ソフトウェアテストアウトソーシングを選択する理由

6つのソフトウェアテストのアウトソーシングを選択する理由

ソフトウェア・製品がスムーズに動くために、ソフトウェアテストが最も重要です。それでも、リソースが限られていますので、社内のテストチームを持つ企業はあまりありません。 その代わりに、外部委託された ソフトウェアテストアウトソーシング のサービスが実行可能なソリューションのようです。 6つのソフトウェアテストのアウトソーシングを選択する必要がある理由について詳しく読んでいきましょう。   1. 費用効率の高さ 社内のソフトウェアテストのインフラを構築するには、非常にコストがかかります。 例えば、Salary Exploreによると、日本のソフトウェアテストエンジニアの給与範囲は、233,000円(最低)から669,000円(最高)となっています。これは、住宅、交通費、その他の手当を含む平均的な月給です。 一方、地理的な価格設定のおかげで、ニアショア、オフショアの国の基本給は日本よりも70%低くなっています。Salary Exploreによると、ベトナムのソフトウェアテストエンジニアの給与範囲は、最低32,245円から最高100,145円となっています。 ベトナムでソフトウェアテストサービスプロバイダーを選択することにより、企業はテストに関するコストを大幅に削減することができます。 このような統計からわかるように、社内のテストチームとニアショア/オフショアチームの間のコスト範囲には大きな差分があります。 社内チームでは、雇用主はミドルレベルのソフトウェアテストエンジニアを雇うために多額のお金を払う必要があるのみならず、現金ボーナス、ヘルスケア、年間給付金等の追加の報酬も支払う必要があります。また、このにはHRの運用コストやテストツールのコスト、もまだ含まれていません。数千ドルに上る可能性があります。 しかし、ニアショア/オフショアチームがある場合、このようなのコストについて心配する必要はありません。   2. 柔軟性 ソフトウェアテストのアウトソーシングを選択するもう1つの理由は、チームの迅速なスケーリングやプロジェクト要件への迅速な適応といった柔軟性です。 チームの迅速なスケーリング ソフトウェアテストをアウトソーシングする場合、3人〜5人のテスターのチームを依頼して、わずか2週間以内に雇用できますので、チームのスケーリングが高速になるという利点があります。 手動テスターでも自動化テスターでも、短期間で希望のチームメンバーを獲得できます。 ビジネスの軌道に合わせてチームを縮小する場合にも適用されます。 プロジェクト要件への迅速な適応 破壊的イノベーションの絶え間なく変わる市場では、プロジェクトの目的と要件が変更される場合がよくありますので、ビジネスリーダーが切り替えを希望するときに頭痛の種になります。 このテスト目標の変更により、社内チームは、新しいテクノロジーの需要や新しいツールの使用等の問題が発生する可能性がありますので、適応するのが非常に困難になります。一方、アウトソーシングのテストチームは、人材を迅速に変更して必要なスキルを持つ人材と交代することができます。 そのため、数日以内にプロジェクトの要件に適応します。   3. 市場投入までの時間の短縮 市場投入までの時間は、製品の効率、収益、市場シェア、競争力に影響を与える最も重要な要素の1つです。 プロジェクトが延長されることを避けたいですね。 ただし、社内チームでは、テストプロセス自体は言うまでもなく、採用、トレーニング、オンボーディングプロセスに多大な時間がかかる可能性がありますので、遅延が発生する可能性が非常に高くなります。 ただし、アウトソーシングのソフトウェアテストチームでは、採用プロセスを実行する必要がなくなります。 ベンダーは、プロジェクトにすぐに取り組むことができる完璧な候補者を提供できます。 また、ベンダーは企業の目標とビジネスに合うように最適化されたタイムラインを作成し、正確に従う責任があります。 タイムラインを厳密に従うために特定の対策を取り、不必要な遅延や適切なツールの無限の検索等の問題が発生しません。   4. 専門知識へのアクセス ソフトウェアテストのアウトソーシング企業には、さまざまなテストツール、システム、テスト環境で長年の経験を持つ多くのQA専門家がいるタレントプールがあります。また、ベンダーがヘルスケア、金融、教育等のドメインを理解し、戦略的なアドバイスを与えるために必要な経験・知識を持っています。 普通のIT人材、特にソフトウェアテスターにとって、高度な専門知識レベルの人材を獲得することは非常に困難です。 高給に加えて、希望の経験とスキルを持つテスターを採用するには、評判と追加の福利厚生が必要であり、多大な工数と費用がかかるためです。 しかし、アウトソーシングでは、アウトソーシングベンダーが、希望のテクノロジーとスキルセットを含むCVを直接提供し、最適な候補者を選択できるというメリットがあります。   5. 他の運用にもっと焦点を合わせること   ソフトウェアテストはソフトウェア開発ライフサイクルの重要な工程ですが、必ずしもビジネスのコアの工程であるとは限りません。 ソフトウェアテストの作業をアウトソーシングすることにより、コアビジネスオペレーションは新しいテスト部門の人材採用・運用の作業から解放され、重要な操作に集中する時間が増えます。 外部委託されたテストチームの管理の経験を持つベンダーがテストチームを成功に導くことができます。 企業がただテストチームの進捗状況を定期的にチェックし、ビジネスの競争の優位性を実際に生み出すことができるものに集中する必要があります。  …

