ベトナムのトップ10ベストソフトウェアテスト企業

ベトナムのトップ10ベストソフトウェアテスト企業

ソフトウェアテストの市場規模は2020年に400億米ドルを超え、2021年から2027年にかけてCAGR7%超で成長すると予測されています。世界市場でのソフトウェアテストの需要の高まりで、ベトナムはソフトウェアアウトソーシングサービスを提供するトップの国の1つでり、ベトナムでソフトウェアテストサービスを提供する企業が増加しています。 ベトナムのソフトウェアテスト企業は、品質保証において長年にわたる経験を持っています。ベトナムのソフトウェアテスト会社は、品質保証における長年の経験を持ち、手頃な予算、世界的な実績、ドメインの専門家をもたらすことができます。   ベトナムのトップ10ベストソフトウェアテスト企業   1. FPT Software FPT ソフトウェアは、ベトナムのITアウトソーシング市場の大手企業であり、世界中から高い評価を得ています。 FPTソフトウェアで、顧客は高度なテストセンター(TCoE)と連携します。高度なテストセンター(TCoE)というのはエンタープライズ環境とITの連携を強化し、QA効率を向上させるために、標準化されたツールとプロセスを導入するというコマンドセンターです。 FPTソフトウェアは、様々な品質保証サービスとソフトウェアテストサービスが提供できますが、最新の成功事例は、自動化テストの実装です。認定され標準化されたテストツールを導入することで、多くの顧客の信頼を獲得します。テスターの需要を満たすために、世界中で1,700名のテスターのチームを開発し、あらゆる業界における200名以上の顧客にテスターの専門知識を提供しています。   2. KMS Solutions, Inc. ITセクターにおける12年の経験があり、130以上の顧客がさまざまなITサービス、特にソフトウェアテストサービスで1億3,900万ドルを節約するのを支援してきました。 上記の印象的な数字を達成するために、KMSソリューションは継続的で利益ある成長向けの業界をリードするソリューションを提供します。 KMS Solutionsは、総合的なソフトウェアQAサービスとテストサービスによって、ドメインにおける豊富な経験を持つ高品質のエンジニアを競争力のある価格で提供します。 特に、KMSソリューションは、すべてのテストの対象に「まず自動化を考えよ」という考え方を適用します。この考え方によますと、テスターは高品質のソフトウェアをより高速で提供し、市場投入までの時間が短縮できます。   3. Lotus Quality Assurance Lotus QAは、2021年にClutchが認めたベトナムのソフトウェアテスト企業のトップ3社です。2016年に設立され、ソフトウェアテスト業界で若くて有望な企業です。 競争力のある価格で、顧客体験への献身とコンピテンシーを成功に示し、名誉あるSao Khue賞と、アメリカ、日本等の要求の厳しい市場における一流のサービスの評判を獲得しました。 Lotus QAは、発展の5年間にわたって、248名の従業員を抱えて、企業規模の最高成長率を示しており、その2割はマニュアルテスターと自動化テスターです。 Lotus Quality Assuranceの専門知識は、モバイルアプリのテスト、ウェブアプリのテスト、自動化テストであり、株式会社東芝、LGエレクトロニクス、AVN、パナソニック等の世界の有名企業とのプロジェクトの成功によって証明されています。 主に中小規模のプロジェクトでの経験を持って、ミドルマーケット企業と小企業に一流のソフトウェアテストサービスが提供できます。     4. Logi Gear LogiGearは1994年に設立され、テストサービス、特に自動化テストで豊富な経験を持つベトナムのトップソフトウェアテスト企業のトップに常にランク付されています。27年間以上かけてテストサービスを最適化してきました。最も卓越したテストサービスは次のとおりです。 自動化テスト:さまざまなテスト自動化ツールに関する豊富な経験を持つ専門家で、テストプロセスを高速化し、時間を節約できます。 機能テスト。ソフトウェアテストの数十年の知識と特殊なテスト自動化ツールを活用するQA機能テストサービスを提供します。 オフショアチーム。主題に関する専門知識の欠如、インフラストラクチャ/リソースの欠如、QAのスケーラビリティの問題を解決できます。と市場投入までの時間。対象分野の専門知識の不足、インフラストラクチャ/リソースの不足、QAのスケーラビリティ、市場投入までの時間の問題が解決できます。   5. CO-WELL Asia CO-WELL Asiaは現在、ソフトウェアテストサービスの新興の先 です。ベトナムのトップ大学や世界中の大学から卒業してハノイとダナンで働いている400名のITエンで、他のベトナム企業と比較して、QAテスター対プログラマーの比率はもっと高いです。 特に、CO-WELL Asiaで、従業員の技術レベルとソフトスキルを向上させるために、ベトナムのみならず海外でもさまざまなトレーニングコースを開催しています。そのようなスキルで、顧客に最適な価値をもたらすことができます。…

