自動テストツールの戦略的選択アプローチの5つの簡単なステップ

自動テストツールの戦略的選択アプローチの5つの簡単なステップ

自動テストチームは、技術的ツールのサポートがほとんどない状態でテストスクリプトを作成および実行することから始めて自動テストツールの有用性に基づいて、価格設定計画、プログラミングスキル、およびその他の技術的な側面に関して、さまざまな選択肢を持つようになります。 長年にわたる開発と強化の結果、現在の自動化テストツールは、手動から自動化への移行を成功させるための道筋と考えられています。   1. 自動化ツールの3つの種類 自動化ツールは、企業がビジネスに最適なソリューションに達するために目指すものです。 自動テストの実行方法にすでに馴染みになったと思いますが、カテゴリや価格帯など自動テストの特性を実際に理解しているのでしょうか。現在の市場におけるこのような開発ペースにより、自動化ツールは次の3つの種類に分類されます。 1.1. オープンソースツール オープンソースツールは、多くの企業が自動テストプロセスに実行している最も一般的な種類です。 このようなツールを使用することで、テスト実行のためのソースコードに意図的なアクセスを講じることができます。さらに、ソースコードは、需要に応じて、完全に採用するか、部分的に変更するかの両方の方法で使用することができます。 一般的な有用性から見れば、オープンソースツールには、高度なテストケースへの迅速なアクセスと有能なカスタマイズを期待できます。したがって、オープンソースツールを使用するには、SDET(ソフトウェア開発エンジニアリングテスター)が、プロジェクトの仕様に従ってソースコードを慎重にカスタマイズできるようなプログラミングの経験を持っていることを求められています。   注意:自動化のためのオープンソースツールは無料です。その一方で、適切な自動テストエンジニアのトレーニングと採用のコストは、手動テストのコストよりもはるかに高くなります。   1.2. 商用自動化ツール 商用自動化ツール、またはベンダーソースツールは、自動化ツールのもう1つのオプションです。月次または年次サブスクリプションで購入することで、これらのツールのプレミアム機能にアクセスすることができます。 例としては、顧客中心のサービスが取り上げられます。ツールの使用中に問題が発生した場合は、専任チームによる24時間年中無休のフルサポートを利用できます。   1.3. カスタムフレームワーク 有用性の割合は市場の80%を超えている実績から見ると、オープンソースおよびベンダーソースの自動化ツールは最も人気のあるツールだと言えるでしょう。それにしても、特にニッチなプロジェクトでは、選択肢はそれに限りません。 テストプロセス、テスト環境、テスト方法の相違と非互換性により、テストチームは、プロジェクトの特性に従ってカスタムフレームワークを開発する必要があります。 オープンツールやベンダーソースツールと比較すると、カスタムフレームワークははるかに複雑で、開発に負担がかかります。ほとんどの場合、テストチームと専門家は、他の種類のツールがプロジェクトと互換性がないと見通した場合に、カスタムフレームワークを最後の手段として使用します。   2. 最適な自動化ツールを選択するには? 自動化ツールには豊富な選択肢があるが、企業は次の5つのステップに従って、最適な戦略的ツールを見つけることができます。   2.1. プロジェクト要件を深く理解する プロジェクト要件を完全に理解することは、自動化テストプロセスを含む、そのプロジェクトをさらに発展させるための基盤として役に立ちます。 自動テストの際立った改善と機能強化により、テストとプロジェクトの範囲と規模には、テストチームの運用全体を通じてテスト結果と習熟度を調整するための詳細が必要になっています。 明確にする必要のあるチェックリストには、次のものが含まれます。 アプリの種類(Webアプリ、モバイルアプリ、デスクトップアプリ) プロジェクトの範囲(テストケースの数、テストスクリプトなど) テストチームのスキル プロジェクト仕様のチェックリストを作成することで、企業は、オフィシャルのプロジェクト要件に組み込むための戦略的なビジネス分析を図ることができます。すべての詳細を明確にすることを前提として、選択したツールをプロジェクト/アプリと完全に統合することができます。   2.2. 予算と価格計画を考案する どのようなビジネスでも、最終的な目標は可能な限り多くの売上を上げることです。言い換えれば、長期的には、確実なROIを目指すことが最も重要な目標です。 魅力的ではありますが、どの企業でも、近い将来にROIが出ない見通しでこのような多額の資本を投資する意思を持つわけではありません。 プロジェクトを成功させるためには、企業がする必要がある最初のことは資本の予算と計画を考案することです。予算に応じて適切なソフトウェアと自動化ツールを選択するほうが簡単です。 自動テストラボの費用とインフラの詳細な計画により、製品所有者または上位レベルの管理職は、テストプロセス全体が特定の売上でどのように機能するかを把握できます。したがって、実行に使用するツールの選択は、コスト効果が高くて正確であることが期待できます。   2.3. SDETのスキルとプログラミング言語を判断する 自動テストの普及には、プログラミング言語やその他の技術的スキルに関する多大な努力と知識が必要です。 ほとんどの自動テストツールは、Java、Pythonなどの一般的なプログラミング言語を必要としています。これらのプログラミング言語の適用は必須ですが、自動テスト環境でそれらを上手に実施することは別の話です。使用可能で持続可能なテストスクリプトの場合、自動化テスターは、プロジェクトの指定された品質基準に準拠するコードを作成する必要があります。これに加えて、初心者のテスターにとっても分かりやすく、効率的なテストスクリプトを提供することも重要です。   SDET(Software Development Engineer…

