影響

 

前世代と比較して、5Gネットワークには多くの革新的なテクノロジーがあり、テスターがモバイルテストを実行する方法に大きな影響を与えます。5G接続に関しては、ゲームを変える3つの主要なテクノロジーが拡張モバイルブロードバンド、超信頼性の低遅延通信、および大規模マシンタイプ通信(mMCT)です。

5Gはより広い帯域幅を提供するからより高速なデータレートとより優れたユーザーエクスペリエンスを与えます。このテクノロジーにより、5Gネットワークは360度のビデオストリーミングとVR / AR体験を可能にします。その結果、高速インターネットオフィスでモバイルアプリをテストすることは十分に効率的ではありません。さらに、データ転送の待ち時間が短縮されます。それで、遠距離でのより高速な情報受信が可能になり、モバイルアプリのパフォーマンスに大きな影響を与えました。一方、mMCTは、より少ない電力で多数のIoTデバイスとの接続をサポートするモバイルデバイスのバッテリーテストが変更されます。

 

アジャイルとDevOpsアプローチ

 

アジャイルとDevOpsは、継続的テストで人気のある方法になりました。テスターと開発者の両方のノウハウとスキルを組み合わせて、アプリの開発と展開を強化するという究極の目標を持って相互のサポートをします。アジャイルとDevOpsのアプローチは、企業が欠陥をより効率的に見つけて修正し、新しいバージョンをより頻繁にリリースするのに役立ちます。

World Quality Reportによると、アジャイル手法の中でScale Agile Framework(SAFe)とDynamic Systems Development Method(DSDM)がIT企業に最も好まれています。2015年から2017年にかけて、SAFeは31%から58%に増加し、DSDMも31%成長しました。同じレポートでは、回答者の88%以上がITチームにDevOpsの原則を適用しているとも述べています。

 

クラウドでのテスト環境

 

モバイルユーザーは2021年末に15億人に達すると推定されています。モバイルデバイスにはさまざまなOSバージョン、画面解像度、データストレージがあります。企業はあらゆる種類の携帯電話を購入できるわけではないため、モバイルテストに障害を引き起こします。その結果、テスターは実際のデバイスをテストするためにクラウドを使用する傾向があります。クラウドベースのテスト環境の使用が増加するもう1つの理由は、近年の仮想化の傾向です。これにより、クラウドおよび仮想テストツールの需要が高まり、企業がクラウドベースのテストサービスを提供する機会が増えます。

 

2021年の傾向により、QAチームは多くの課題に直面しました。適切な戦略でモバイルテストを実行する方法はまだ難しい問題です。この問題を知っているLotusQAは、モバイルアプリの品質保証に関するウェビナーを開催致します。

興味のある方はこちらで