テスト自動化サービスの提供者を選択する方法

テスト自動化サービスの提供者を選択する方法

テスト自動化市場は、需要の拡大が原動力となっています。Motor Intelligenceのレポートによると、自動化テスト市場は2021年から2026年の予測期間中に14.2%のCAGRで成長すると予想されています。 現在、テスト工程で発生するコストと時間を節約するために、テスト自動化のアウトソーシングを選択する企業が少なくないようです。しかし、テスト自動化サービスの提供者を正しく選択する方法を知っている企業の割合は100%ではありません。それを達成するために、要件の明確化、必要な技術スキル等のさまざまなことに注意を払う必要てす。この記事では、テスト自動化サービスの提供者を探すためのアクションについて詳しく記載しています。   1.  要求の概要の明確化 サービスの提供者を選択する前に、必ずプロジェクトの要件の概要を定義してください。オペレーションの詳細な計画を立てるために、読者様と読者様のビジネスは技術と支出の両面で、外部委託されたプロジェクトに対する期待を理解する必要があります。   達成目標 企業はコスト削減、市場投入までの時間の短縮、テスト自動化の専門家の要求という期待を最も寄せています。優先順位を定義してから、次のステップに進むことができます。そのような情報に基づいて、特定の要求を満たせるベンダーを探すことができます。     テストの種類 テスト自動化は、テスト工程に万能ソリューションではありません。テスト自動化は特定のテストの種類のみに対応することができますので、製品に手動テストが必要になる場合もあります。つまり、テスト自動化でさまざま対象に対して、テストを実行できますが、テストの活動を開始する前にその対象を思考する必要があります。 例えば、機能テスト、単体テスト、統合テスト、スモークテスト、非機能テスト、性能テスト、回帰テスト等でテスト自動化を実行することができます。ただし、アドホックテスト、受入テスト等に対して、手動テストを実行することが重要です。   関連記事: 自動テストと手動テスの比較   作業範囲 テスト工程の全部やプロジェクトの一部の機能(モジュール)を外部委託することができます。作業範囲を明確化した上で、特定の機能を記載されるチェックリストを作成できます。   2.  テスト自動化サービス での技術スキルのチェックリストの作成 一般的なテスト自動化では、実装対象のテストツールとプログラミング言語が様々です。しかし、外部委託されたテストプロジェクトで、テストツールの一貫性を保つ必要です。     テストの各目標や各アプローチで、さまざまなテスト自動化のツールがありますので、任意の自動化ソフトウェアテスターをチームに採用することができません。 初期のテストツールの決定から、次の基準で技術知識と経験を持つテストの担当者を探す必要があります。 そのツールに対応できるプログラミング言語(Python、Javascript、C#等) サポートされているプラットフォーム及びツールのレポート機能(iOS、Android等) スクリプトの保守及び再利用性   関連記事: ソフトウェアテスターを評価するための 適切な面接質問   3. 期待のROIの把握(どのぐらいの時間、工数、コストが節約できるか) テスト自動化プロジェクトを実施する原因として最も多くのは、ROI(投資収益率)を向上させるということです。テスト自動化チームを作ることとテストスクリプトとテストケースを作成することのコストは、手動テストプロジェクトよりもはるかにかかりますが、チームは長期的に、よりお金を節約できます。     企業にとって非常に重要かつ有益なことですので、ROIを計算するときにも、慎重になる必要です。プロジェクトの期間、プロジェクトの人数といったメトリックから、プロジェクトから得られるROIの概要を提供するようにサービスの提供者に依頼し、一番有望数字を提供したベンダーを選択します。   4. 回帰テストの速度の明確化 テスト自動化を実行する場合、得られるメリットの一つはテストの速度です。テスト自動化により、特定のテストの種類の期間を短縮できます。例えば、回帰テストの場合、1人月の作業を1人週以上で実行できます。これを知っていると、プロジェクトの市場投入までの予想時間を計算する必要がありますので、テスティングの時間枠が指定されます。     回帰テストの速度を中心にする場合、次のことを達成するように、ベンダーに依頼することができます。 管理のソフトウェアの利用 テストスケジュールに基づく実行 一定の速度を確保するための技術の対策   5.…

自動テストとは ?手動テストとは?どちらを選択すべきか?| LQA

自動テストと手動テスト:企業にとって費用効果の高いソリューションはどれか?

IT業界の現実からみれば、手動テストは依然としてテストプロセスに重要な役割を果たしており、特性を持っているため、プロセスから排除することはできないものです。どれでも企業にコスト効率とセキュリティ対策の大きなチャンスをもたらすことができる技術です。この記事では、企業が最善の結果を得るためにどのアプローチを適用すべきかに関する以下の3つの根本的な質問に答えていきます。 自動テストと手動テストの手法を比較するためのパラメーターは何か? 自動テストと手動テストのメリットとデメリットは何か? どの手法がどの種類のテストに活用されるか?   I. 自動テストとは 何か?手動テストとは何か? 1. 自動テストとは 自動テストは、ツールとテストスクリプトを使用してテスト作業を自動化するテスト手法です。言い換えれば、テストプロセスでは、手動の技術だけでなく、指定およびカスタマイズされたツールも適用されています。 現在、自動テストは、ソフトウェアテストの有効性、テストカバレッジ、およびテスト実行速度を向上させるためのより革新的な手法と見なされています。この新しい「アプローチ」により、テストプロセスは、より短い時間でより多くのテストケースを生成し、テストカバレッジを拡大することが期待できます。 プロセスに手動テストを完全に排除されていないが、自動テストは、コスト効率が高く、人間の介入が限られているため、好ましいソリューションです。つまり、自動テストでは、自動化を可能にするために手動の作業を必要としています。 2. 手動テストとは何か? 手動テストは、その文字通りの意味で、テスター/QAがテストケースの作成から実行までのテストプロセス全体を手動で行う手法です。 テストデザイン、テストレポート、さらにはUIテストを含むテストプロセスのすべてのステップは、社内またはアウトソーシングの担当者のグループによって実行されます。 手動テストでは、QAアナリストは、ソフトウェアアプリケーションの起動前に、個別の方法で1つずつテストを実行し、バグ、欠陥、および主要な機能の問題を見つけます。このプロセスの一環として、テストケースと要約エラーレポートは自動化ツールを使用せずに作成されます。   II. 自動テストと手動テストの違いを提示する拡大鏡 意味が分かりやすい名前からみると、自動テストと手動テストは簡単に定義および区別できるようです。ただし、テストの効率、テストカバレッジ、適用するテストの種類など、多くの側面の詳細を検討する際には、この2つの手法を綿密かつ戦略的に理解する必要があります。 自動テストと手動テストの違いは、次のカテゴリに分類されます。 コスト 人間の介入 テストのタイプ テストの実行 テストの効率性 テストカバレッジ   1. 自動テストと手動テストのコスト 企業にとって、テストのコストに関しては、コストとテスト手法を選択するメリットを検討するために、完全かつ普遍的な分析が必要です。 プロジェクト自体から発生する可能性のコストと売上を評価することで、分析はプロジェクトに自動テストと手動テストのどちらが必要かの判断を明らかにします。以下の表にリストされているように、初期投資、投資対象、およびコスト効率性についてご説明します。 パラメーター 自動テスト 手動テスト 初期投資 自動テストを実際に実行するには、はるかに大きな初期投資が必要です。その代わりに、長期的にはより高いROIが得られます。自動テストのコストは、自動化テスターとオープンソースの自動化ツールをカバーすることであり、高額の費用がかかることが多いです。 手動テストの初期投資は、人的資源とチームのセットアップのコストにあります。これは、最初は自動テストのコストの10分の1だけで節約できそうに見えるかもしれませんが、長期的には、コストが高額に拡大する可能性があります。 投資対象 投資金額は、指定およびカスタマイズされたツールと、手動テストと比較してはるかに高い給与範囲を期待する自動化QAエンジニアに分担されます。 投資金額は人材に費やされます。これは、企業の要求と戦略に応じて、社内での採用またはアウトソーシングのいずれかになります。 コスト効率性・ヴォーリュムテスト 大量回帰 少量回帰   2. 人材の介入 手動テストと自動テストの全体像では、人間であろうかコンピューターであろうか、単にテストを実行する主体に関するだけではありません。ただし、人間の介入に関しては、いくつかの普遍的な違いがあります。   パラメーター 自動テスト 手動テスト ユーザーインターフェイスの観察…