自動テストとは ?手動テストとは?どちらを選択すべきか?| LQA

自動テストと手動テスト:企業にとって費用効果の高いソリューションはどれか?

IT業界の現実からみれば、手動テストは依然としてテストプロセスに重要な役割を果たしており、特性を持っているため、プロセスから排除することはできないものです。どれでも企業にコスト効率とセキュリティ対策の大きなチャンスをもたらすことができる技術です。この記事では、企業が最善の結果を得るためにどのアプローチを適用すべきかに関する以下の3つの根本的な質問に答えていきます。 自動テストと手動テストの手法を比較するためのパラメーターは何か? 自動テストと手動テストのメリットとデメリットは何か? どの手法がどの種類のテストに活用されるか?   I. 自動テストとは 何か?手動テストとは何か? 1. 自動テストとは 自動テストは、ツールとテストスクリプトを使用してテスト作業を自動化するテスト手法です。言い換えれば、テストプロセスでは、手動の技術だけでなく、指定およびカスタマイズされたツールも適用されています。 現在、自動テストは、ソフトウェアテストの有効性、テストカバレッジ、およびテスト実行速度を向上させるためのより革新的な手法と見なされています。この新しい「アプローチ」により、テストプロセスは、より短い時間でより多くのテストケースを生成し、テストカバレッジを拡大することが期待できます。 プロセスに手動テストを完全に排除されていないが、自動テストは、コスト効率が高く、人間の介入が限られているため、好ましいソリューションです。つまり、自動テストでは、自動化を可能にするために手動の作業を必要としています。 2. 手動テストとは何か? 手動テストは、その文字通りの意味で、テスター/QAがテストケースの作成から実行までのテストプロセス全体を手動で行う手法です。 テストデザイン、テストレポート、さらにはUIテストを含むテストプロセスのすべてのステップは、社内またはアウトソーシングの担当者のグループによって実行されます。 手動テストでは、QAアナリストは、ソフトウェアアプリケーションの起動前に、個別の方法で1つずつテストを実行し、バグ、欠陥、および主要な機能の問題を見つけます。このプロセスの一環として、テストケースと要約エラーレポートは自動化ツールを使用せずに作成されます。   II. 自動テストと手動テストの違いを提示する拡大鏡 意味が分かりやすい名前からみると、自動テストと手動テストは簡単に定義および区別できるようです。ただし、テストの効率、テストカバレッジ、適用するテストの種類など、多くの側面の詳細を検討する際には、この2つの手法を綿密かつ戦略的に理解する必要があります。 自動テストと手動テストの違いは、次のカテゴリに分類されます。 コスト 人間の介入 テストのタイプ テストの実行 テストの効率性 テストカバレッジ   1. 自動テストと手動テストのコスト 企業にとって、テストのコストに関しては、コストとテスト手法を選択するメリットを検討するために、完全かつ普遍的な分析が必要です。 プロジェクト自体から発生する可能性のコストと売上を評価することで、分析はプロジェクトに自動テストと手動テストのどちらが必要かの判断を明らかにします。以下の表にリストされているように、初期投資、投資対象、およびコスト効率性についてご説明します。 パラメーター 自動テスト 手動テスト 初期投資 自動テストを実際に実行するには、はるかに大きな初期投資が必要です。その代わりに、長期的にはより高いROIが得られます。自動テストのコストは、自動化テスターとオープンソースの自動化ツールをカバーすることであり、高額の費用がかかることが多いです。 手動テストの初期投資は、人的資源とチームのセットアップのコストにあります。これは、最初は自動テストのコストの10分の1だけで節約できそうに見えるかもしれませんが、長期的には、コストが高額に拡大する可能性があります。 投資対象 投資金額は、指定およびカスタマイズされたツールと、手動テストと比較してはるかに高い給与範囲を期待する自動化QAエンジニアに分担されます。 投資金額は人材に費やされます。これは、企業の要求と戦略に応じて、社内での採用またはアウトソーシングのいずれかになります。 コスト効率性・ヴォーリュムテスト 大量回帰 少量回帰   2. 人材の介入 手動テストと自動テストの全体像では、人間であろうかコンピューターであろうか、単にテストを実行する主体に関するだけではありません。ただし、人間の介入に関しては、いくつかの普遍的な違いがあります。   パラメーター 自動テスト 手動テスト ユーザーインターフェイスの観察…

