自動テストツールの戦略的選択アプローチの5つの簡単なステップ

自動テストツールの戦略的選択アプローチの5つの簡単なステップ

自動テストチームは、技術的ツールのサポートがほとんどない状態でテストスクリプトを作成および実行することから始めて自動テストツールの有用性に基づいて、価格設定計画、プログラミングスキル、およびその他の技術的な側面に関して、さまざまな選択肢を持つようになります。 長年にわたる開発と強化の結果、現在の自動化テストツールは、手動から自動化への移行を成功させるための道筋と考えられています。   1. 自動化ツールの3つの種類 自動化ツールは、企業がビジネスに最適なソリューションに達するために目指すものです。 自動テストの実行方法にすでに馴染みになったと思いますが、カテゴリや価格帯など自動テストの特性を実際に理解しているのでしょうか。現在の市場におけるこのような開発ペースにより、自動化ツールは次の3つの種類に分類されます。 1.1. オープンソースツール オープンソースツールは、多くの企業が自動テストプロセスに実行している最も一般的な種類です。 このようなツールを使用することで、テスト実行のためのソースコードに意図的なアクセスを講じることができます。さらに、ソースコードは、需要に応じて、完全に採用するか、部分的に変更するかの両方の方法で使用することができます。 一般的な有用性から見れば、オープンソースツールには、高度なテストケースへの迅速なアクセスと有能なカスタマイズを期待できます。したがって、オープンソースツールを使用するには、SDET(ソフトウェア開発エンジニアリングテスター)が、プロジェクトの仕様に従ってソースコードを慎重にカスタマイズできるようなプログラミングの経験を持っていることを求められています。   注意:自動化のためのオープンソースツールは無料です。その一方で、適切な自動テストエンジニアのトレーニングと採用のコストは、手動テストのコストよりもはるかに高くなります。   1.2. 商用自動化ツール 商用自動化ツール、またはベンダーソースツールは、自動化ツールのもう1つのオプションです。月次または年次サブスクリプションで購入することで、これらのツールのプレミアム機能にアクセスすることができます。 例としては、顧客中心のサービスが取り上げられます。ツールの使用中に問題が発生した場合は、専任チームによる24時間年中無休のフルサポートを利用できます。   1.3. カスタムフレームワーク 有用性の割合は市場の80%を超えている実績から見ると、オープンソースおよびベンダーソースの自動化ツールは最も人気のあるツールだと言えるでしょう。それにしても、特にニッチなプロジェクトでは、選択肢はそれに限りません。 テストプロセス、テスト環境、テスト方法の相違と非互換性により、テストチームは、プロジェクトの特性に従ってカスタムフレームワークを開発する必要があります。 オープンツールやベンダーソースツールと比較すると、カスタムフレームワークははるかに複雑で、開発に負担がかかります。ほとんどの場合、テストチームと専門家は、他の種類のツールがプロジェクトと互換性がないと見通した場合に、カスタムフレームワークを最後の手段として使用します。   2. 最適な自動化ツールを選択するには? 自動化ツールには豊富な選択肢があるが、企業は次の5つのステップに従って、最適な戦略的ツールを見つけることができます。   2.1. プロジェクト要件を深く理解する プロジェクト要件を完全に理解することは、自動化テストプロセスを含む、そのプロジェクトをさらに発展させるための基盤として役に立ちます。 自動テストの際立った改善と機能強化により、テストとプロジェクトの範囲と規模には、テストチームの運用全体を通じてテスト結果と習熟度を調整するための詳細が必要になっています。 明確にする必要のあるチェックリストには、次のものが含まれます。 アプリの種類(Webアプリ、モバイルアプリ、デスクトップアプリ) プロジェクトの範囲(テストケースの数、テストスクリプトなど) テストチームのスキル プロジェクト仕様のチェックリストを作成することで、企業は、オフィシャルのプロジェクト要件に組み込むための戦略的なビジネス分析を図ることができます。すべての詳細を明確にすることを前提として、選択したツールをプロジェクト/アプリと完全に統合することができます。   2.2. 予算と価格計画を考案する どのようなビジネスでも、最終的な目標は可能な限り多くの売上を上げることです。言い換えれば、長期的には、確実なROIを目指すことが最も重要な目標です。 魅力的ではありますが、どの企業でも、近い将来にROIが出ない見通しでこのような多額の資本を投資する意思を持つわけではありません。 プロジェクトを成功させるためには、企業がする必要がある最初のことは資本の予算と計画を考案することです。予算に応じて適切なソフトウェアと自動化ツールを選択するほうが簡単です。 自動テストラボの費用とインフラの詳細な計画により、製品所有者または上位レベルの管理職は、テストプロセス全体が特定の売上でどのように機能するかを把握できます。したがって、実行に使用するツールの選択は、コスト効果が高くて正確であることが期待できます。   2.3. SDETのスキルとプログラミング言語を判断する 自動テストの普及には、プログラミング言語やその他の技術的スキルに関する多大な努力と知識が必要です。 ほとんどの自動テストツールは、Java、Pythonなどの一般的なプログラミング言語を必要としています。これらのプログラミング言語の適用は必須ですが、自動テスト環境でそれらを上手に実施することは別の話です。使用可能で持続可能なテストスクリプトの場合、自動化テスターは、プロジェクトの指定された品質基準に準拠するコードを作成する必要があります。これに加えて、初心者のテスターにとっても分かりやすく、効率的なテストスクリプトを提供することも重要です。   SDET(Software Development Engineer…