ソフトウェア品質保証会社を選択するための戦略ガイド

ソフトウェア品質保証会社を選択するための戦略ガイド

ソフトウェアテストのアウトソーシングでは、コスト、柔軟性、テストの高度技術において多くのメリットを期待できますが、信頼できるソフトウェアテスト会社を選択するには、ITアウトソーシングベンダーを詳しく調査するとともに、自社の事業を完全に理解する必要があります。この記事では、ロータスQAはビジネスに適したソフトウェア品質保証会社を選択するための戦略ガイドをご紹介します。   I. ソフトウェア品質保証会社のチェックリストを用意する どのソフトウェア品質保証会社が適しているかを決定する前に、不可欠で最も重要なことは、ベンダーに要望するものの明確なチェックリストを用意することです。チェックリストの項目は技術的要素と非技術的要素に分けられます。これらの条件を満たした会社を見つけたら、このガイドの次のステップに進むことができます。     1. 技術的要素 1.1. テストの範囲 テストの範囲は、テスト部門全体、製品ライン、単一の製品、製品リリース、または単なる一つの機能の場合があります。製品のどの部分をアウトソーシングするかを決定することにより、希望する品質保証会社の最初のイメージを持つようになると見なされます。たとえば、単なる製品リリースまたはメンテナンスリリースの場合は、リーズナブルな価格でサービスを提供している中小規模のベンダーのほうが良いでしょう。   1.2. テストスキル 考慮しなければならないもう一つの重要な要素は、QAエンジニアに求められるスキルです。テストスキルには、技術スキル(テストの計画と実行、テストツール、プログラミング言語、フレームワークなど)とドメインに関する実績が含まれます。求められるスキルが指定されることで、テストプロジェクトで協力できる候補者のリストが絞り込まれます。     1.3. テストのタイプ アウトソーシングするテストのタイプは、多くの要素によって定められます。品質に関しては、機能テストと非機能テストのどちらかを選択し、テスト方法に関しては、手動と自動のどちらかを選択するのです。全体として、プロジェクトに適用するアプローチによって異なります。 1.4. ラボ施設 テストプロジェクトに必要な施設、アプライアンス、プラットフォーム、OSなどを把握しておく必要があります。これらを決定したら、ベンダーにテストラボを依頼することができます。 1.5. ソフトウェアテストモデル ソフトウェアテストモデルは、企業とアウトソーシングチームが今後どのように協力するかを決定するものです。最も一般的なソフトウェアテストモデルは次のように取り上げられます。 テストプロセスが別々のステップに分散され、一つのフェーズの結果が次のフェーズのインプットとして順番に機能するウォーターフォールモデル。 開発とテストの作業が並行して実行されるVモデル。 反復型および増分型のステップに従うアジャイルモデル。 計画、リスク分析、エンジニアリング、および評価のステップを含むスパイラルモデル。 これらのテストモデルには、さまざまな長所と短所があります。適切なソフトウェアテストモデルを事前に検討することで、特定のモデルの実績があるベンダーを選択することがより簡単になります。   2. 非技術的要素 2.1. セキュリティ対策 ソフトウェア品質保証アウトソーシングを成功させるためのもう一つの重要なことは、プロジェクト全体に適用されるセキュリティ対策です。厳格なセキュリティプロセスと必要な対策により、データと情報をデータ漏洩や侵害から保護することができます。すでに整っているセキュリティプロセスを企業のニーズに応じてカスタマイズを提案できるベンダーを見つける必要があります。   2.2. 言語とコミュニケーション方法 コミュニケーションは、ベンダーと明確にする必要があるもう一つの重要なことです。チームがリモート(多くの場合、ニアショアまたはオフショア)で作業するパターンがほとんどであるため、ベンダーとコミュニケーションする言語と希望する通信方法を決めておく必要があります。実際のミーティングを通じて対話することで、アウトソーシングされているスタッフの言語能力を真剣に判断することがお勧めです。 2.3. チームスケーリングの可能性 テストサービスプロバイダーを雇用する目的の一つは、チームを迅速に構築することです。したがって、必要なポジションを埋めるのにどれくらいの時間がかかるかを把握する必要があります。さらに、テストスコープを変更する予定がある場合は、チームサイズを縮小できるかどうかも確認する必要があります。 II. 一流のテスト機関と提携しているベンダーを検討する ソフトウェア品質保証会社を探す際には、ベンダーの能力と約束について注目させる「まばゆいばかり」の広告をよく目にするでしょう。しかし、ベンダーの能力を確実に証明するのは、一流のテスト機関とのパートナーシップと国際的に認められたテストの証明書です。     最もよく知られているテスト機関はISTQB、ソフトウェアテスト会社に認知を与える非営利の委員会です。ISTQBは世界のテスト業界でプロフェッションとしての地位を確立しており、一流のテスト専門家によって開発およびレビューされたシラバスの認定を出しています。 個人テスターの認定のほかにも、ベンダーがISTQBのパートナープログラムに参加しているかを確認する必要もあります。このプログラムは、ソフトウェアテストにおけるベンダーの約束と能力を示しています。また、ベンダーがどのようなテストを実行できるかを確認することもできます。   III. ベンダーの既存顧客、ポートフォリオ、ドメインの調査 テスト能力の認定に加えて、注目すべきもう一つの重要なことは、ベンダーの既存顧客の調査です。レビュー、お客様の声、ケーススタディを読んで、ベンダーが企業に何ができるかを把握してから、どのベンダーを選ぶかを決めることができます。…

