テスト自動化サービスの提供者を選択する方法

テスト自動化サービスの提供者を選択する方法

テスト自動化市場は、需要の拡大が原動力となっています。Motor Intelligenceのレポートによると、自動化テスト市場は2021年から2026年の予測期間中に14.2%のCAGRで成長すると予想されています。 現在、テスト工程で発生するコストと時間を節約するために、テスト自動化のアウトソーシングを選択する企業が少なくないようです。しかし、テスト自動化サービスの提供者を正しく選択する方法を知っている企業の割合は100%ではありません。それを達成するために、要件の明確化、必要な技術スキル等のさまざまなことに注意を払う必要てす。この記事では、テスト自動化サービスの提供者を探すためのアクションについて詳しく記載しています。   1.  要求の概要の明確化 サービスの提供者を選択する前に、必ずプロジェクトの要件の概要を定義してください。オペレーションの詳細な計画を立てるために、読者様と読者様のビジネスは技術と支出の両面で、外部委託されたプロジェクトに対する期待を理解する必要があります。   達成目標 企業はコスト削減、市場投入までの時間の短縮、テスト自動化の専門家の要求という期待を最も寄せています。優先順位を定義してから、次のステップに進むことができます。そのような情報に基づいて、特定の要求を満たせるベンダーを探すことができます。     テストの種類 テスト自動化は、テスト工程に万能ソリューションではありません。テスト自動化は特定のテストの種類のみに対応することができますので、製品に手動テストが必要になる場合もあります。つまり、テスト自動化でさまざま対象に対して、テストを実行できますが、テストの活動を開始する前にその対象を思考する必要があります。 例えば、機能テスト、単体テスト、統合テスト、スモークテスト、非機能テスト、性能テスト、回帰テスト等でテスト自動化を実行することができます。ただし、アドホックテスト、受入テスト等に対して、手動テストを実行することが重要です。   関連記事: 自動テストと手動テスの比較   作業範囲 テスト工程の全部やプロジェクトの一部の機能(モジュール)を外部委託することができます。作業範囲を明確化した上で、特定の機能を記載されるチェックリストを作成できます。   2.  テスト自動化サービス での技術スキルのチェックリストの作成 一般的なテスト自動化では、実装対象のテストツールとプログラミング言語が様々です。しかし、外部委託されたテストプロジェクトで、テストツールの一貫性を保つ必要です。     テストの各目標や各アプローチで、さまざまなテスト自動化のツールがありますので、任意の自動化ソフトウェアテスターをチームに採用することができません。 初期のテストツールの決定から、次の基準で技術知識と経験を持つテストの担当者を探す必要があります。 そのツールに対応できるプログラミング言語(Python、Javascript、C#等) サポートされているプラットフォーム及びツールのレポート機能(iOS、Android等) スクリプトの保守及び再利用性   関連記事: ソフトウェアテスターを評価するための 適切な面接質問   3. 期待のROIの把握(どのぐらいの時間、工数、コストが節約できるか) テスト自動化プロジェクトを実施する原因として最も多くのは、ROI(投資収益率)を向上させるということです。テスト自動化チームを作ることとテストスクリプトとテストケースを作成することのコストは、手動テストプロジェクトよりもはるかにかかりますが、チームは長期的に、よりお金を節約できます。     企業にとって非常に重要かつ有益なことですので、ROIを計算するときにも、慎重になる必要です。プロジェクトの期間、プロジェクトの人数といったメトリックから、プロジェクトから得られるROIの概要を提供するようにサービスの提供者に依頼し、一番有望数字を提供したベンダーを選択します。   4. 回帰テストの速度の明確化 テスト自動化を実行する場合、得られるメリットの一つはテストの速度です。テスト自動化により、特定のテストの種類の期間を短縮できます。例えば、回帰テストの場合、1人月の作業を1人週以上で実行できます。これを知っていると、プロジェクトの市場投入までの予想時間を計算する必要がありますので、テスティングの時間枠が指定されます。     回帰テストの速度を中心にする場合、次のことを達成するように、ベンダーに依頼することができます。 管理のソフトウェアの利用 テストスケジュールに基づく実行 一定の速度を確保するための技術の対策   5.…