ソフトウェアテストアウトソーシングを選択する理由

6つのソフトウェアテストのアウトソーシングを選択する理由

ソフトウェア・製品がスムーズに動くために、ソフトウェアテストが最も重要です。それでも、リソースが限られていますので、社内のテストチームを持つ企業はあまりありません。 その代わりに、外部委託された ソフトウェアテストアウトソーシング のサービスが実行可能なソリューションのようです。 6つのソフトウェアテストのアウトソーシングを選択する必要がある理由について詳しく読んでいきましょう。   1. 費用効率の高さ 社内のソフトウェアテストのインフラを構築するには、非常にコストがかかります。 例えば、Salary Exploreによると、日本のソフトウェアテストエンジニアの給与範囲は、233,000円(最低)から669,000円(最高)となっています。これは、住宅、交通費、その他の手当を含む平均的な月給です。 一方、地理的な価格設定のおかげで、ニアショア、オフショアの国の基本給は日本よりも70%低くなっています。Salary Exploreによると、ベトナムのソフトウェアテストエンジニアの給与範囲は、最低32,245円から最高100,145円となっています。 ベトナムでソフトウェアテストサービスプロバイダーを選択することにより、企業はテストに関するコストを大幅に削減することができます。 このような統計からわかるように、社内のテストチームとニアショア/オフショアチームの間のコスト範囲には大きな差分があります。 社内チームでは、雇用主はミドルレベルのソフトウェアテストエンジニアを雇うために多額のお金を払う必要があるのみならず、現金ボーナス、ヘルスケア、年間給付金等の追加の報酬も支払う必要があります。また、このにはHRの運用コストやテストツールのコスト、もまだ含まれていません。数千ドルに上る可能性があります。 しかし、ニアショア/オフショアチームがある場合、このようなのコストについて心配する必要はありません。   2. 柔軟性 ソフトウェアテストのアウトソーシングを選択するもう1つの理由は、チームの迅速なスケーリングやプロジェクト要件への迅速な適応といった柔軟性です。 チームの迅速なスケーリング ソフトウェアテストをアウトソーシングする場合、3人〜5人のテスターのチームを依頼して、わずか2週間以内に雇用できますので、チームのスケーリングが高速になるという利点があります。 手動テスターでも自動化テスターでも、短期間で希望のチームメンバーを獲得できます。 ビジネスの軌道に合わせてチームを縮小する場合にも適用されます。 プロジェクト要件への迅速な適応 破壊的イノベーションの絶え間なく変わる市場では、プロジェクトの目的と要件が変更される場合がよくありますので、ビジネスリーダーが切り替えを希望するときに頭痛の種になります。 このテスト目標の変更により、社内チームは、新しいテクノロジーの需要や新しいツールの使用等の問題が発生する可能性がありますので、適応するのが非常に困難になります。一方、アウトソーシングのテストチームは、人材を迅速に変更して必要なスキルを持つ人材と交代することができます。 そのため、数日以内にプロジェクトの要件に適応します。   3. 市場投入までの時間の短縮 市場投入までの時間は、製品の効率、収益、市場シェア、競争力に影響を与える最も重要な要素の1つです。 プロジェクトが延長されることを避けたいですね。 ただし、社内チームでは、テストプロセス自体は言うまでもなく、採用、トレーニング、オンボーディングプロセスに多大な時間がかかる可能性がありますので、遅延が発生する可能性が非常に高くなります。 ただし、アウトソーシングのソフトウェアテストチームでは、採用プロセスを実行する必要がなくなります。 ベンダーは、プロジェクトにすぐに取り組むことができる完璧な候補者を提供できます。 また、ベンダーは企業の目標とビジネスに合うように最適化されたタイムラインを作成し、正確に従う責任があります。 タイムラインを厳密に従うために特定の対策を取り、不必要な遅延や適切なツールの無限の検索等の問題が発生しません。   4. 専門知識へのアクセス ソフトウェアテストのアウトソーシング企業には、さまざまなテストツール、システム、テスト環境で長年の経験を持つ多くのQA専門家がいるタレントプールがあります。また、ベンダーがヘルスケア、金融、教育等のドメインを理解し、戦略的なアドバイスを与えるために必要な経験・知識を持っています。 普通のIT人材、特にソフトウェアテスターにとって、高度な専門知識レベルの人材を獲得することは非常に困難です。 高給に加えて、希望の経験とスキルを持つテスターを採用するには、評判と追加の福利厚生が必要であり、多大な工数と費用がかかるためです。 しかし、アウトソーシングでは、アウトソーシングベンダーが、希望のテクノロジーとスキルセットを含むCVを直接提供し、最適な候補者を選択できるというメリットがあります。   5. 他の運用にもっと焦点を合わせること   ソフトウェアテストはソフトウェア開発ライフサイクルの重要な工程ですが、必ずしもビジネスのコアの工程であるとは限りません。 ソフトウェアテストの作業をアウトソーシングすることにより、コアビジネスオペレーションは新しいテスト部門の人材採用・運用の作業から解放され、重要な操作に集中する時間が増えます。 外部委託されたテストチームの管理の経験を持つベンダーがテストチームを成功に導くことができます。 企業がただテストチームの進捗状況を定期的にチェックし、ビジネスの競争の優位性を実際に生み出すことができるものに集中する必要があります。  …