モバイルアプリテスト における3つの一般的な課題

モバイルアプリテストにおける5つの一般的な課題

スマートフォンの急成長により、グローバル企業が何千ものアプリを通じてより効果的かつ頻繁に消費者に接続することができるようになっています。2021年、スマートフォンベンダーは、世界で約15億3000万台のスマートフォンを販売しました。2016年にスマートデバイスを所有していたのは世界の総人口の半分以下でしたが、スマートフォンの普及率は上昇を続け、2020年には78.05%に達します。2025年には、米国の全モバイルユーザーの約87%がスマートフォンを所有すると予測されており、2010年のモバイルユーザーの27%から増加する見込みです。 モバイルアプリが消費者とつながる重要なチャネルになったため、企業の管理職はアプリの品質を向上させるために更なる取り組みを強化しています。ただし、企業は モバイルアプリテスト における多数の課題を解決しなければなりません。 2017-2018年のCapgeminiの品質保証・テストに関するレポートによると、回答者の47%が、適切なテストプロセスまたは方法がないと述べています。一方、調査対象の企業の46%は、モバイルテストを実行するための適切なツールがどれであるかを知りません。テストデバイスの不足も40%を占める重大な問題です。   1. 効率的なテストプロセスの不足 スマートフォンアプリのような競争の激しい市場において、モバイルアプリの効果的なテストプロセスはどのようなものでしょうか? 以下の考慮すべき3つの要素を見てみましょう。     テスト戦略 テストプロジェクトの徹底的な戦略は重要です。計画する必要のある側面には、テスト方法論、テスト自動化、およびテスト環境があります。 まず、テスト方法論に関して、最も好まれる方法の1つはアジャイルアプローチです。アジャイルでは、開発プロセスは繰り返しのループに分かれ、テストは開発と並行して行われます。 考慮すべき2番目の要素は、テスト環境のセットアップ方法です。実際のモバイルデバイス、シミュレーター、またはクラウドでのセットアップから選択できます。 最後は自動化テストです。自動化により、回帰テストなどの反復的なテストを実行する時間と労力を削減できますが、一部のテストは、手動で実行する必要があります。自動化テストを適用する効率的な方法の1つは、次のビデオのように、さまざまなデバイスで1つのテストケースを実行することです。   【デモビデオ】10台のモバイルデバイスで同時に自動化テストを実行する。   継続的テスト モバイルアプリは定期的に構築および更新されます。その結果、従来の手動テストは、新しいバージョンのリリースのペースに追いつくことができなくなってしまいます。継続的テストでは、自動化テストを定期的に実行して、更新版がリリースされた後すぐにフィードバックを取得します。さらに、開発プロセスと並行してアプリをテストすることで、プロジェクトの終了時に失敗するリスクを減らすことができます。   テストタイプの選択 モバイルアプリテスト では、機能テストと非機能テストの両方を実行する必要があります。機能テストには、アプリの機能(パステスト、境界値、データライフサイクル)、アプリのライフサイクル、ネットワーク、および表示のテストが含まれます。非機能テストでは、テスターは、通常割り込みテスト、消費電力のテスト、ディスプレイのテスト、デバイス入力センサーのテスト、画面向き変更のテストなど、いくつかの特別なテストを実行する必要があります。   2. 多数のテストツールから選択する 一つのモバイルアプリのテストには、さまざまな機能が含まれています。Androidアプリのみをテストするものもあれば、iOS用のものもあります。すべての仕様のアプリをテストするプラットフォームとツールには制限がありません。 ただし、市場にはモバイルテストツールが多数あるため、役立つというよりも、プロセスを複雑させることがよくあります。たとえば、技術チームは、すべてではないにしても、ほとんどのアプリをテストするのに最適なプラットフォームを選択するのが難しいと言われています。さらに、このような多数の有料ソフトウェアに登録すると、会社の予算に大きな負担がかかるようになり、無料のツールに依存すると、データ侵害や標準以下の結果などの他の問題が発生する可能性があります。 したがって、企業は、適切な機能を備えたテストツールを選択するために、ツールで何を探しているのかを正確に把握しおく必要があります。 料金:オープンソースツールと有料ツールがテストできるアプリの種類:ネイティブアプリ、Web、ハイブリッドアプリ オペレーティングシステム:iOS、Android、Windows   3.テストデバイスの不足 2019年、世界中のスマートフォンの出荷台数は1兆3,750億台に達し、Androidデバイスが76%の市場シェアを占め、iOSデバイスが13%を占めました。各オペレーティングシステムにはさまざまなバージョンがあり、つまり、モバイルアプリはさまざまな環境で運用されています。テストチームはどのタイプのデバイスにもアクセスできるわけではないため、モバイルテストデバイスのセットアップに障害が発生する可能性があります。対策としては、実デバイス、エミュレーター・シミュレーター、クラウドなどのさまざまなテスト環境を組み合わせてテストを実行することです。それぞれのタイプには長所と短所があります。   環境 長所 短所 実デバイス アプリが実際にどのように機能するかを示す 割り込みテストなど、モバイル向けの特定のテストを実行できる すべてのターゲットデバイスが利用できるわけではない エミュレーター 珍しいデバイスを探すのはいらない ハードウェアとソフトウェアをシミュレートする 調整に時間がかかる モバイル固有の要因(バッテリー消費、割り込みなど)のテストはない すべてのテストタイプ(UIテストなど)に適しているわけではない クラウド デバイスの無制限の可用性 セキュリティ上の問題から必ずしも適切とは限らない  …

