ソフトウェア品質保証会社を選択するための戦略ガイド

ソフトウェア品質保証会社を選択するための戦略ガイド

ソフトウェアテストのアウトソーシングでは、コスト、柔軟性、テストの高度技術において多くのメリットを期待できますが、信頼できるソフトウェアテスト会社を選択するには、ITアウトソーシングベンダーを詳しく調査するとともに、自社の事業を完全に理解する必要があります。この記事では、ロータスQAはビジネスに適したソフトウェア品質保証会社を選択するための戦略ガイドをご紹介します。   I. ソフトウェア品質保証会社のチェックリストを用意する どのソフトウェア品質保証会社が適しているかを決定する前に、不可欠で最も重要なことは、ベンダーに要望するものの明確なチェックリストを用意することです。チェックリストの項目は技術的要素と非技術的要素に分けられます。これらの条件を満たした会社を見つけたら、このガイドの次のステップに進むことができます。     1. 技術的要素 1.1. テストの範囲 テストの範囲は、テスト部門全体、製品ライン、単一の製品、製品リリース、または単なる一つの機能の場合があります。製品のどの部分をアウトソーシングするかを決定することにより、希望する品質保証会社の最初のイメージを持つようになると見なされます。たとえば、単なる製品リリースまたはメンテナンスリリースの場合は、リーズナブルな価格でサービスを提供している中小規模のベンダーのほうが良いでしょう。   1.2. テストスキル 考慮しなければならないもう一つの重要な要素は、QAエンジニアに求められるスキルです。テストスキルには、技術スキル(テストの計画と実行、テストツール、プログラミング言語、フレームワークなど)とドメインに関する実績が含まれます。求められるスキルが指定されることで、テストプロジェクトで協力できる候補者のリストが絞り込まれます。     1.3. テストのタイプ アウトソーシングするテストのタイプは、多くの要素によって定められます。品質に関しては、機能テストと非機能テストのどちらかを選択し、テスト方法に関しては、手動と自動のどちらかを選択するのです。全体として、プロジェクトに適用するアプローチによって異なります。 1.4. ラボ施設 テストプロジェクトに必要な施設、アプライアンス、プラットフォーム、OSなどを把握しておく必要があります。これらを決定したら、ベンダーにテストラボを依頼することができます。 1.5. ソフトウェアテストモデル ソフトウェアテストモデルは、企業とアウトソーシングチームが今後どのように協力するかを決定するものです。最も一般的なソフトウェアテストモデルは次のように取り上げられます。 テストプロセスが別々のステップに分散され、一つのフェーズの結果が次のフェーズのインプットとして順番に機能するウォーターフォールモデル。 開発とテストの作業が並行して実行されるVモデル。 反復型および増分型のステップに従うアジャイルモデル。 計画、リスク分析、エンジニアリング、および評価のステップを含むスパイラルモデル。 これらのテストモデルには、さまざまな長所と短所があります。適切なソフトウェアテストモデルを事前に検討することで、特定のモデルの実績があるベンダーを選択することがより簡単になります。   2. 非技術的要素 2.1. セキュリティ対策 ソフトウェア品質保証アウトソーシングを成功させるためのもう一つの重要なことは、プロジェクト全体に適用されるセキュリティ対策です。厳格なセキュリティプロセスと必要な対策により、データと情報をデータ漏洩や侵害から保護することができます。すでに整っているセキュリティプロセスを企業のニーズに応じてカスタマイズを提案できるベンダーを見つける必要があります。   2.2. 言語とコミュニケーション方法 コミュニケーションは、ベンダーと明確にする必要があるもう一つの重要なことです。チームがリモート(多くの場合、ニアショアまたはオフショア)で作業するパターンがほとんどであるため、ベンダーとコミュニケーションする言語と希望する通信方法を決めておく必要があります。実際のミーティングを通じて対話することで、アウトソーシングされているスタッフの言語能力を真剣に判断することがお勧めです。 2.3. チームスケーリングの可能性 テストサービスプロバイダーを雇用する目的の一つは、チームを迅速に構築することです。したがって、必要なポジションを埋めるのにどれくらいの時間がかかるかを把握する必要があります。さらに、テストスコープを変更する予定がある場合は、チームサイズを縮小できるかどうかも確認する必要があります。 II. 一流のテスト機関と提携しているベンダーを検討する ソフトウェア品質保証会社を探す際には、ベンダーの能力と約束について注目させる「まばゆいばかり」の広告をよく目にするでしょう。しかし、ベンダーの能力を確実に証明するのは、一流のテスト機関とのパートナーシップと国際的に認められたテストの証明書です。     最もよく知られているテスト機関はISTQB、ソフトウェアテスト会社に認知を与える非営利の委員会です。ISTQBは世界のテスト業界でプロフェッションとしての地位を確立しており、一流のテスト専門家によって開発およびレビューされたシラバスの認定を出しています。 個人テスターの認定のほかにも、ベンダーがISTQBのパートナープログラムに参加しているかを確認する必要もあります。このプログラムは、ソフトウェアテストにおけるベンダーの約束と能力を示しています。また、ベンダーがどのようなテストを実行できるかを確認することもできます。   III. ベンダーの既存顧客、ポートフォリオ、ドメインの調査 テスト能力の認定に加えて、注目すべきもう一つの重要なことは、ベンダーの既存顧客の調査です。レビュー、お客様の声、ケーススタディを読んで、ベンダーが企業に何ができるかを把握してから、どのベンダーを選ぶかを決めることができます。…

