パッシブ・リクルートメントで技術系人材の探し方・採用方法

パッシブ・リクルートメントで技術系人材の探し方・採用方法

IT業界では、優秀な人材がどんどん少なくなってきており、人事担当者は、潜在的な候補者を増やすための方法を模索しています。 Stack Overflowの開発者を対象とした最近の年次調査によると、積極的に仕事を探している回答者はわずかに15%であり、新しい仕事の情報を聞くことに興味を持っている開発者は約75%であるということです。これらの数字を見たら、人事担当者は従来のように「すでに仕事を探している候補者」を採用するだけにとどまらず、一般的なIT人材の75%を占める「受動的な候補者」のポテンシャルを把握すべきだということがわかります。 人事担当者は、パッシブ・リクルートメントの技術を認識することで、人材プールを効果的に活用し、拡大することができ、その結果、最も困難なITポジションを埋めることができます。   1. 受動的な候補者とは? 受動的な候補者とは、新しい仕事の機会を積極的に探していない人のことです。受動的な候補者は、すでに雇用されており、多くの企業が求めているスキルや経験を持っています。   2. なぜ人事スペシャリストはパッシブ・リクルートメントを行うべきなのか? Stack Overflowの調査によると、IT人材の求職状況について、回答者は以下のように3つのグループに分類されました。 現在、仕事を探している積極的な候補者(15.2%) 雇用されているが、新たな機会を求めている受動的な候補者(58.7%) 雇用されており、新しい機会を考慮しない超受動的な候補者(15.2%) これらのグループの中で、受動的な求職者は最大のグループとして際立っており、需要の高い技術系の仕事に就く人事担当者にとっては、潜在的な採用ソースとなっています。 受動的な候補者は、現在雇用されており、他の雇用主でその役割をうまく果たしている可能性が高いので、人事担当者は、候補者の現在のプロジェクトを少し調べたり、相互参照チェックを行ったりすることで、候補者の潜在能力を確認し、評価する機会を得ることができます。 さらに、高度なスキルを持った候補者の市場での競争は非常に激しいものがあります。実際に、非常に優秀な積極的な候補者は、10日以内に市場から消えてしまうことが多いのです(officevibe.comが収集した統計による)。このような理由から、採用の可能性を高めるためには、採用担当者が受動敵な候補者を重視することが非常に重要です。 このグループに注目するもう一つの理由は、受動的な候補者が貴社のビジネスに影響を与える可能性が高いことです。彼らは、新しい職場で自分を変えようとする意欲が120%高いのです。さらに、これらのグループは主にシニアの技術系人材であるため、積極的な候補者と比較して、スキルアップの機会を必要とする可能性が17%低くなります。トレーニングの必要性が低いということは、必要な時間とリソースが少なくて済むということであり、これによって雇用主は多大な利益を得ることができるため、受動的な候補者は最も重要な採用ソースの一つとなっています。   3. 積極的な候補者と受動な候補者の違いとは? 一般的に、積極的な候補者は求職活動に対するモチベーションが高く、すべての準備が整っているので、すぐに採用プロセスを開始することができる。一方で、受動的な候補者は面接などのにすぐに参加するのが困難であるようです。そのため、採用担当者はより柔軟に、この人材を活用する必要があります。   受動的な候補者 積極的な候補者 1. ポテンシャル     候補者                         ……………… ……………….. ほとんどがシニアレベルの技術系人材で、積極的に仕事を探しているわけではないが、新しい仕事のチャンスに前向きな人たちです。       仕事を持っているかどうかは別にして、転職サイトやソーシャルメディアで活動している人です。彼らは、履歴書や応募書類を送り、あなたと一緒に採用活動を行う準備をしています。               …