ITアウトソーシングモデル:適切なアプローチを選択せよ

ITアウトソーシングモデル:適切なアプローチを選択せよ

どのITアウトソーシング価格設定モデルを選択すべきかは、ITアウトソーシングをビジネスに実施する前に答えなければならない最も重要な質問の1つです。基本的に、企業が知る必要なのはどのように支払うか、そしてベンダーがどこにあるかです。 この記事では、4つの一般的なITアウトソーシング価格設定モデルと、企業に最適な価格設定モデルを選択する方法を紹介します。   1.4つのITアウトソーシング価格設定モデル 海外のテクノロジーアウトソーシング会社と契約を締結する前に、アウトソーシング価格設定モデルを検討する必要があります。そうすることにより、どのモデルが企業の予算と計画に最適であるかを判断することができます。その上、企業はビジョンと目標が合理化されたより良い計画を立てられるようになります。ロータスQAでは、次の4つのITアウトソーシング価格設定モデルを実施しています。 プロジェクトベース タイム・アンド・マテリアル 専任チーム スタッフ増強   1.1. プロジェクトベースのITアウトソーシングモデル プロジェクトベースのITアウトソーシングモデルは、各プロジェクトに基づいて適用される作業モデルであり、小規模または中規模のプロジェクトに適しています。これらのプロジェクトには、固定予算に合わせてアウトプットを調整する明確な要件が事前に示されている特徴があります。したがって、企業はアウトソーシングにいくら払わなければならないかを知っており、そして予算と支出計画をよりよく管理することができます。   企業がプロジェクトの新機能や事前定義された目標を持つ業務のために努めるベンダーを探しているとき。 このモデルは、変更される可能性が低い単純なプロジェクトに適しています。アウトソーシングチームは、常に指導や入力を受けることなく、プロジェクトを完了します。 プロジェクトベースのモデルは、コア製品ではないプロジェクトに最適です。なぜかというと、コア製品の開発をアウトソーシングするためにより多くの管理と注意が必要になるからです。 プロジェクトベースのアウトソーシング契約は、ソフトウェア開発スキルが限られている企業に適しています。プロジェクトを専門家チームにアウトソーシングするのは簡単で効率的です。 しかし、オリジナルの作業範囲と違った機能を期待する場合はどうでしょうか。その場合、柔軟性が最も重要であるアジャイル手法を検討したら、プロジェクトベースは最適な計画ではありません。 一般に、プロジェクトベースのモデルは、企業が何を望んでいるか、どのようにそれを完了してもらいたいかを正確に知っているケース向けです。この最終的な情報をまとめるために、企業では、ビジネス分析と市場調査の複数のステップを経なければならないことが多いです。市場が必要としているものと事前定義されたルートに関する確実な情報を備えた場合に対しては、プロジェクトベースは、最良のITアウトソーシングモデルです。   1.2. タイム・アンド・マテリアルのITアウトソーシングモデル タイム・アンド・マテリアル(またはT&M)契約は、世界中の多くの企業やプロジェクトに適用されている1つの一般的なITアウトソーシングモデルです。このモデルでは、企業はプロジェクトの時給と材料費を支払います。プロジェクトベースは前払いモデルですが、T&Mでは、ベンダーから得たものに対して料金を支払います。 プロジェクト要件に関して、T&Mは、プロジェクト/製品の結果がどうあるべきか分からない企業向けです。ある程度の「ワイヤーフレーム」やスケッチが描かれた場合でも、お客様のフィードバックに基づいて開発する傾向があります。 この状況は、アジャイル作業方法を実施している場合に非常に一般的です。アジャイルでは、柔軟性が最も重要な特性であり、変更は頻繁に行われます。アジャイル手法を最適に行うために、企業はタイム・アンド・マテリアル契約を適用しています。     タイム・アンド・マテリアルは、プロジェクトベースのアウトソーシングモデルが提供するものとは正反対です。T&Mを使用する際には、プロセス全体の価値と生産性に焦点を当てます。T&Mは、事前定義されていない複雑な要件に取り組んでいる企業にとって実行可能なソリューションと見なされます。ただし、定期的な評価と頻繁なスケジュールの調整が必要です。 通常、タイム・アンド・マテリアルモデルは、IT業界におけるかなり新しい分野で事業を営む企業によく当てはまります。新しい市場と新しい体験には分単位の変更が必要であり、新しいセクターで成功するために必要な柔軟性を提供できるのはタイム・アンド・マテリアルだけです。   1.3. 専用チームITアウトソーシング契約 専任チームの運用はタイム・アンド・マテリアルと似ていますが、違いは採用の進め方にあります。通常、プロジェクトベースおよびT&Mプロジェクトの場合、顧客企業はプロジェクトの成果のみを明確にします。誰がそれを行うか、そして彼らのスキルセットの問題について焦点を当てません。 しかし、専任チームのITアウトソーシングモデルの場合、ベンダーは必要なスキルセットと経験を持つ技術エンジニアの人材プールを提供し、顧客企業は好みに基づいてチームを選択します。     支払いに関しては、価格設定システムは分かりやすく、企業はチームの規模に応じて毎月支払います。支払いには、メンバーの給与、サービスプロバイダーの料金、および以前に合意されたその他の追加料金が含まれます。 専任チームの範囲は非常に大きく、厳密に事前定義されていないプロジェクトに取り組み、要件は時間の経過とともに変化する可能性があります。彼らは実際にベンダーの従業員であるため、ベンダーは複数のプロジェクトの複数のタスクを分担することができます。これについては、ベンダーと企業の間の契約でさらに対処できます。   1.4. スタッフ増強 スタッフ増強は、実は専任チームでありますが、より小さな規模です。スタッフ増強は、基本的にベンダーから技術エンジニアを雇用し、彼らをフルタイムの従業員として働いてもらうモデルです。スタッフ増強の支払いは、専任チームのアウトソーシングモデルと同じであり、つまり、スタッフは毎月支払われます。 スタッフ増強の最大のリスクは、プロジェクトに努めている従業員が突然働きたくなくなるということです。その場合、オンボーディングとトレーニング段階を含む雇用プロセスを最初から始めることがあります。スタッフ増強を維持する計画はあまり理想的ではありません。しかし、短期および中期のプロジェクトでは、スタッフ増強が完璧なモデルであり、1人または2人の従業員だけいれば十分な場合はさらに良いでしょう。   2.最適なITアウトソーシングモデルの選び方 特にITアウトソーシングベンダーと協力する場合は、要件と目標に適した、より柔軟なモデルを選択できます。ハイブリッド価格設定モデルも1つの選択肢です。 しかし、企業に適したITアウトソーシングモデルを選択するには、最初に考えるべきいくつかの項目があります。 プロジェクトの目標。明確であるか、不明確であるか。 プロジェクトの範囲。プロジェクト全体の目標から、目標を達成するのにどれくらいの時間がかかるかを予測する。 ご希望のプロジェクト管理方法。たとえば、アジャイルまたはスクラムの方法に従いたい場合、プロジェクトベースは絶対に理想的な方法ではないでしょう。 アウトソーシングチームにどのようにスケーラビリティを期待するか。 チームメンバーに期待する技術力と経験レベル。 上記のすべてのことは、ITアウトソーシングモデルを選択する前に自分自身について知っておく必要があることです。これらが明確になったら、ベンダーに「注文」について話し合い、自分に最適なチームを見つけることができます。  …