ITアウトソーシングモデル:適切なアプローチを選択せよ

ITアウトソーシングモデル:適切なアプローチを選択せよ

どのITアウトソーシング価格設定モデルを選択すべきかは、ITアウトソーシングをビジネスに実施する前に答えなければならない最も重要な質問の1つです。基本的に、企業が知る必要なのはどのように支払うか、そしてベンダーがどこにあるかです。 この記事では、4つの一般的なITアウトソーシング価格設定モデルと、企業に最適な価格設定モデルを選択する方法を紹介します。   1.4つのITアウトソーシング価格設定モデル 海外のテクノロジーアウトソーシング会社と契約を締結する前に、アウトソーシング価格設定モデルを検討する必要があります。そうすることにより、どのモデルが企業の予算と計画に最適であるかを判断することができます。その上、企業はビジョンと目標が合理化されたより良い計画を立てられるようになります。ロータスQAでは、次の4つのITアウトソーシング価格設定モデルを実施しています。 プロジェクトベース タイム・アンド・マテリアル 専任チーム スタッフ増強   1.1. プロジェクトベースのITアウトソーシングモデル プロジェクトベースのITアウトソーシングモデルは、各プロジェクトに基づいて適用される作業モデルであり、小規模または中規模のプロジェクトに適しています。これらのプロジェクトには、固定予算に合わせてアウトプットを調整する明確な要件が事前に示されている特徴があります。したがって、企業はアウトソーシングにいくら払わなければならないかを知っており、そして予算と支出計画をよりよく管理することができます。   企業がプロジェクトの新機能や事前定義された目標を持つ業務のために努めるベンダーを探しているとき。 このモデルは、変更される可能性が低い単純なプロジェクトに適しています。アウトソーシングチームは、常に指導や入力を受けることなく、プロジェクトを完了します。 プロジェクトベースのモデルは、コア製品ではないプロジェクトに最適です。なぜかというと、コア製品の開発をアウトソーシングするためにより多くの管理と注意が必要になるからです。 プロジェクトベースのアウトソーシング契約は、ソフトウェア開発スキルが限られている企業に適しています。プロジェクトを専門家チームにアウトソーシングするのは簡単で効率的です。 しかし、オリジナルの作業範囲と違った機能を期待する場合はどうでしょうか。その場合、柔軟性が最も重要であるアジャイル手法を検討したら、プロジェクトベースは最適な計画ではありません。 一般に、プロジェクトベースのモデルは、企業が何を望んでいるか、どのようにそれを完了してもらいたいかを正確に知っているケース向けです。この最終的な情報をまとめるために、企業では、ビジネス分析と市場調査の複数のステップを経なければならないことが多いです。市場が必要としているものと事前定義されたルートに関する確実な情報を備えた場合に対しては、プロジェクトベースは、最良のITアウトソーシングモデルです。   1.2. タイム・アンド・マテリアルのITアウトソーシングモデル タイム・アンド・マテリアル(またはT&M)契約は、世界中の多くの企業やプロジェクトに適用されている1つの一般的なITアウトソーシングモデルです。このモデルでは、企業はプロジェクトの時給と材料費を支払います。プロジェクトベースは前払いモデルですが、T&Mでは、ベンダーから得たものに対して料金を支払います。 プロジェクト要件に関して、T&Mは、プロジェクト/製品の結果がどうあるべきか分からない企業向けです。ある程度の「ワイヤーフレーム」やスケッチが描かれた場合でも、お客様のフィードバックに基づいて開発する傾向があります。 この状況は、アジャイル作業方法を実施している場合に非常に一般的です。アジャイルでは、柔軟性が最も重要な特性であり、変更は頻繁に行われます。