ソフトウェアテスターを評価するための 適切な面接質問

ソフトウェアテスターを評価するための 適切な面接質問

  ソフトウェアテストは、製品の質を保証するためににソフトウェア開発ライフサイクルにおける必須の作業であるので、テクノロジー企業はテストチームを構築することが必要です。 市場でソフトウェア開発者の数が増えていることと反対し、ソフトウェアテスターは豊富ではありません。テスターの需要が高くなっているが、企業は新卒業生である候補者を拒否する傾向にあります。その理由で、テスターの不足という状況は驚くべき問題になっています。     テスターに高給を支払う企業も増えてきましたが、、経験豊富なソフトウェアテスターを採用できることは本当に困難です。したがって、ジュニアテスターのスキルと知識を高めようと努めている企業もあります。 ソフトウェアテスターの人材が豊富だが、経験の不足という状況に対応するように、企業は候補者向けて必要なスキル等につてい徹底的なチェックリストを準備することが必要です。下記はソフトウェアテスターを採用する際に、企業が考慮すべき技術的側面です。 テストの種類とテストへのアプローチ方法に関する基本的な知識 テスト環境 異なる分野における候補者のテストに関する知識と経験 テストツール テストプロセス   面接担当者が面接プロセスについて明確にすべきなこと 探しているテストエンジニアの種類:テストに関して最も人気のある2つの仕事は、手動テストと自動化テストです。それぞれの仕事に対して、面接時に適当な基準を考慮すべきです。 ターゲット分野:あなたのビジネスが特定の業界・分野内でサービスまたは製品を提供している場合は、ターゲット分野を明確にするのは複雑ではないようです。しかし、人材を募集するITアウトソーシングベンダーに対して、次のプロジェクトの分野を定めることは、最適な候補者を見つけることに役だちます。 テスター向けて適切なキャリアパス:仕事を探す時に、テストエンジニアはその企業が自分のキャリアパスにどうように役立つかをすごく関心します。それで、将来の対立を避けるために、雇用者と候補者の両方は出されるキャリアパス制度の均一を確保してください。 才能のギャップは一般的ですが、市場に出回っているテスターを雇わなければならないという意味ではありません。 テスターに何を求めているかを慎重に検討することで、適切な候補を見つけることは完全に難しい課題ではありません。   1. テストの種類とテストへのアプローチ方法に関する基本的な知識 テスター仕事に​応募したいすべての受験者は自分が取り組んでいきているテストタイプについて基本を把握することが必要です。例えば、GUIテストとAPIテストの違いが指摘できない場合、これは候補者にとって大きなデメリットになる可能性があります。基本的な知識が不足しているのはトレーニングに費やされる時間はさておき、作業中に多くの問題につながる可能性があります。     しかし、面接官は、テスト種類の基本的な知識について質問への回答だけを踏まえて、面接結果を決定すべきではありません。これらの回答を通じて、候補者の理論的知識の把握がどのレベルかを評価することだけができます。 手動テストと自動化テストにつきまして、面接官はそれらの違いに関していくつかの質問をする必要があります。 これらの質問は、テストについて候補者全体的な知識を評価ことに役立ちます。   2. ソフトウェアテスト環境 簡単に言うと、テスト環境とはソフトウェアが正しく動作するか否かの検証作業を行う環境のことです。     テストプロジェックにおける候補者の能力を深く掘り下げたい場合は、下記にようなテスト環境について具体的な質問をする必要があります。 受験者がテスト環境をセットアップするプロセスはなんでしょうか?このプロセスは十分に徹底しているか、システムのプロセスと類似していますか? 候補者は複数のテスト環境をどのように設定しますか? テスト環境に関する気をつけるべき要素はなんでしょうか?   3. 様々な分野における候補者のソフトウェアテストに関する知識と経験 デジタルトランスフォーメーション(DX)は現在生活のあらゆる側面に関係しているのは、ソフトウェアテストの需要が段々高くなることにつながります。ソフトウェアテスト作業は金融と銀行、ヘルスケア、農業、娯楽など分野における一般的になっていきます。 特定の分野によって、ソフトウェア構造が違うので、ソフトウェアテストプロセスも異なります。     例えば、金融および銀行システムでは、面接官はセキュリティテストプロセスについて候補者に尋ねる傾向にあります。 この理由は、金融機関や組織にとって、データセキュリティが最優先事項であるからです。個人情報と財政状態は、流出リスクが極めて高いと言われています。この分野でテスターとして働きたい候補者は、各トランザクションの安全性と正確性を確認する必要があります。金融や銀行で働く企業にとって、候補者がセキュリティテストをどのように実施するかについて質問を出たしたほうがいいと思います。   4. ソフトウェアテストツール テストツールの種類がたくさんあるが、この記事ではプロジェックマネジメント支援ツールと技術に関連するツールを強調したいと思います。 まず、プロジェックマネジメント支援ツールは不具合修正と再テストの実施状況の管理、インシデントの管理や不具合の追跡などテストに関する様々なことができます。それで、面接の時、そのツールの使用に対して候補者の経験に関する質問を出ることをお勧めします。 次、技術に関連するテストツールについて、下記のような7つの主要な種類にテストツールを分ける必要があります。 検出テストツール モバイルアプリテストのツール クロスブラウザテストのツール…