ソフトウェア品質保証サービスのトップ国

ソフトウェア品質保証サービスのトップ国

ソフトウェア品質保証のアウトソーシングプロジェクトを成功させるには、目的を完全に理解するだけでなく、世界中のテスト市場に関する深い知識も必要です。この記事では、ソフトウェア品質保証サービスのトップ国について詳しく調べ、最適なアウトソーシング先のテストセンターの地方を選びましょう。   ソフトウェア品質保証サービスのトップ国のクイックレビュー ソフトウェア品質保証サービスのアウトソーシングに適した目的地を構築するには、平均給与、IT教育、外国人顧客向けのポリシー、現在のQAエンジニアの数、技術スキルなど、多くの要素に関して充実させる必要があります。次の簡略化された表により、最高のソフトウェア品質保証サービスを提供している国の概要を把握することができます。   平均年収 IT卒業生の年間数 ソフトウェアテストの焦点セグメント India $4,334 1,500,000 (エンジニアリングとテクノロジー) 自動化のAI 自動化テスト エンドツーエンドテスト クラウドテスト Vietnam $7,631 50,000 アプリケーションテスト 自動化テスト 手動テスト APIテスト フルサイクルテスト The U.S. $75,242 2,170,000 アプリケーションテスト クラウドテスト IoTテスト セ キュリティテスト DevOpsテスト AIテスト Ukraine $8,000 130,000 フルサイクルテスト APIテスト アジャイルテスト 自動化テスト ゲームテスト Poland $17,148 98,250 手動テストの設計と実行 自動化テスト テスト自動化フレームワークの設計 機能テスト 負荷テストと性能(パフォーマンス)テスト エンドツーエンドのソフトウェアテスト APIテスト The Philippines…

