シニアテスト自動化エンジニアを雇う方法

シニアテスト自動化エンジニアを雇う方法

  テスト自動化は、品質保証プロセスの新しい選択肢として浮上しています。 そのため、自動化テスターの需要は一貫して高くなっています。 しかし、近年の技術人材戦争の中で、多くの事業主は、テスト自動化エンジニアをどのように雇うのか疑問に思うかもしれません。 それでは、この記事では、テスト自動化エンジニアの採用プロセスについて説明します。 このガイドは、当社での実際の採用経験と、業界の専門家に相談したものです。 最初に次のものを見てみましょう 要件の明確化 職務記述書の作成 候補者を探して、ショートリストに載せること 面接 最後のステップ   1.要件の明確化 役割を明確にすることは、真のテスト自動化エンジニアを雇うための最初のステップです。 それでは、採用したい人、貢献、必要なスキルを定義する必要があります。 LQAでは、自動化テスターを、ジュニア、ミドル、シニアの3つの主要なグループに分けています。 また、この記事では、より多くの側面を考慮する必要ですので、シニア自動化テスターのインタビューに焦点を当てます。 通常、シニアテスターエンジニアは計画工程でテストマネージャーと協力し、決定を下し、複雑なタスクを対応し、小さなチームを管理します。 彼・彼女は必要に応じてチームと他のステークホルダーの間のコミュニケーションブリッジになる可能性があります。 したがって、多くの場合、次のように要求します。 手動テストの経験 テスト自動化の経験 テストスクリプト作成の能力 テスト自動化手法の理解 言語能力 能力 テスト自動化は、プロセスを自動化するために、コードベースのテストスクリプトを使用するという点で手動テストとは異なります。 シニア自動化テスターは、テストスクリプトを定義・開発・実行・保守できる必要があります。 また、手動テストの経験があり、テストケースを理解していますので、QAプロセスを最適化するために自動テストを適用するか手動テストを使用するかを決定できます。 さらに、彼・彼女は、プロジェクトに最適なものを選択するために、さまざまな種類のテスト自動化フレームワークを理想的に理解しています。   2. 適切なテスト自動化エンジニアの職務記述書の作成 これは、雇用部門が上記の要件を理解し、紙の上に理想的な候補者プロファイルを作成する時点です。 シニアの役割を求めていますので、職務記述(JD)はカスタムで具体的である必要があります。 下記を含めることをお勧めします。 会社概要 雇用主のブランディング、職場環境、会社を際立たせるものについて記載する必要があります。 特に、雇用主のブランディングは、優れた職務記述書の重要な部分です。 Glassdoorの統計によりますと、組織が雇用主のブランドをよく管理できる場合、アクティブな求職者の75%が応募する可能性が高くなります。 したがって、JDで会社の評判を簡単に伝えることを忘れないでください。 仕事の責任 ここでは、役割の義務と会社への貢献が記載されます。 シニアテスト自動化のエンジニアは、会社への影響とキャリアパスにも関心を持っています。 したがって、生のタスクのみならず、計画、管理、最適化、革新等、責任のセクションでより影響力のある活動をしたいと考えています。 要求 これは、この役割に対する必須で優れたスキルと期待を記載するセクションです。 ここで、申請者に期待することを明確に述べてください。 たとえば、コンピュータサイエンスの学士号、Python言語の知識、モバイルまたはWebアプリケーションのテスト自動化の経験、Selenium WebDriverフレームワークの能力等です。さらに、ISTQB等のソフトウェアテストやIELTS証明書等の言語で同等の証明書を持っていることが理想的です。 福利厚生 最後、彼・彼女が受け取る給与やその他の報酬の詳細を含めることを忘れないでください。 Glassdoorによりますと、候補者の67%にとってお金が最大の動機です。 一方、Zetyの統計によりますと、求職者の74%がJDで給与情報を見ることを期待しています。…