テスト自動化アウトソーシング :投資対効果 (ROI) を最大化するの5つのステップ

  最近、アウトソーシングは企業のコストを削減するのに役立つだけでなく、戦略的管理のための効果的な選択にもなりました。典型的な例は、テスト自動化アウトソーシングです 。企業の製品やアプリの品質を向上させ、ビジネスリスクを軽減するのに役立ちます。テスト自動化と品質保証で10年以上の経験を持つLQAのテストチームは、ROIを最大化するためのテスト自動化アウトソーシングに関する5つのヒントを提供します。   1. エンゲージメントモデルを調べ テスト自動化アウトソーシングモデルのタイプを決定するべき。 アウトソーシングプロジェクトをどの程度管理したいのかを考えましょう。より細かく制御し、リスクを軽減するために作業をより小さなプロジェクトに分割できるようにしたい場合は、インクリメンタルアウトソーシングが最適です。ただし、コアビジネスに集中し、テストアクティビティを第三者に任せたい場合は、トータルアウトソーシングが最良の選択だと思います。 ベンダーのパフォーマンスを管理するプロジェクトマネージャー(PM)を任命すること。 オンサイトモデルとオフショアモデルのどちらを採用する場合でも、プロジェクトマネージャーをクライアント側に派遣することで、ベンダーの能力を評価し、ベンダーのパフォーマンス管理プロセスを設定し、SLA義務の履行と適時性を追跡できます。   2.独立で高能力のベンダーを選択 同じ初期投資で、ROIの数値はベンダーによって異なります。独立品質保証会社は、客観性と徹底性を提供できるため、お気に入りのベンダーになりつつあります。さらに、テストに重点を置いているため、独立したQAベンダーは、適正価格で最高品質の結果を引き出すことができます。独立ベンダーは専門知識を提供できることが: 全体のテスト自動化戦略を作成すること。 柔軟なテスト自動化アーキテクチャを設計、開発、維持すること。 最良のテスト自動化フレームワークを選択するのアドバイス。 UIとAPIレベルの両方で自動化をサポートすること。     3.水平方向のコラボレーションを設定 双方にとってより有益で便利なものにするために、ベンダーとのコラボレーションは水平レベルで実行する必要があります。 詳しくは以下のように: 当社側 コラボレーションの側面 ベンダー側 CTOあるいはCEO 戦略的整合、長期的な優先順位付け CTOあるいはCEO ソフトウェア開発/ QAチームリーダー サービスレベルアグリーメント(SLA)の調整、KPIレビュー、契約の修正 アカウントマネージャー プロジェクトマネージャ QA活動の優先順位付けとスケジューリング、リスク管理、プロセス調整 テスト自動化マネージャー ビジネス分析、ソフトウェア開発、品質保証エンジニア 毎日のコラボレーション テスト自動化エンジニア     4. Establish performance measurement metrics テスト自動化のメリットの1つは、簡単な測定と測定基準であいまいさを減らすことです。 作業単位は小さな成果物(1つのテストケース)であるため、1人あたり、1日に自動化されたテストの数を簡単に測定し、メンテナンスにどのくらいの労力が費やされているかを把握し、最終的にROIの決定に到達できます。 メトリックの確立には、次のアクティビティを含める必要があります: ベンダーとのSLAおよびパフォーマンスメトリックを設定すること:パートナーシップを開始する前に、両当事者が協力して包括的なSLAを把握する必要があります。 さらに、契約には、ベンダーの責任と、サービスを測定するKPIも明確に記載するべきだと思います。 テスト自動化のアウトソーシングで発生する可能性のあるリスクを軽減すること:作業プロセスでは、技術的およびリソース関連のリスクにより、追加のコストとサービス提供の遅延が発生する可能性があります。特定されたリスクについて、管理者は軽減および緊急時対応戦略を策定するべきです。具体的な例の1つは、プロジェクトの負荷が変動する場合、マネージャーは、プロジェクトの負荷の事前定義された制限内での柔軟なリソース割り当ての可能性についてベンダーと交渉する必要があります。 SLA条件が遵守され、満たされていることを確認:プロジェクトマネージャーは、テスト結果レポートを定期的に確認する必要があります。 テストカバレッジや自動テストあたりのコストなどの指標の組み合わせに注意を払うことが大事です。   5.…

