例を含む5つのテストケースの作成手法のガイド

決定表のテストケースの作成の例ソフトウェア エンジニアリングにおけるテスト ケースの作成手法とは、ソフトウェア製品の特定の機能にテストを実行するために必要な一連の活動であるテスト ケースをどのように作成するかを指します。 適切なテスト ケースの作成手法を適用する場合、プロジェクトに強力な基盤が確立され、生産性と精度が向上します。 そうしない場合、ソフトウェアのテスト工程でバグや不具合を抽出できない可能性があります。 テスティングの手法は、ブラックボックス、ホワイトボックス、経験ベースの手法に分類されます。このチュートリアルでは、5 つの主要なテスト ケースの作成手法で、ブラック ボックステストについて説明します。 境界値分析(BVA) 同値分割 決定表に基づくテスティング 状態遷移 エラ推測   5つの重要なテストケースの作成手法 1. 境界値分析(BVA) 境界値分析は、同等境界で複数の値をテストする代わりに、パーティション間の境界をテストするブラック ボックス テスト手法です。 定義された入力値の中心ではなく、境界で多数のエラーが検出されることが多く、境界値の結果が同値クラス全体に適用されると想定しているためです。 また、BVA は同値分割の他の種類と見なされます。 境界値分析のガイド:入力変数値について、最小/最大の値、最小/最大のすぐ下の価値、最小/最大のすぐ上の値、公称値(任意)を選択して、テストケースを実行します。   例: 有効な年齢の値は 20 ~ 50 です。 最小境界値は 20 です。 最大境界値は 50 です。 テストの対象の値︰19, 20, 21, 49, 50, 51 有効な値︰20, 21, 49, 50 無効な値︰19, 51 テストケースは以下の通りです。 テストケース1︰19を入力 (無効)…