ITアウトソーシング市場:概要、予測、および動向2022〜2025

ITアウトソーシング市場 :概要、予測、および動向2022〜2025

ITアウトソーシングは、2021年に急激な時価総額の増加と成長を目撃しており、この潜在的な開発は2022年も継続され、業界に多くの新しいトレンドを生み出します。 この記事では、 ITアウトソーシング市場 が2022年から2025年の段階にどのように展開するかを見てみましょう。 A.  ITアウトソーシング市場 の概要と予測・2022年から2025年 1.  ITアウトソーシング市場 の成長 企業の競争力向上においてテクノロジーがますます重要になるにつれて、デジタルトランスフォーメーションを実施する企業が増加しています。その結果、ITアウトソーシング市場全体が急速に成長してきました。 2021年には、ITアウトソーシング事業の売上は359,832百万ドルに達すると報告されています。これは、このような経済的に困難な年において膨大な数です。 一般的に、ITアウトソーシング市場は予測期間中(2021年から2026年)に4.5%のCAGRを登録すると予想されます。   COVID-19の大流行にもかかわらず、またはおそらくCOVID-19の大流行が理由として、IT部門がアウトソーシングに費やす予算の割合は、以前の2019年と2020年の数に基づいて、約8〜9%増加し続けます。困難なパンデミックによって引き起こされたいずれかのリスクとチャレンジに対しても、ITアウトソーシングは、デジタル化のトレンドを活用し、ビジネスの成長、顧客体験、競争的革新という点でビジネスを支援できるため、巨大な可能性を示しています。 2. 頻繁に外部委託された機能 Mordor Intelligenceの調査によると、部分的なITアウトソーシングの傾向の中で、アプリケーション開発とメンテナンスが最も頻繁にアウトソーシングされる機能になっていることが示されています。 最も頻繁にアウトソーシングされている機能であるアプリケーション開発については、この機能をアウトソーシングしている組織の37%が、アウトソーシングする作業量を増やす計画を図っています。アプリケーション開発は引き続きIT予算の大部分を占めており、多くのIT組織は、外部の開発会社を選択的に使用することにより、内部の人員配置を最適化しようとしています。 多くの企業が最新のテクノロジーとアプリケーションでの完璧な運用を要求しているため、メンテナンスは頻度に関して2番目でアウトソーシングされているIT機能にランク付けされています。その結果、バグ修正、機能強化、パフォーマンス改善、スケーラビリティ、セキュリティなどの多くのメリットがもたらされます。 3. 業務委託がもっとも多い分野 BFSI(銀行、金融サービス、保険)は、ITアウトソーシング業界で最大の市場シェアを占める分野です。 現代の顧客がサービスの提供方法に関して、更なる要求を出しているため、BFSIの企業は、より個人化かつ合理化された顧客体験のための技術的アプリケーションの活用を図っています。 さらに、顧客体験におけるテクノロジーの実施は、一流の顧客サービスを提供するだけでなく、企業に顧客からのデータを活用およびマイニングするためのツールを提供し、ビジネスの成長に大きなメリットをもたらします。 業務委託が多い分野一覧の中には、ヘルスケア、配送および輸送、小売および製造も取り上げられます。 4. 業務委託が最も多い国 パンデミックがグローバルビジネスを加速させるにつれて、企業は業務にデジタル化を実施するためにあらゆる取り組みをしています。先進国の中では、経済が成熟したアメリカが世界の業務委託件数をリードしており、68%の企業がサービスを委任しています。   2番目にランクされているのはイギリスで、48%の企業が人材不足を主な要因として海外にアウトソーシングしています。 これらの先進国で有能なIT人材を雇う費用は非常に高いため、ほかの国からのより安価なサービスを検討する必要性が高くなります。したがって、最も多くアウトソーシングする国の大多数は先進国にあります。その中の1つは日本で、43%の企業がサービスをアウトソーシングしています。 5. グローバルITアウトソーシング先 インドと中国がアウトソーシングの流行をリードしており、インドネシア、マレーシア、ネパール、フィリピン、ベトナムが安価な人件費と運用コストで続いています。特にベトナムでは、ベトナムでのITアウトソーシングが110億ドルの売上で浮上しています(ベトナムソフトウェアおよびITサービス協会の報告による)。ベトナムは、Tholonのデジタル国家トップ50の中で9位にランクされています。 ICTの総輸出額は915億ドルと報告されており、ソフトウェアの輸出売上高は35億ドルに上ります。 この数は2022年にさらに増えると予測されています。 これらの目的地は持続的に成長し続けますが、近年、東ヨーロッパと西ヨーロッパが信頼できるアウトソーシング先として浮上しています。他のいくつかの東ヨーロッパ諸国は、高度なテクノロジーと堅牢なインフラ施設により、オフショアITソリューションの急成長先です。   関連記事 2022年の ITアウトソーシング動向 7つと熱が冷めるトレンド7つ 効果的な 外部委託管理 の7つのヒント IT アウトソーシング契約形態 :知るべきす全てのこと   B.  ITアウトソーシング市場 の今後の動向 1.…