ソフトウェアテストについてよくある疑問

8つのFAQを通じて、ソフトウェアテストについて深く知ることになります!

ソフトウェアテストは、ソフトウェア開発のライフサイクル全体において重要な役割を担っています。テスト段階を通じて、ソフトウェアの不具合を早期に発見し、最終的な製品納品前に改善することができます。そのため、多くのソフトウェア開発会社は、厳格なテストプロセスの構築と社内テストチームへの投資に注力しています。この記事では、飛び込む前に最も一般的な問題を解き明かすのに役立つだろう。 下記の8つの ソフトウェアテストについてよくある疑問 を一緒に読みましょう!   1. ソフトウェアテストがソフトウェア開発ライフサイクルで必須である理由 ソフトウェアテストは、ソフトウェア開発ライフサイクル全体の重要なプロセスです。テストの工程を通じて、ソフトウェアの不具合を早期に抽出し、最終製品の納品前に修正することができます。 ソフトウェアの不具合を修正するには多くの時間と工数がかかります。Starbucksは、POSシステムのソフトウェアのバグにより取引を処理できませんでしたので、米国とカナダの店舗の約60%を閉鎖し、無料のコーヒーを提供することさえ余儀なくされました。 上記の例は、企業が信頼できる厳格なテストプロセスを持っている場合、深刻な問題を最小限に抑え、年間数百万ドルを節約できることを示しています。さらに、エラーがなく、多くの厳格な品質チェックを受けたソフトウェアは、お客様の信頼と満足を簡単に獲得できます。コスト、セキュリティに関して、効率をもたらし、持続可能な開発を実現できます。   2. ソフトウェアテストの種類はなんですか。 さまざまな基準に基づいて、次のようなさまざまな方法でテストを分類できます。 2.1. テストレベル 単体テスト:個々のユニット・コンポーネントにテストを実行して、適切に機能することを確認するプロセスです。単体テストは、単体テストレベルでより多くの不具合を抽出し、無駄なテストの実行を減らし、テスト戦略をスピードアップできますので、重要です。 統合テスト:アプリケーションの2つ以上のモジュールが論理的にグループ化され、全体としてテストを行われるソフトウェアテストの種類です。このタイプの焦点は、モジュール間の通信、インターフェイス、データフローの不具合を抽出することです。モジュールをシステム全体に統合する際には、トップダウンまたはボトムアップのアプローチが適用されます。このタイプのテストは、システムのモジュール・システム間のモジュールを統合することによって行われます。 システムテスト:完全に統合されたソフトウェア製品を検証するソフトウェアテストの種類です。その目的は、エンドツーエンドのシステム仕様を評価することです。通常、ソフトウェアは、大規模なコンピューターベースのシステムの1つの要素にすぎません。最終的に、ソフトウェアは他のソフトウェア・ハードウェアシステムと結合します。システムテストは、システム全体にテストを実行することのみを目的とする一連の異なるテストとして定義されます。 受け入れテスト:エンドユーザー(お客様)がビジネス要件で記載した目標を達成できることを保証します。これにより、ソフトウェアが納品できるかどうかが決まります。ユーザー受け入れテスト(UAT)とも呼ばれます。受け入れテストは、クライアント・ビジネス・お客様がリアルタイムのビジネスシナリオでソフトウェアにテストを行うテストの一種です。お客様は、すべての機能が期待どおりに機能する場合にのみ、ソフトウェアを受け入れます。これはテストの最終段階であり、その後、ソフトウェアは本番環境に入ります。ユーザー受け入れテスト(UAT)とも呼ばれます。 2.2. テストの種類 機能テストは、ソフトウェアアプリケーションの各機能が要件仕様に従って動作することを検証するテストの一種です。 非機能テストは、ソフトウェア アプリケーションの非機能面 (パフォーマンス、使いやすさ、信頼性等) をチェックするテストの一種です。 2.3. テスト方法 自動テストは、ツールとテストのスクリプトを利用してテスト作業を自動化するテスト手法です。言い換えれば、手作業のみならず、指定され、カスタマイズされたツールがテストプロセスに実装されます。 手動テストは、その文字通りの意味で、テスター・QA がテスト ケースの作成から実行まで、テストプロセスの全体を手動で実行する手法です。手動テストでは、QAが一人で1つずつのテストを実行し、ソフトウェア アプリケーションの納品前にバグ、不具合、主要な機能の問題を抽出します。このプロセスの一部として、自動化ツールを使用せずに、テストケースとバグの報告書が作成されます。   3. 自動化テストは最も人気がありますか。その理由はなんですか。 手動テストは、一般的に品質保証プロセスの最も人気がある方法ですが、多くの企業のテストプロセスが無効にする原因となるいくつかの制限があります。 これまで、自動テストは、ソフトウェアテストの有効性、カバレッジ、テスト実行速度を向上させるために、より革新的な手法と見なされていました。この新しい「アプローチ」により、テストプロセスはより短い時間でより多くのテストケースを生成し、カバレッジを改善することが期待されます。 プロセスで、手作業を完全に排除するわけではありませんが、自動テストは、費用対効果が高く、人間の介入が少ないですので、好ましいソリューションになります。言い換えれば、自動テストでは、自動テストを可能にするために手作業が必要です。 自動テストの8つの有望な見通しは次のとおりです。 ROIの高い利回り 一貫した回帰テスト 高いカバレッジ 精度と信頼性 より速いペース 開発者とテスターの負担を軽減 人間の介入を減らすこと 測定品質メトリクスのレコード   4. 手動テストと自動テストの比較、と各方法の利用のとき 手動テストは、ソフトウェアテストにおける伝統的で基本的なテスト方法です。新しい製品をテストする場合や、製品を明確に理解していない場合、システムがまだ安定していない場合は、手動テストを使用することがよくあります。 自動テストは、手動テストと比較してハイテクなテスト方法と見なされます。安定して機能していて、よく理解したシステムをテストするために、このテスト方法を適用して、リソースと時間を削減します。 自動テストと手動テストのどちらを選択するかの答えは、状況によって異なります。…