アジャイル手法を最適に行うために、企業はタイム・アンド・マテリアル契約を適用しています。     タイム・アンド・マテリアルは、プロジェクトベースのアウトソーシングモデルが提供するものとは正反対です。T&Mを使用する際には、プロセス全体の価値と生産性に焦点を当てます。T&Mは、事前定義されていない複雑な要件に取り組んでいる企業にとって実行可能なソリューションと見なされます。ただし、定期的な評価と頻繁なスケジュールの調整が必要です。 通常、タイム・アンド・マテリアルモデルは、IT業界におけるかなり新しい分野で事業を営む企業によく当てはまります。新しい市場と新しい体験には分単位の変更が必要であり、新しいセクターで成功するために必要な柔軟性を提供できるのはタイム・アンド・マテリアルだけです。   1.3. 専用チームITアウトソーシング契約 専任チームの運用はタイム・アンド・マテリアルと似ていますが、違いは採用の進め方にあります。通常、プロジェクトベースおよびT&Mプロジェクトの場合、顧客企業はプロジェクトの成果のみを明確にします。誰がそれを行うか、そして彼らのスキルセットの問題について焦点を当てません。 しかし、専任チームのITアウトソーシングモデルの場合、ベンダーは必要なスキルセットと経験を持つ技術エンジニアの人材プールを提供し、顧客企業は好みに基づいてチームを選択します。     支払いに関しては、価格設定システムは分かりやすく、企業はチームの規模に応じて毎月支払います。支払いには、メンバーの給与、サービスプロバイダーの料金、および以前に合意されたその他の追加料金が含まれます。 専任チームの範囲は非常に大きく、厳密に事前定義されていないプロジェクトに取り組み、要件は時間の経過とともに変化する可能性があります。彼らは実際にベンダーの従業員であるため、ベンダーは複数のプロジェクトの複数のタスクを分担することができます。これについては、ベンダーと企業の間の契約でさらに対処できます。   1.4. スタッフ増強 スタッフ増強は、実は専任チームでありますが、より小さな規模です。スタッフ増強は、基本的にベンダーから技術エンジニアを雇用し、彼らをフルタイムの従業員として働いてもらうモデルです。スタッフ増強の支払いは、専任チームのアウトソーシングモデルと同じであり、つまり、スタッフは毎月支払われます。 スタッフ増強の最大のリスクは、プロジェクトに努めている従業員が突然働きたくなくなるということです。その場合、オンボーディングとトレーニング段階を含む雇用プロセスを最初から始めることがあります。スタッフ増強を維持する計画はあまり理想的ではありません。しかし、短期および中期のプロジェクトでは、スタッフ増強が完璧なモデルであり、1人または2人の従業員だけいれば十分な場合はさらに良いでしょう。   2.最適なITアウトソーシングモデルの選び方 特にITアウトソーシングベンダーと協力する場合は、要件と目標に適した、より柔軟なモデルを選択できます。ハイブリッド価格設定モデルも1つの選択肢です。 しかし、企業に適したITアウトソーシングモデルを選択するには、最初に考えるべきいくつかの項目があります。 プロジェクトの目標。明確であるか、不明確であるか。 プロジェクトの範囲。プロジェクト全体の目標から、目標を達成するのにどれくらいの時間がかかるかを予測する。 ご希望のプロジェクト管理方法。たとえば、アジャイルまたはスクラムの方法に従いたい場合、プロジェクトベースは絶対に理想的な方法ではないでしょう。 アウトソーシングチームにどのようにスケーラビリティを期待するか。 チームメンバーに期待する技術力と経験レベル。 上記のすべてのことは、ITアウトソーシングモデルを選択する前に自分自身について知っておく必要があることです。これらが明確になったら、ベンダーに「注文」について話し合い、自分に最適なチームを見つけることができます。  …