ソフトウェア品質保証会社を選択するための戦略ガイド

ソフトウェア品質保証会社を選択するための戦略ガイド

ソフトウェアテストのアウトソーシングでは、コスト、柔軟性、テストの高度技術において多くのメリットを期待できますが、信頼できるソフトウェアテスト会社を選択するには、ITアウトソーシングベンダーを詳しく調査するとともに、自社の事業を完全に理解する必要があります。この記事では、ロータスQAはビジネスに適したソフトウェア品質保証会社を選択するための戦略ガイドをご紹介します。   I. ソフトウェア品質保証会社のチェックリストを用意する どのソフトウェア品質保証会社が適しているかを決定する前に、不可欠で最も重要なことは、ベンダーに要望するものの明確なチェックリストを用意することです。チェックリストの項目は技術的要素と非技術的要素に分けられます。これらの条件を満たした会社を見つけたら、このガイドの次のステップに進むことができます。     1. 技術的要素 1.1. テストの範囲 テストの範囲は、テスト部門全体、製品ライン、単一の製品、製品リリース、または単なる一つの機能の場合があります。製品のどの部分をアウトソーシングするかを決定することにより、希望する品質保証会社の最初のイメージを持つようになると見なされます。たとえば、単なる製品リリースまたはメンテナンスリリースの場合は、リーズナブルな価格でサービスを提供している中小規模のベンダーのほうが良いでしょう。   1.2. テストスキル 考慮しなければならないもう一つの重要な要素は、QAエンジニアに求められるスキルです。テストスキルには、技術スキル(テストの計画と実行、テストツール、プログラミング言語、フレームワークなど)とドメインに関する実績が含まれます。求められるスキルが指定されることで、テストプロジェクトで協力できる候補者のリストが絞り込まれます。     1.3. テストのタイプ アウトソーシングするテストのタイプは、多くの要素によって定められます。品質に関しては、機能テストと非機能テストのどちらかを選択し、テスト方法に関しては、手動と自動のどちらかを選択するのです。全体として、プロジェクトに適用するアプローチによって異なります。 1.4. ラボ施設 テストプロジェクトに必要な施設、アプライアンス、プラットフォーム、OSなどを把握しておく必要があります。これらを決定したら、ベンダーにテストラボを依頼することができます。 1.5. ソフトウェアテストモデル ソフトウェアテストモデルは、企業とアウトソーシングチームが今後どのように協力するかを決定するものです。最も一般的なソフトウェアテストモデルは次のように取り上げられます。 テストプロセスが別々のステップに分散され、一つのフェーズの結果が次のフェーズのインプットとして順番に機能するウォーターフォールモデル。 開発とテストの作業が並行して実行されるVモデル。 反復型および増分型のステップに従うアジャイルモデル。 計画、リスク分析、エンジニアリング、および評価のステップを含むスパイラルモデル。 これらのテストモデルには、さまざまな長所と短所があります。適切なソフトウェアテストモデルを事前に検討することで、特定のモデルの実績があるベンダーを選択することがより簡単になります。   2. 非技術的要素 2.1. セキュリティ対策 ソフトウェア品質保証アウトソーシングを成功させるためのもう一つの重要なことは、プロジェクト全体に適用されるセキュリティ対策です。厳格なセキュリティプロセスと必要な対策により、データと情報をデータ漏洩や侵害から保護することができます。すでに整っているセキュリティプロセスを企業のニーズに応じてカスタマイズを提案できるベンダーを見つける必要があります。   2.2. 言語とコミュニケーション方法 コミュニケーションは、ベンダーと明確にする必要があるもう一つの重要なことです。チームがリモート(多くの場合、ニアショアまたはオフショア)で作業するパターンがほとんどであるため、ベンダーとコミュニケーションする言語と希望する通信方法を決めておく必要があります。実際のミーティングを通じて対話することで、アウトソーシングされているスタッフの言語能力を真剣に判断することがお勧めです。 2.3. チームスケーリングの可能性 テストサービスプロバイダーを雇用する目的の一つは、チームを迅速に構築することです。したがって、必要なポジションを埋めるのにどれくらいの時間がかかるかを把握する必要があります。さらに、テストスコープを変更する予定がある場合は、チームサイズを縮小できるかどうかも確認する必要があります。 II. 一流のテスト機関と提携しているベンダーを検討する ソフトウェア品質保証会社を探す際には、ベンダーの能力と約束について注目させる「まばゆいばかり」の広告をよく目にするでしょう。しかし、ベンダーの能力を確実に証明するのは、一流のテスト機関とのパートナーシップと国際的に認められたテストの証明書です。     最もよく知られているテスト機関はISTQB、ソフトウェアテスト会社に認知を与える非営利の委員会です。ISTQBは世界のテスト業界でプロフェッションとしての地位を確立しており、一流のテスト専門家によって開発およびレビューされたシラバスの認定を出しています。 個人テスターの認定のほかにも、ベンダーがISTQBのパートナープログラムに参加しているかを確認する必要もあります。このプログラムは、ソフトウェアテストにおけるベンダーの約束と能力を示しています。また、ベンダーがどのようなテストを実行できるかを確認することもできます。   III. ベンダーの既存顧客、ポートフォリオ、ドメインの調査 テスト能力の認定に加えて、注目すべきもう一つの重要なことは、ベンダーの既存顧客の調査です。レビュー、お客様の声、ケーススタディを読んで、ベンダーが企業に何ができるかを把握してから、どのベンダーを選ぶかを決めることができます。…

