2021年のモバイルテスト流行~トップ5

2021年のモバイルテスト流行~トップ5

 

B2C企業がモバイルアプリを使用して、eコマース、銀行、マーケティングへの消費者の関心を引き付けている一方、B2B企業は、モバイルアプリを通じて、企業の運営を管理し、従業員のパフォーマンスを追跡し、パートナーと協力します。モバイルアプリの頻繁な使用に伴い、アプリの品質を向上させることが求められています。モバイルアプリに関する品質保証の最近の動きにご興味を持っていましたら、 モバイルテスト流行 ~トップ5つの流行トピックを見てみましょう。

 

テスト自動化

 

モバイルアプリ特徴の1つは、開発者がユーザーの要求に適応するために新しいバージョンを頻繁にリリースする必要があります。このため、多数のテストケースを繰り返し実行する必要があります。ここで、テスト自動化が革新的なソリューションになりました。Capgeminiが実施したWorld Quality Reportでは、57%の企業が、テストの自動化がテストケースの再利用に役立つと述べています。一方、65%は、テストサイクルタイムが短縮されたと言っています。

 

2020年の モバイルテスト流行

 

 

自動化への投資収益はコスト減少と効率向上だけでなく、市場投入までの時間(TTM)などのビジネス目標の達成からもたらされました。さらに、今年のCTO達は、テストの透明性とセキュリティについてより懸念しているようです。69%はテストの自動化がテスト活動のより良い管理と透明性を得るのに役立つと述べています。 62%は、テストの自動化によって全体的なリスクが軽減されると考えています。

 

IoTテスト

 

モノのインターネット(IoT)はモバイルアプリを通じて、スマート家電、スマートカー、スマートウォッチなどの資産を制御できます。テスターは、モバイルアプリとIoTデバイス間の相互作用が中断されないように、アプリの品質、セキュリティ、接続性、およびパフォーマンスを確認する必要があります。ただし、IoTデバイスには第三者によって開発されたクラウドベースのインタラクションレイヤーがあることが多いので、統合テストの実行は簡単ではありません。それに加えて、テスターは、IoTデバイスの多様性のために、実行する必要のある膨大な数のテストケースについても懸念しています。したがって、エミュレーターでのテストでは、QAチームの要件を満たすことができません。その結果、クラウドでのテストの人気が高まっています。

たくさんの障害に直面していますが、企業はIoTの流行に適応する方法を模索しています。多くの企業は、人工知能の機能を適用して徹底的にテストし、さらにIoTエクスペリエンステストを実施することを検討しています。

 

モバイルテストに対する5Gの影響

 

前世代と比較して、5Gネットワークには多くの革新的なテクノロジーがあり、テスターがモバイルテストを実行する方法に大きな影響を与えます。5G接続に関しては、ゲームを変える3つの主要なテクノロジーが拡張モバイルブロードバンド、超信頼性の低遅延通信、および大規模マシンタイプ通信(mMCT)です。

5Gはより広い帯域幅を提供するからより高速なデータレートとより優れたユーザーエクスペリエンスを与えます。このテクノロジーにより、5Gネットワークは360度のビデオストリーミングとVR / AR体験を可能にします。その結果、高速インターネットオフィスでモバイルアプリをテストすることは十分に効率的ではありません。さらに、データ転送の待ち時間が短縮されます。それで、遠距離でのより高速な情報受信が可能になり、モバイルアプリのパフォーマンスに大きな影響を与えました。一方、mMCTは、より少ない電力で多数のIoTデバイスとの接続をサポートするモバイルデバイスのバッテリーテストが変更されます。

 

アジャイルとDevOpsアプローチ

 

アジャイルとDevOpsは、継続的テストで人気のある方法になりました。テスターと開発者の両方のノウハウとスキルを組み合わせて、アプリの開発と展開を強化するという究極の目標を持って相互のサポートをします。アジャイルとDevOpsのアプローチは、企業が欠陥をより効率的に見つけて修正し、新しいバージョンをより頻繁にリリースするのに役立ちます。

World Quality Reportによると、アジャイル手法の中でScale Agile Framework(SAFe)とDynamic Systems Development Method(DSDM)がIT企業に最も好まれています。2015年から2017年にかけて、SAFeは31%から58%に増加し、DSDMも31%成長しました。同じレポートでは、回答者の88%以上がITチームにDevOpsの原則を適用しているとも述べています。

 

クラウドでのテスト環境

 

モバイルユーザーは2021年末に15億人に達すると推定されています。モバイルデバイスにはさまざまなOSバージョン、画面解像度、データストレージがあります。企業はあらゆる種類の携帯電話を購入できるわけではないため、モバイルテストに障害を引き起こします。その結果、テスターは実際のデバイスをテストするためにクラウドを使用する傾向があります。クラウドベースのテスト環境の使用が増加するもう1つの理由は、近年の仮想化の傾向です。これにより、クラウドおよび仮想テストツールの需要が高まり、企業がクラウドベースのテストサービスを提供する機会が増えます。

 

2021年の傾向により、QAチームは多くの課題に直面しました。適切な戦略でモバイルテストを実行する方法はまだ難しい問題です。この問題を知っているLotusQAは、モバイルアプリの品質保証に関するウェビナーを開催致します。

興味のある方はこちらで