適切な 自動化テストのフレームワーク を選択する方法

適切な自動化テストのフレームワークを選択する方法

自動化テストのフレームワーク は、自動化テストにおいて、望ましい結果を達成するために体系的な方法で従うことができる一連のルールまたはベストプラクティスを定義します。自動化テストの成功は、適切なフレームワークの選択に大きく依存しています。残念ながら、さまざまな自動化テストのプロジェクトで、さまざまなの要件とチャレンジがあり、万能のソリューションを見つけるのは困難です。   適切な 自動化テストのフレームワーク を選択する方法 ステップ1:プロジェクトの要件を明確にすること すべての効果的な自動化テストのプロジェクトは、要件を正しく理解することから始まります。何よりもまず、プロジェクトの特性と対象のテスト結果を明確に理解する必要があります。 たとえば、お客様のF&Bアプリケーション用のテスト自動化フレームワークを選ぶとき、次のことを検討します。 テストの範囲:アプリケーションごとに年間5〜6リリースの20のWeb・モバイルアプリケーション。 お客様のニーズ︰UI自動化テストとバックエンドのテスト用のAPI、クロスブラウザとオペレーティングシステムのテスト。 期待の結果:回帰テストの時間の短縮。 チャレンジ︰エンドツーエンドのテストフローは複雑であり、APIテストのデータセットはすごく多いです。 解決策:巨大なデータセットをテストするために、データ駆動型のAPIテストプログラムを開発します。 ステップ2:予算を定義すること 自動化テストのプロジェクトの予算を計算するするには、スクリプトの開発と保守にかかる労力に加えて、テスト自動化ツールとインフラストラクチャの予算を計算する必要があります。 テスト自動化のフレームワークの種類は次のとおりです。 オープンソースのフレームワーク コマーシャルのフレームワーク カスタマイズのフレームワーク 次に、無料のオープンソースフレームワークを使用するか、コマーシャルのツールの料金を支払うかを決定します。各 オプションには、メリットとデメリットがあります。 オープンソースツール:アクティブなコミュニティ、無料のチュートリアル、ミートアップを備えた無料のツールです。 ただし、オープンソースツールは古くなり、速度が遅くなり、プロジェクトに100%適合せず、カスタマイズするためにハイテクの専門知識が必要になる場合があります。 コマーシャルのツール:有料ツールとも呼ばれ、箱の外に多くの機能を提供します。 それでも、コストが高いですので、人気がなく、コミュニティからのチュートリアルやサポートを探すのは困難です。 すべての技術的な問題について、ユーザーに迅速なカスタマーサポートを提供する必要があります。 コマーシャルのツールには高い初期投資が必要ですが、生産性の向上に役立ち、長期的にははるかに優れたメリットをもたらします。 コマーシャルのツールを買いたい場合は、完全なパッケージを購入する前に、無料の試用版を使用して、小さなプロジェクトで実験することをお勧めします。 ステップ3︰テクスタックを検討すること 自動化テスト用の理想的なフレームワークは、プロジェクトで使用されるプログラミング言語をサポートするのみならず、チームメンバーがそのフレームワークに関する経験を持つ必要があります。 まず、テスト自動化エンジニアが特定の言語やフレームワークに精通しているかどうかを確認してから、プロジェクトのプログラミング言語と比較する必要があります。 違いがある場合は、その言語に慣れるのに費やした工数とそれを使用することの効果を考慮に入れてください。 テスターの生産性が低下する可能性がありますが、必要な技術スタックが拡張されず、予期しない問題を回避しながらプロセスを簡単に行えるようになります。 モバイルアプリを対象にする場合は、サポートされるプラ​​ットフォームも検討する必要があります。さまざまなプラットフォームを対象にする場合は、すべてをサポートするツールを選択する必要があります。たとえば、SeleniumとAppiumはIOSとAndroidの両方をサポートしています。 ステップ4: テスト自動化フレームワーク を評価すること 自動化テストのプロジェクトでフレームワークを選択する前に、いくつかの側面を考慮する必要があります。 メンテナンスと再利用性 自動化テストの総コストを増大させる重要な要因は、スクリプトのメンテナンスです。アプリケーションを少し変更しただけでも、スクリプトが失敗する可能性があります。したがって、デバッグが簡単である場合、工数を減らすことができます。 一方、スクリプトの再利用性により、同様のテストケースにテストスクリプトを再利用できますので、開発の時間を大幅に節約できます。 統合機能 CI / CDは現在、ソフトウェア開発において、非常に人気があります。 選択したフレームワークは、完全に自動化sれることを確実にするために、CI/CDパイプラインに統合できる必要があります。 なくても支障のない機能 報告書:適切に分類され、読みやすく、理解しやすい報告書の表示は、 自動化テストのフレームワーク のボーナスになります。報告書を読むときに、エラーを分析する能力は、プロジェクトでデバッグの時間を減らすのに役立つためです。 ビヘイビア駆動開発フレームワーク:技術者ではない場合は、Gherkin構文でBDDフレームワークを使用する場合、プロジェクトをよりよく理解するのに役立ちます。 BDDフレームワークは、人間の言語(英語、ベトナム語等)で記述された手順を含むかなり読みやすい報告書も提供します。 ステップ5:選択を確認すること 自動化テストのフレームワーク…