テスト自動化アウトソーシング :投資対効果 (ROI) を最大化するの5つのステップ

  最近、アウトソーシングは企業のコストを削減するのに役立つだけでなく、戦略的管理のための効果的な選択にもなりました。典型的な例は、テスト自動化アウトソーシングです 。企業の製品やアプリの品質を向上させ、ビジネスリスクを軽減するのに役立ちます。テスト自動化と品質保証で10年以上の経験を持つLQAのテストチームは、ROIを最大化するためのテスト自動化アウトソーシングに関する5つのヒントを提供します。   1. エンゲージメントモデルを調べ テスト自動化アウトソーシングモデルのタイプを決定するべき。 アウトソーシングプロジェクトをどの程度管理したいのかを考えましょう。より細かく制御し、リスクを軽減するために作業をより小さなプロジェクトに分割できるようにしたい場合は、インクリメンタルアウトソーシングが最適です。ただし、コアビジネスに集中し、テストアクティビティを第三者に任せたい場合は、トータルアウトソーシングが最良の選択だと思います。 ベンダーのパフォーマンスを管理するプロジェクトマネージャー(PM)を任命すること。 オンサイトモデルとオフショアモデルのどちらを採用する場合でも、プロジェクトマネージャーをクライアント側に派遣することで、ベンダーの能力を評価し、ベンダーのパフォーマンス管理プロセスを設定し、SLA義務の履行と適時性を追跡できます。   2.独立で高能力のベンダーを選択 同じ初期投資で、ROIの数値はベンダーによって異なります。独立品質保証会社は、客観性と徹底性を提供できるため、お気に入りのベンダーになりつつあります。さらに、テストに重点を置いているため、独立したQAベンダーは、適正価格で最高品質の結果を引き出すことができます。独立ベンダーは専門知識を提供できることが: 全体のテスト自動化戦略を作成すること。 柔軟なテスト自動化アーキテクチャを設計、開発、維持すること。 最良のテスト自動化フレームワークを選択するのアドバイス。 UIとAPIレベルの両方で自動化をサポートすること。     3.水平方向のコラボレーションを設定 双方にとってより有益で便利なものにするために、ベンダーとのコラボレーションは水平レベルで実行する必要があります。 詳しくは以下のように: 当社側 コラボレーションの側面 ベンダー側 CTOあるいはCEO 戦略的整合、長期的な優先順位付け CTOあるいはCEO ソフトウェア開発/ QAチームリーダー サービスレベルアグリーメント(SLA)の調整、KPIレビュー、契約の修正 アカウントマネージャー プロジェクトマネージャ QA活動の優先順位付けとスケジューリング、リスク管理、プロセス調整 テスト自動化マネージャー ビジネス分析、ソフトウェア開発、品質保証エンジニア 毎日のコラボレーション テスト自動化エンジニア     4. Establish performance measurement metrics テスト自動化のメリットの1つは、簡単な測定と測定基準であいまいさを減らすことです。 作業単位は小さな成果物(1つのテストケース)であるため、1人あたり、1日に自動化されたテストの数を簡単に測定し、メンテナンスにどのくらいの労力が費やされているかを把握し、最終的にROIの決定に到達できます。 メトリックの確立には、次のアクティビティを含める必要があります: ベンダーとのSLAおよびパフォーマンスメトリックを設定すること:パートナーシップを開始する前に、両当事者が協力して包括的なSLAを把握する必要があります。 さらに、契約には、ベンダーの責任と、サービスを測定するKPIも明確に記載するべきだと思います。 テスト自動化のアウトソーシングで発生する可能性のあるリスクを軽減すること:作業プロセスでは、技術的およびリソース関連のリスクにより、追加のコストとサービス提供の遅延が発生する可能性があります。特定されたリスクについて、管理者は軽減および緊急時対応戦略を策定するべきです。具体的な例の1つは、プロジェクトの負荷が変動する場合、マネージャーは、プロジェクトの負荷の事前定義された制限内での柔軟なリソース割り当ての可能性についてベンダーと交渉する必要があります。 SLA条件が遵守され、満たされていることを確認:プロジェクトマネージャーは、テスト結果レポートを定期的に確認する必要があります。 テストカバレッジや自動テストあたりのコストなどの指標の組み合わせに注意を払うことが大事です。   5.…