モバイルアプリテスト における一般的な課題

モバイルアプリテストにおける5つの一般的な課題

スマートフォンの急成長により、グローバル企業が何千ものアプリを通じてより効果的かつ頻繁に消費者に接続することができるようになっています。2021年、スマートフォンベンダーは、世界で約15億3000万台のスマートフォンを販売しました。2016年にスマートデバイスを所有していたのは世界の総人口の半分以下でしたが、スマートフォンの普及率は上昇を続け、2020年には78.05%に達します。2025年には、米国の全モバイルユーザーの約87%がスマートフォンを所有すると予測されており、2010年のモバイルユーザーの27%から増加する見込みです。 モバイルアプリが消費者とつながる重要なチャネルになったため、企業の管理職はアプリの品質を向上させるために更なる取り組みを強化しています。ただし、企業は モバイルアプリテスト における多数の課題を解決しなければなりません。 2017-2018年のCapgeminiの品質保証・テストに関するレポートによると、回答者の47%が、適切なテストプロセスまたは方法がないと述べています。一方、調査対象の企業の46%は、モバイルテストを実行するための適切なツールがどれであるかを知りません。テストデバイスの不足も40%を占める重大な問題です。   1. 効率的なテストプロセスの不足 スマートフォンアプリのような競争の激しい市場において、モバイルアプリの効果的なテストプロセスはどのようなものでしょうか? 以下の考慮すべき3つの要素を見てみましょう。     テスト戦略 テストプロジェクトの徹底的な戦略は重要です。計画する必要のある側面には、テスト方法論、テスト自動化、およびテスト環境があります。 まず、テスト方法論に関して、最も好まれる方法の1つはアジャイルアプローチです。アジャイルでは、開発プロセスは繰り返しのループに分かれ、テストは開発と並行して行われます。 考慮すべき2番目の要素は、テスト環境のセットアップ方法です。実際のモバイルデバイス、シミュレーター、またはクラウドでのセットアップから選択できます。 最後は自動化テストです。自動化により、回帰テストなどの反復的なテストを実行する時間と労力を削減できますが、一部のテストは、手動で実行する必要があります。自動化テストを適用する効率的な方法の1つは、次のビデオのように、さまざまなデバイスで1つのテストケースを実行することです。   【デモビデオ】10台のモバイルデバイスで同時に自動化テストを実行する。   継続的テスト モバイルアプリは定期的に構築および更新されます。その結果、従来の手動テストは、新しいバージョンのリリースのペースに追いつくことができなくなってしまいます。継続的テストでは、自動化テストを定期的に実行して、更新版がリリースされた後すぐにフィードバックを取得します。さらに、開発プロセスと並行してアプリをテストすることで、プロジェクトの終了時に失敗するリスクを減らすことができます。   