ベトナム-それは品質保証アウトソーシングの期待の星

 

以前の記事で、品質保証アウトソーシングの5つの理由をご紹介しました。そして今、皆さんはどの国にアウトソースすべきかお悩みのことと思います。

 

Gartnerの調査(2016)において、ベトナムはアジアのティア1新興市場の場所であり、アウトソーシング先のトップ5に選ばれています。ATKearneyの調査(2017)では、ベトナムは2017年のグローバルサービスロケーションインデックスで第6位に位置付けられています。ベトナムの人件費の低さは他の主要ITO国とは一線を画しています。また、ベトナムは企業からの多くの直接投資(FDI) を受け入れてきたため、ベトナムはIT投資の有力候補地と言えます。

 

Resorz Japanの調査(2016)では、日本企業がオフショア先として、ベトナムを最も検討していることがわかりました。その大きな要因として、日本とベトナムには地理的、文化的に類似点が多いことが挙げられます。その上、ベトナムは親日国であり、日本の文化はベトナムに広まっているため、日本の文化とベトナム人の気質(勤勉さ、丁寧さなど)は相反することはありません。

 

結論として、まず、ベトナムはITサービスのアウトソース先として海外企業にとって魅力的な場所であることが言えます。

LQAインターンの証言

Lotus QAはベトナムを筆頭するQA会社であるだけでなく、世界中の学生にとって仕事経験を勉強、取得する理想的な教育の場である。インターンシップを終えた人々の会社について考えたことを聞いてみよう。

Colin(シンガポール出身)- QA部門
LQAで過ごした中で、私は多くの知識を得ました。Toanさんの素敵なガイダンスを通して自動化テストについて学びました。また、web課ではHTMLとCSSについて学びました。LQAは、友好的な同僚から活気のある企業まで、素晴らしい職場環境を提供します。遭遇する障害は学習と成長の足がかりであり、職場環境に慣れることは私が克服しなければならない障害の1つで、言語の障壁も小さな障害でした。しかし、LQAは、インターンシップ中ずっと私を助けてくれた友好的で親切な人々でいっぱいのオフィスです。私のチームリーダーでありスーパーバイザーであるToanさんは、私がLQAに足を踏み入れて以来、常に尊敬してきた人物であり、オートメーションテスターとしてだけでなく、人としても尊敬しています。 LQAで働きたい人へのアドバイスとしては、研究を行い、できるだけ多くの友達を作りましょう。そして最後になりますが、LQAでの時間を楽しんでください。

 

Bryan(シンガポール出身)-QA部門
LQAで過ごした時間は多くのことを学んだ実りあるものだった。コミュニケーションやチームとして働き自分のスキルを向上させるだけでなく、JavaとC#プログラミング言語の機械的なスキルも磨いた。LQAはほとんどみんな手を貸そうと話しかけてくれるし、仕事環境はとても伝導性のある良い職場だと感じた。仕事をしている期間多くの困難に直面したが、何も私が仕事を理解できないときや何も助けがないとき私は監督者に助けを求めることが出来た。私の監督者は私にとても強い影響を与えてくれ、彼はほとんどの時間私と一緒に仕事をしてくれ、忙しいのにもかかわらず、私が困難に直面していると、私のために時間を割いてくれた。LQAに加わってインターンシップをしようと考えているインターン生を私はぜひとも奨励したい。もっとインターンシッププログラムについて知りたいことがあれば、どうぞお気軽にメールでご相談ください。

翻訳者:佐藤唯奈, 土屋孝太

[ベトナムオフショア]  そのメリットと導入の際の注意点を徹底解説!

現在日本ではエンジニアの人材不足が深刻な問題となっています。その問題を解決するのがオフショア開発です。この記事では ベトナムオフショア 開発に焦点を当てて、その最大のメリットと呼べる3つの点と実際にオフショア開発をする際の注意点などを詳しく解説します。