ソフトウェア品質保証サービスのトップ国

ソフトウェア品質保証サービスのトップ国

ソフトウェア品質保証のアウトソーシングプロジェクトを成功させるには、目的を完全に理解するだけでなく、世界中のテスト市場に関する深い知識も必要です。この記事では、ソフトウェア品質保証サービスのトップ国について詳しく調べ、最適なアウトソーシング先のテストセンターの地方を選びましょう。   ソフトウェア品質保証サービスのトップ国のクイックレビュー ソフトウェア品質保証サービスのアウトソーシングに適した目的地を構築するには、平均給与、IT教育、外国人顧客向けのポリシー、現在のQAエンジニアの数、技術スキルなど、多くの要素に関して充実させる必要があります。次の簡略化された表により、最高のソフトウェア品質保証サービスを提供している国の概要を把握することができます。   平均年収 IT卒業生の年間数 ソフトウェアテストの焦点セグメント India $4,334 1,500,000 (エンジニアリングとテクノロジー) 自動化のAI 自動化テスト エンドツーエンドテスト クラウドテスト Vietnam $7,631 50,000 アプリケーションテスト 自動化テスト 手動テスト APIテスト フルサイクルテスト The U.S. $75,242 2,170,000 アプリケーションテスト クラウドテスト IoTテスト セ キュリティテスト DevOpsテスト AIテスト Ukraine $8,000 130,000 フルサイクルテスト APIテスト アジャイルテスト 自動化テスト ゲームテスト Poland $17,148 98,250 手動テストの設計と実行 自動化テスト テスト自動化フレームワークの設計 機能テスト 負荷テストと性能(パフォーマンス)テスト エンドツーエンドのソフトウェアテスト APIテスト The Philippines…

Lotusの2021年を振り返りましょう: 乗り越えた面倒と業績

Lotusの2021年を振り返りましょう: 乗り越えた面倒と業績

Lotus QAは、2021年のあらゆる課題や困難を見事に撃退した数少ない企業の1つです。実際、2021年はLotusの多くの変化と成果を目の当たりにし、パンデミックの中での適応力と柔軟性を証明することができました。それでは、2021年にLotusがどのように発展したかを見ていきましょう。

1. 私たちが乗り越えたもの

COVID-19のパンデミックとの戦いはまだ勝利したとは言えませんが、ワクチンの目処が立ったことで、少なくともトンネルの終わりにかすかな光が見えています。

この間、LotusはハノイでCOVID-19の2度目の暴発に見舞われ、ほとんどの社員が自宅待機を余儀なくされるなど、さまざまな困難にぶつかった。そんな中でも、私たちスタッフは、ひとつひとつの納品物を最高の品質でお届けするために、絶え間なく努力を続けてきました。

 

2. 私たちが達成したこと

2021年、新たなビジョンと戦略的プラン、そしてスタッフの献身的な努力により、Lotusは不死鳥のように立ち上がり、成功を収めたと主張します。

売上は160万ドルに達し、2020年の2倍になりました。また、日本、アメリカ、中国、韓国など世界各国の42社のクライアントと172のプロジェクトを行いました。これは、2020年の実績と比較すると大きな数字です。

私たちの抱える問題やアチーブメント達成の詳細はこちら。

 

 

Lotus QAについて

Lotus QAは、小売、食品および飲料、ヘルスケアなどの多くのドメインでITサービスに関する専門知識と経験を持っており、オフショア開発を実施したい企業にとって信頼できるプロフェッショナルなサービスプロバイダーです。

  • 厳格なセキュリティ:Lotus QAは、ISO 27000:01の厳格な手順に従って、最適なセキュリティと国際標準化されたプロセスを実現するだけでなく、お客様の要件に柔軟に適応します。
  • 質の高い人材:Lotus QAのスタッフは入社の時からの厳格な面接、そして仕事上のオリエンテーション、継続的な学習と自己開発を通じた能力の高い人材です。
  • 柔軟性:お客様がいつでも計画を選択または変更できるように、さまざまな作業モデルを提供しています。

弊社のサービスに関する詳細についてはお気軽にご連絡ください!