ITアウトソーシング市場:概要、予測、および動向2022〜2025

ITアウトソーシング市場 :概要、予測、および動向2022〜2025

ITアウトソーシングは、2021年に急激な時価総額の増加と成長を目撃しており、この潜在的な開発は2022年も継続され、業界に多くの新しいトレンドを生み出します。 この記事では、 ITアウトソーシング市場 が2022年から2025年の段階にどのように展開するかを見てみましょう。 A.  ITアウトソーシング市場 の概要と予測・2022年から2025年 1.  ITアウトソーシング市場 の成長 企業の競争力向上においてテクノロジーがますます重要になるにつれて、デジタルトランスフォーメーションを実施する企業が増加しています。その結果、ITアウトソーシング市場全体が急速に成長してきました。 2021年には、ITアウトソーシング事業の売上は359,832百万ドルに達すると報告されています。これは、このような経済的に困難な年において膨大な数です。 一般的に、ITアウトソーシング市場は予測期間中(2021年から2026年)に4.5%のCAGRを登録すると予想されます。   COVID-19の大流行にもかかわらず、またはおそらくCOVID-19の大流行が理由として、IT部門がアウトソーシングに費やす予算の割合は、以前の2019年と2020年の数に基づいて、約8〜9%増加し続けます。困難なパンデミックによって引き起こされたいずれかのリスクとチャレンジに対しても、ITアウトソーシングは、デジタル化のトレンドを活用し、ビジネスの成長、顧客体験、競争的革新という点でビジネスを支援できるため、巨大な可能性を示しています。 2. 頻繁に外部委託された機能 Mordor Intelligenceの調査によると、部分的なITアウトソーシングの傾向の中で、アプリケーション開発とメンテナンスが最も頻繁にアウトソーシングされる機能になっていることが示されています。 最も頻繁にアウトソーシングされている機能であるアプリケーション開発については、この機能をアウトソーシングしている組織の37%が、アウトソーシングする作業量を増やす計画を図っています。アプリケーション開発は引き続きIT予算の大部分を占めており、多くのIT組織は、外部の開発会社を選択的に使用することにより、内部の人員配置を最適化しようとしています。 多くの企業が最新のテクノロジーとアプリケーションでの完璧な運用を要求しているため、メンテナンスは頻度に関して2番目でアウトソーシングされているIT機能にランク付けされています。その結果、バグ修正、機能強化、パフォーマンス改善、スケーラビリティ、セキュリティなどの多くのメリットがもたらされます。 3. 業務委託がもっとも多い分野 BFSI(銀行、金融サービス、保険)は、ITアウトソーシング業界で最大の市場シェアを占める分野です。 現代の顧客がサービスの提供方法に関して、更なる要求を出しているため、BFSIの企業は、より個人化かつ合理化された顧客体験のための技術的アプリケーションの活用を図っています。 さらに、顧客体験におけるテクノロジーの実施は、一流の顧客サービスを提供するだけでなく、企業に顧客からのデータを活用およびマイニングするためのツールを提供し、ビジネスの成長に大きなメリットをもたらします。 業務委託が多い分野一覧の中には、ヘルスケア、配送および輸送、小売および製造も取り上げられます。 4. 業務委託が最も多い国 パンデミックがグローバルビジネスを加速させるにつれて、企業は業務にデジタル化を実施するためにあらゆる取り組みをしています。先進国の中では、経済が成熟したアメリカが世界の業務委託件数をリードしており、68%の企業がサービスを委任しています。   2番目にランクされているのはイギリスで、48%の企業が人材不足を主な要因として海外にアウトソーシングしています。 これらの先進国で有能なIT人材を雇う費用は非常に高いため、ほかの国からのより安価なサービスを検討する必要性が高くなります。したがって、最も多くアウトソーシングする国の大多数は先進国にあります。その中の1つは日本で、43%の企業がサービスをアウトソーシングしています。 5. グローバルITアウトソーシング先 インドと中国がアウトソーシングの流行をリードしており、インドネシア、マレーシア、ネパール、フィリピン、ベトナムが安価な人件費と運用コストで続いています。特にベトナムでは、ベトナムでのITアウトソーシングが110億ドルの売上で浮上しています(ベトナムソフトウェアおよびITサービス協会の報告による)。ベトナムは、Tholonのデジタル国家トップ50の中で9位にランクされています。 ICTの総輸出額は915億ドルと報告されており、ソフトウェアの輸出売上高は35億ドルに上ります。 この数は2022年にさらに増えると予測されています。 これらの目的地は持続的に成長し続けますが、近年、東ヨーロッパと西ヨーロッパが信頼できるアウトソーシング先として浮上しています。他のいくつかの東ヨーロッパ諸国は、高度なテクノロジーと堅牢なインフラ施設により、オフショアITソリューションの急成長先です。   関連記事 2022年の ITアウトソーシング動向 7つと熱が冷めるトレンド7つ 効果的な 外部委託管理 の7つのヒント IT アウトソーシング契約形態 :知るべきす全てのこと   B.  ITアウトソーシング市場 の今後の動向 1.…

ITアウトソーシング契約:知るべきす全てのこと

IT アウトソーシング契約形態 :知るべきす全てのこと

IT アウトソーシング契約形態 は、企業のITアウトソーシングの実施に関して、おそらく最後に考慮されるものになりがちです。 多くの場合、コスト削減と配信の品質は優先事項と考えられていますが、ITアウトソーシング契約はこれらの成果に非常に深く関連して重要な役割を果たしていることを認識する人が少ないようです。 ITアウトソーシングモデルに関する前回の記事では、ITアウトソーシングが多面的なサービスであることを述べました。つまり、ビジネスに最適なソリューションを完成させるには、場所や価格契約など、多くの機能を調査する必要があります。 この記事では、最も一般的な4つのITアウトソーシング契約と、契約で必要となる事項の詳細について説明します。   1. IT アウトソーシング契約形態 とは何? これらすべてのITアウトソーシングおよびアウトソーシング契約に不慣れな場合は、基本的な定義から始めましょう。 ITアウトソーシング契約は、合意された条件に従って両当事者を拘束する法的文書です。 この契約では、価格設定モデル、作業範囲、納期などに関する多くの事項が含まれています。このITアウトソーシング契約に関与する両当事者は、ベンダーと顧客です。この契約には、知的財産、秘密保持契約などに関する法的条件が含まれることが多いです。     関連記事 2022年の ITアウトソーシング動向 7つと熱が冷めるトレンド7つ 効果的な 外部委託管理 の7つのヒント ITアウトソーシング市場 :概要、予測、および動向2022〜2025   2. ITアウトソーシング契約の3つのタイプは何? ITアウトソーシングは、ベンダーの専門知識、配信品質の向上、コスト削減などの多くのメリットで、多くのビジネスリーダーに好まれてきました。しかし、これらすべてを享受するのは、思うほど簡単ではないかもしれません。 多種のプロジェクトに対して、目標を達成するためには、様々な取り組みがあります。このような考え方は、ITアウトソーシング契約にも当てはまります。 ITアウトソーシング契約には、次の3つのタイプがあります。 プロジェクトベース タイム・アンド・マテリアル 専任チーム   2.1. プロジェクトベースのITアウトソーシング契約 a) それは何? プロジェクトベースのITアウトソーシング契約は、最も一般的な契約の種類です。 プロジェクトベースでは、顧客は最初に明確にするのはプロジェクトの要件の追求であり、それを済んでいたら、適切なベンダーを探します。 提案依頼書には、事前に要件を明確に記載する必要があります。次のような質問に答えてみましょう。 ベンダーからどのようなサービスを提供してもらいたいか? ベンダーから期待する目標は何か? 作業範囲はどのようなことか?     ITアウトソーシングへの支出を完全に管理したい顧客にとって、プロジェクトベースの契約が適切です。この契約では、ベンダーは特定の要件と目標の下で作業します。 関係がなく、作業範囲外の作業は処理されません。製品は、決められた費用で、約束された時間内に配達されます。 b) いつ使用するか? 自社が何を望んでいるか、そしてそれをベンダーからどのように対応してもらいたいかを確かに知ってる。 プロジェクトの時間枠は短い。 要件が明確にされており、柔軟性が不要。 プロジェクトは単純であり、開発および実施の方向にはいかなる原因の影響も受けない。 ベンダーが初期要件に従って期待される結果を提供できる限り、ベンダーがプロジェクトをどのように行うかに干渉したくない。  …

