手動テストから自動化テストへ: なぜ必要なのか? テスト自動化メリット とは?

手動テストから自動化テストへ: なぜ必要なのか?

  自動化テストは現在新しいトレンドで、コストを下げ、品質保証にエラ、不具合の発生率を最小化することを確保するために、企業が適用している戦略の1つです。自動化テストを行う「理由」と「方法」に普遍的な問題があります。 見た目ほど簡単の話ではありませんが、自動化テストでは、移行自体のみならず、変換全体が必要です。 この記事では、自動化テストの展望と実現の方法について説明します。 ソフトウェアテストに関しては、品質管理・品質保証担当者が手動テストを選択することがよ多いです。 一方、自動化テストは障害や課題の多くにもかかわらず、高収益の見込みがありますので、人気が急上昇しています。   手動テストの制限事項 手動テストは、一般的に品質保証プロセスの最も有名な方法ですが、いくつかの制限がありますので、多くの企業がテストを無効に実行してしまいました。   退屈で時間のかかる手動テストの実行     ソフトウェアの手動テストは、コンピューターの前に座ってアプリケーション画面を注意深く調べ、さまざまな使用法と入力の組み合わせを目指し、予想されるアクションの結果を評価し、これらの観察結果を記録することによって実行されます。     テストは、ソースコードの変更、または動作環境やハードウェア構成の変更等のために、開発サイクル中に頻繁に再実行されます。ソフトウェア開発ライフサイクルで、品質保証プロセスは、十分な製品リリースとプロジェクトの最終の結果を保証しますので、重要な役割を果たしてきました。ソフトウェア開発中、すべての開発者は自分の製品を分析し、エラーのないシナリオを目指しするようにします。 しかし、現実は逆です。手動テストプロセスで不具合の漏れ率が高くて、さらに重要なことに、実行が退屈で時間のかかります。 テスターは製品のリリース前に不具合を抽出しようとするため、テストスイートの計画を詳しく作成しても、不具合がまだ発生します。 その結果、ソフトウェアを効果的にテストするには、テストを回帰的に実行する必要があります。   リソースを大量に消費するプロセス 手動テストプロセスは簡単なタスクではありません。 これは、予期せざる変更のみならず、次のようたくさんの側面の量にも重点を置いています。 データ入力 テスト対象のデバイス 人気のあるオペレーティングシステム リソースを大量に消費する手動テストのプロセスは、大規模な重要なインフラストラクチャを必要とし、予算が不足する可能性がありますので、企業にとって大きな課題となります。   エラーが発生しやすい   テストプロセスが複雑で多様であるという事実は言うまでもありませんが、人間は常にミスを犯します。   手動テストがエラーを起こしやすい主な理由は、テストケースが退屈で反復的すぎて、テスター自身の無関心と集中の不足を引き起こす可能性があるということです。 もう1つの理由は、テスト計画の誤解です。 その結果、製品の不具合が抽出されなくて、プロセス全体が機能しなくなりました。 上記の要因により、エラーが発生しやすいという特性は、最終的には企業の財務・評判のステータスに影響を与えます。   非系統的で同期されていないドキュメント 手動テストでは、将来の使用と教育のための同期されたドキュメントはありません。 テストの実行結果はExcelまたはWordファイルに保存されることが多いです。 そのようなファイルへのアクセスは制限されており、必ずしも利用できるとは限りません。 テストエンジニアは、作業中に問題があり、運用とテストケースの実行が遅くなる可能性があります。   テスト自動化メリット ・優位性     ソフトウェアテストは、市場の進化し続ける分野です。 最新のトレンドの本質を捉え、最終的に品質保証を通じて製品のコアと共鳴するためには、時代の先を行く必要があります。     このような状況では、自動化テストはソフトウェアテスト市場の最前線に登場し、企業にとって価値のある資産を生み出すことができます。 自動化テストの8つの有望な見通しは次のとおりです。 高いROI…