手動テストから自動化テストへ: なぜ必要なのか? テスト自動化メリット とは?

手動テストから自動化テストへ: なぜ必要なのか?

  自動化テストは現在新しいトレンドで、コストを下げ、品質保証にエラ、不具合の発生率を最小化することを確保するために、企業が適用している戦略の1つです。自動化テストを行う「理由」と「方法」に普遍的な問題があります。 見た目ほど簡単の話ではありませんが、自動化テストでは、移行自体のみならず、変換全体が必要です。 この記事では、自動化テストの展望と実現の方法について説明します。 ソフトウェアテストに関しては、品質管理・品質保証担当者が手動テストを選択することがよ多いです。 一方、自動化テストは障害や課題の多くにもかかわらず、高収益の見込みがありますので、人気が急上昇しています。   手動テストの制限事項 手動テストは、一般的に品質保証プロセスの最も有名な方法ですが、いくつかの制限がありますので、多くの企業がテストを無効に実行してしまいました。   退屈で時間のかかる手動テストの実行     ソフトウェアの手動テストは、コンピューターの前に座ってアプリケーション画面を注意深く調べ、さまざまな使用法と入力の組み合わせを目指し、予想されるアクションの結果を評価し、これらの観察結果を記録することによって実行されます。     テストは、ソースコードの変更、または動作環境やハードウェア構成の変更等のために、開発サイクル中に頻繁に再実行されます。ソフトウェア開発ライフサイクルで、品質保証プロセスは、十分な製品リリースとプロジェクトの最終の結果を保証しますので、重要な役割を果たしてきました。ソフトウェア開発中、すべての開発者は自分の製品を分析し、エラーのないシナリオを目指しするようにします。 しかし、現実は逆です。手動テストプロセスで不具合の漏れ率が高くて、さらに重要なことに、実行が退屈で時間のかかります。 テスターは製品のリリース前に不具合を抽出しようとするため、テストスイートの計画を詳しく作成しても、不具合がまだ発生します。 その結果、ソフトウェアを効果的にテストするには、テストを回帰的に実行する必要があります。   リソースを大量に消費するプロセス 手動テストプロセスは簡単なタスクではありません。 これは、予期せざる変更のみならず、次のようたくさんの側面の量にも重点を置いています。 データ入力 テスト対象のデバイス 人気のあるオペレーティングシステム リソースを大量に消費する手動テストのプロセスは、大規模な重要なインフラストラクチャを必要とし、予算が不足する可能性がありますので、企業にとって大きな課題となります。   エラーが発生しやすい   テストプロセスが複雑で多様であるという事実は言うまでもありませんが、人間は常にミスを犯します。   手動テストがエラーを起こしやすい主な理由は、テストケースが退屈で反復的すぎて、テスター自身の無関心と集中の不足を引き起こす可能性があるということです。 もう1つの理由は、テスト計画の誤解です。 その結果、製品の不具合が抽出されなくて、プロセス全体が機能しなくなりました。 上記の要因により、エラーが発生しやすいという特性は、最終的には企業の財務・評判のステータスに影響を与えます。   非系統的で同期されていないドキュメント 手動テストでは、将来の使用と教育のための同期されたドキュメントはありません。 テストの実行結果はExcelまたはWordファイルに保存されることが多いです。 そのようなファイルへのアクセスは制限されており、必ずしも利用できるとは限りません。 テストエンジニアは、作業中に問題があり、運用とテストケースの実行が遅くなる可能性があります。   テスト自動化メリット ・優位性     ソフトウェアテストは、市場の進化し続ける分野です。 最新のトレンドの本質を捉え、最終的に品質保証を通じて製品のコアと共鳴するためには、時代の先を行く必要があります。     このような状況では、自動化テストはソフトウェアテスト市場の最前線に登場し、企業にとって価値のある資産を生み出すことができます。 自動化テストの8つの有望な見通しは次のとおりです。 高いROI…