効果的なITアウトソーシング管理の7つのヒント

効果的な 外部委託管理 の7つのヒント

どのようにして効果的な 外部委託管理 を実現できるのでしょうか。アウトソーシングは優れたツールですが、正しく管理できなければ、ITアウトソーシングプロジェクトで失敗してしまい、悩まされることが多いでしょう。本記事では、 ITアウトソーシングのポテンシャルを十分に活用するためのLQAの7つのヒントをご紹介します。   1. 始めには、重要性の低い業務をアウトソーシングの対象とする ITアウトソーシングを実施する経験があまりない方は、ゆっくり関わっていくほうがいいでしょう。まとめて始めるのではなく、最初に重要性の低いIT機能でITアウトソーシングを試してみます。それらの業務委託の内容が簡単に理解できるので、初体験にはぴったりです。 例えば、テストをアウトソーシングしたいとします。まず、手動テストで単体テスト、統合テスト、機能テストなどから始めます。チームがもっと力を発揮できそうな効果が出たら、より複雑な作業を必要とする自動化テストに進みます。 これは、ITアウトソーシング管理の効率性のリトマス試験と見なすことができます。このような「トライアル」を通じて、ITアウトソーシングがどのようなものであり、アウトソーシングされたチームをうまく管理するために何が必要かを理解することができます。最悪の場合、アウトソーシングが期待に応えられない場合でも、コアでない機能にしか至らない、影響が小さいです。ビジネスの重要な部分には影響がありません。したがって、リスクは最小限に抑えられます。     一方、ITアウトソーシングが有望な結果を示している場合は、システムの経験と理解を、より大規模でより複雑なプロジェクト/機能に対して使用できます。 では、重要性の低い業務をどのように見だすのでしょうか。それは、何年にもわたって適用されてきた戦略的vs商品的アプローチという方法に繋がります。 この方法では、対象業務は2つの部分に分けられます。 競合他社との差別化を図らない商品。これらをアウトソーシングする ビジネスに不可欠な戦略的機能。これは社内に保管する。 ただし、実施方法は最終的な目標と契約の履行方法によって異なることを心がける必要があります。例えば、すでに商品的または戦略的機能として分類できている場合でも、品質確保とコスト削減をテーマとして、多数のサプライヤの入札を検討することがあります。多くの企業は、短期契約で2年間ほどこのようなアプローチを実施し、戦略的機能を外部委託できるかどうか検討します。契約の結果に応じて、アウトソーシングを続けるかどうか決めます。   2. 目標と要件を定義する 実際にプロジェクトを成功させるためには、ITアウトソーシングに何を期待するかを知っておく必要があります。コスト削減や大規模なタレントプールなど一般的で当たり前のことは目標にはなれません。目標をより小さな目標に分割する必要があります。各目標に実施するアクション、対象、および項目のチェックリストを含むようにしましょう。 例えば、パフォーマンステストをアウトソーシングしたいとします。プロセスの各段階に対して、全体的な要件をより小さな要件に分割します。 要件分析:アウトソーシングチームに何を扱っているかを知ってもらい、プロジェクトを明確にするための質問リストを準備してもらいます。 テストプロセス:分析と、テスト戦略、テストプラン、テストスケジュール、テスト環境、テストビューポイント、テストデザイン、テストスクリプト、テストシナリオ、テストケースなどを作成してもらいます。 テストの実施:バグレポート、テストログ、テストレポートなどを作成してもらいます。プロジェクトレポート:プロジェクト全体の効率性のレポートを作成してもらいます。     上記の目的から、それらを達成するための戦略的な計画を図ることができます。 アウトソーシング対象を具体化することで、アウトソーシングプロジェクトの次のステップの課題と業務分担をさらに図ることができます。明確な目標と要件は、アウトソーシングチームの管理にも役立ちます。期待される結果に達しないものはすべてレビューされ、必要に応じてやり直されます。   3. 適切なアウトソーシングタイプを選択する 実際には、会社の地理的位置によってオンショア、ニアショア、またはオフショアのアウトソーシングが選ばれます。 ➡ オンショア開発は、次の場合に適しています。 サプライヤーとのコミュニケーションを優先する 言語や文化の壁について悩まされたくない より良い管理と監督のために、サプライヤーといつでも簡単に相談できるようにしたい   ➡ ニアショア開発のアウトソーシングは、次の場合に適しています。 継続的なコミュニケーションとコスト削減の両方を確保したい チームに文化的な親しみを持たせたい   ➡ オフショア開発は、次の場合に適しています。 コスト削減は最も重要 時差を気にしない より大きなタレントプールがほしい 優先順位に基づいて、上記のITアウトソーシングタイプから選択できます。   関連記事: ・オフショア開発を実施する際にどんな課題に直面しますか? ・なぜベトナムオフショア開発を実施すべきでしょうか?   4. 適切なIT…