テストタイプの選択 モバイルアプリテスト では、機能テストと非機能テストの両方を実行する必要があります。機能テストには、アプリの機能(パステスト、境界値、データライフサイクル)、アプリのライフサイクル、ネットワーク、および表示のテストが含まれます。非機能テストでは、テスターは、通常割り込みテスト、消費電力のテスト、ディスプレイのテスト、デバイス入力センサーのテスト、画面向き変更のテストなど、いくつかの特別なテストを実行する必要があります。   2. 多数のテストツールから選択する 一つのモバイルアプリのテストには、さまざまな機能が含まれています。Androidアプリのみをテストするものもあれば、iOS用のものもあります。すべての仕様のアプリをテストするプラットフォームとツールには制限がありません。 ただし、市場にはモバイルテストツールが多数あるため、役立つというよりも、プロセスを複雑させることがよくあります。たとえば、技術チームは、すべてではないにしても、ほとんどのアプリをテストするのに最適なプラットフォームを選択するのが難しいと言われています。さらに、このような多数の有料ソフトウェアに登録すると、会社の予算に大きな負担がかかるようになり、無料のツールに依存すると、データ侵害や標準以下の結果などの他の問題が発生する可能性があります。 したがって、企業は、適切な機能を備えたテストツールを選択するために、ツールで何を探しているのかを正確に把握しおく必要があります。 料金:オープンソースツールと有料ツールがテストできるアプリの種類:ネイティブアプリ、Web、ハイブリッドアプリ オペレーティングシステム:iOS、Android、Windows   3.テストデバイスの不足 2019年、世界中のスマートフォンの出荷台数は1兆3,750億台に達し、Androidデバイスが76%の市場シェアを占め、iOSデバイスが13%を占めました。各オペレーティングシステムにはさまざまなバージョンがあり、つまり、モバイルアプリはさまざまな環境で運用されています。テストチームはどのタイプのデバイスにもアクセスできるわけではないため、モバイルテストデバイスのセットアップに障害が発生する可能性があります。対策としては、実デバイス、エミュレーター・シミュレーター、クラウドなどのさまざまなテスト環境を組み合わせてテストを実行することです。それぞれのタイプには長所と短所があります。   環境 長所 短所 実デバイス アプリが実際にどのように機能するかを示す 割り込みテストなど、モバイル向けの特定のテストを実行できる すべてのターゲットデバイスが利用できるわけではない エミュレーター 珍しいデバイスを探すのはいらない ハードウェアとソフトウェアをシミュレートする 調整に時間がかかる モバイル固有の要因(バッテリー消費、割り込みなど)のテストはない すべてのテストタイプ(UIテストなど)に適しているわけではない クラウド デバイスの無制限の可用性 セキュリティ上の問題から必ずしも適切とは限らない  …