ソフトウェアテストのアウトソーシングですべきこと・してはいけないこと

ソフトウェアテストのアウトソーシングですべきこと・してはいけないこと

ソフトウェアテストのアウトソーシングは、テック製品やデジタルトランスフォーメーションへの旅の成功に大きな要因になる可能性があります。 ただし、正確に実施しないと、製品で不具合が発生し、プロジェクトの失敗の原因となる可能性があります。 したがって、ソフトウェアテスト企業と取引する際にすべきこと・してはいけないことは次の通りです。   ソフトウェアテストのアウトソーシングですべきこと 1. 目標とテストの範囲を定義すること ソフトウェアテストのアウトソーシングプロジェクトを成功に導くために、まっさきにすべきことは、このサービスから何を望むかを定義することです。 たとえば、QA機能に対して、アウトソーシングのサービスを購入する際に全体的なコスト削減を優先する企業もあり、一緒に仕事をするQAの専門家の経験、知識を優先する企業もあります。 さまざまなビジネス目標に対して、QAアウトソーシングプロジェクトにはさまざまな目標があります。 期待を満たすことができるベンダーを探すためにこのようなものを先に知っておくべきです。 アウトソーシングサービスの購入に最終的な目標を定義した後、テスト範囲に進みます。 テスト範囲は、テスト部門全体、製品ライン、一つの製品、製品のリリース、機能である可能性があります。 このような情報を知っている場合、アウトソーシング計画と、ソフトウェアテストのアウトソーシングプロジェクトをさらに実行するためのタイムリーで実用的な手順を準備できます。   2. ソフトウェアテスト用のセキュリティシステムを用意すること いつでも、どのような状況でも、ビジネスの範囲にかかわらず、特に外部の関係者がテストするためにプロジェクト・製品を外部委託する場合は、ソフトウェアテスト用のセキュリティシステムを用意してください。 現在の世界のIT市場で、セキュリティ脅威とその結果に強い懸念が提起され、製品のIT機能を外部委託する場合、このような高まるリスクはさらに大きくなります。 セキュリティの深刻な運用負担を防ぎ、プロセスの準備をするために、ベンダーとセキュリティプロセスを確認し、セキュリティギャップが存在するかを判断することです。 将来の脅威に備えて、リスクの防止策と必要な行動を準備する必要があります。     理想的には、次のように、セキュリティを確保するための複数の対策を講じているベンダーを選択することを検討すべきです。 ISO /IEC27001等の情報セキュリティの管理方法に関する国際規格 物理的セキュリティレイヤーと生体認証 法的文書と法的拘束力 を 持 つ合意 アクセス制御、ウイルス対策ソフトウェア、アプリケーションセキュリティ、ファイアウォール、VPN暗号化等を備えたネットワークセキュリティ。   3. テストのプロセスに厳密に従うこと テストのプロセスは、ソフトウェアテストのアウトソーシングプロジェクトを成功に導くための決定要因ではないかもしれませんが、テストのプロセスに厳密に従わない場合、効果的に運用することは非常に困難です。 テストのプロセスは、テストのプロジェクトをスムーズに進めるために、プロジェクトのバックボーン(背骨)になっています。 プロジェクト全体を細かい部分に分割して、管理を容易にするのみならず、ソフトウェア製品の全体的な一貫性を提供します。 テストのプロセスのすべてのステップが監視・管理されていますので、企業とアウトソーシングのチームは、ミスが発生する場合、迅速に特定することができます。 テストのプロセスは柔軟にカスタマイズできますが、プロセスが決定されたら、厳密に従う必要があります。 スムーズに進むテストのプロジェクトには、プロセスに細いステップを定義する必要があります。 たとえば、「企業からどのような入力が期待されますか?」 や「ベンダーからどのような出力を期待しますか?」等の質問に 答える必要です。 このような情報は、不明点を明確にして、ソフトウェアテストのアウトソーシング操作をこれまで以上に簡単にします。   してはいけないこと 1. コストを優先すること いくつかの企業では、コスト削減が優先されます。 ただし、ベンダーを選択する際に、価格を唯一の理由にしないでください。 サービスプロバイダーを選ぶとき、最終的な目標はより低い価格と同等の品質でサービスを購入することであるということを常に覚えておいてください。 上記の点によりますと、価格と品質のバランスを強調したいと思います。プロジェクトの全体的な品質を妥協する必要がない場合、妥当なオファーは良いオファーになります 。 可能な限り低い価格で、サービスを提供できるベンダーを盲目的に選択する場合、結果は深刻になります。…