モバイルアプリテスト における一般的な課題

モバイルアプリテストにおける5つの一般的な課題

スマートフォンの急成長により、グローバル企業が何千ものアプリを通じてより効果的かつ頻繁に消費者に接続することができるようになっています。2021年、スマートフォンベンダーは、世界で約15億3000万台のスマートフォンを販売しました。2016年にスマートデバイスを所有していたのは世界の総人口の半分以下でしたが、スマートフォンの普及率は上昇を続け、2020年には78.05%に達します。2025年には、米国の全モバイルユーザーの約87%がスマートフォンを所有すると予測されており、2010年のモバイルユーザーの27%から増加する見込みです。 モバイルアプリが消費者とつながる重要なチャネルになったため、企業の管理職はアプリの品質を向上させるために更なる取り組みを強化しています。ただし、企業は モバイルアプリテスト における多数の課題を解決しなければなりません。 2017-2018年のCapgeminiの品質保証・テストに関するレポートによると、回答者の47%が、適切なテストプロセスまたは方法がないと述べています。一方、調査対象の企業の46%は、モバイルテストを実行するための適切なツールがどれであるかを知りません。テストデバイスの不足も40%を占める重大な問題です。   1. 効率的なテストプロセスの不足 スマートフォンアプリのような競争の激しい市場において、モバイルアプリの効果的なテストプロセスはどのようなものでしょうか? 以下の考慮すべき3つの要素を見てみましょう。     テスト戦略 テストプロジェクトの徹底的な戦略は重要です。計画する必要のある側面には、テスト方法論、テスト自動化、およびテスト環境があります。 まず、テスト方法論に関して、最も好まれる方法の1つはアジャイルアプローチです。アジャイルでは、開発プロセスは繰り返しのループに分かれ、テストは開発と並行して行われます。 考慮すべき2番目の要素は、テスト環境のセットアップ方法です。実際のモバイルデバイス、シミュレーター、またはクラウドでのセットアップから選択できます。 最後は自動化テストです。自動化により、回帰テストなどの反復的なテストを実行する時間と労力を削減できますが、一部のテストは、手動で実行する必要があります。自動化テストを適用する効率的な方法の1つは、次のビデオのように、さまざまなデバイスで1つのテストケースを実行することです。   【デモビデオ】10台のモバイルデバイスで同時に自動化テストを実行する。   継続的テスト モバイルアプリは定期的に構築および更新されます。その結果、従来の手動テストは、新しいバージョンのリリースのペースに追いつくことができなくなってしまいます。継続的テストでは、自動化テストを定期的に実行して、更新版がリリースされた後すぐにフィードバックを取得します。さらに、開発プロセスと並行してアプリをテストすることで、プロジェクトの終了時に失敗するリスクを減らすことができます。   テストタイプの選択 モバイルアプリテスト では、機能テストと非機能テストの両方を実行する必要があります。機能テストには、アプリの機能(パステスト、境界値、データライフサイクル)、アプリのライフサイクル、ネットワーク、および表示のテストが含まれます。非機能テストでは、テスターは、通常割り込みテスト、消費電力のテスト、ディスプレイのテスト、デバイス入力センサーのテスト、画面向き変更のテストなど、いくつかの特別なテストを実行する必要があります。   2. 多数のテストツールから選択する 一つのモバイルアプリのテストには、さまざまな機能が含まれています。Androidアプリのみをテストするものもあれば、iOS用のものもあります。すべての仕様のアプリをテストするプラットフォームとツールには制限がありません。 ただし、市場にはモバイルテストツールが多数あるため、役立つというよりも、プロセスを複雑させることがよくあります。たとえば、技術チームは、すべてではないにしても、ほとんどのアプリをテストするのに最適なプラットフォームを選択するのが難しいと言われています。さらに、このような多数の有料ソフトウェアに登録すると、会社の予算に大きな負担がかかるようになり、無料のツールに依存すると、データ侵害や標準以下の結果などの他の問題が発生する可能性があります。 したがって、企業は、適切な機能を備えたテストツールを選択するために、ツールで何を探しているのかを正確に把握しおく必要があります。 料金:オープンソースツールと有料ツールがテストできるアプリの種類:ネイティブアプリ、Web、ハイブリッドアプリ オペレーティングシステム:iOS、Android、Windows   3.テストデバイスの不足 2019年、世界中のスマートフォンの出荷台数は1兆3,750億台に達し、Androidデバイスが76%の市場シェアを占め、iOSデバイスが13%を占めました。各オペレーティングシステムにはさまざまなバージョンがあり、つまり、モバイルアプリはさまざまな環境で運用されています。テストチームはどのタイプのデバイスにもアクセスできるわけではないため、モバイルテストデバイスのセットアップに障害が発生する可能性があります。対策としては、実デバイス、エミュレーター・シミュレーター、クラウドなどのさまざまなテスト環境を組み合わせてテストを実行することです。それぞれのタイプには長所と短所があります。   環境 長所 短所 実デバイス アプリが実際にどのように機能するかを示す 割り込みテストなど、モバイル向けの特定のテストを実行できる すべてのターゲットデバイスが利用できるわけではない エミュレーター 珍しいデバイスを探すのはいらない ハードウェアとソフトウェアをシミュレートする 調整に時間がかかる モバイル固有の要因(バッテリー消費、割り込みなど)のテストはない すべてのテストタイプ(UIテストなど)に適しているわけではない クラウド デバイスの無制限の可用性 セキュリティ上の問題から必ずしも適切とは限らない  …