2021年のモバイルテスト流行~トップ5

2021年のモバイルテスト流行~トップ5

 

B2C企業がモバイルアプリを使用して、eコマース、銀行、マーケティングへの消費者の関心を引き付けている一方、B2B企業は、モバイルアプリを通じて、企業の運営を管理し、従業員のパフォーマンスを追跡し、パートナーと協力します。モバイルアプリの頻繁な使用に伴い、アプリの品質を向上させることが求められています。モバイルアプリに関する品質保証の最近の動きにご興味を持っていましたら、 モバイルテスト流行 ~トップ5つの流行トピックを見てみましょう。

 

テスト自動化

 

モバイルアプリ特徴の1つは、開発者がユーザーの要求に適応するために新しいバージョンを頻繁にリリースする必要があります。このため、多数のテストケースを繰り返し実行する必要があります。ここで、テスト自動化が革新的なソリューションになりました。Capgeminiが実施したWorld Quality Reportでは、57%の企業が、テストの自動化がテストケースの再利用に役立つと述べています。一方、65%は、テストサイクルタイムが短縮されたと言っています。

 

2020年の モバイルテスト流行

 

 

自動化への投資収益はコスト減少と効率向上だけでなく、市場投入までの時間(TTM)などのビジネス目標の達成からもたらされました。さらに、今年のCTO達は、テストの透明性とセキュリティについてより懸念しているようです。69%はテストの自動化がテスト活動のより良い管理と透明性を得るのに役立つと述べています。 62%は、テストの自動化によって全体的なリスクが軽減されると考えています。

 

IoTテスト

 

モノのインターネット(IoT)はモバイルアプリを通じて、スマート家電、スマートカー、スマートウォッチなどの資産を制御できます。テスターは、モバイルアプリとIoTデバイス間の相互作用が中断されないように、アプリの品質、セキュリティ、接続性、およびパフォーマンスを確認する必要があります。ただし、IoTデバイスには第三者によって開発されたクラウドベースのインタラクションレイヤーがあることが多いので、統合テストの実行は簡単ではありません。それに加えて、テスターは、IoTデバイスの多様性のために、実行する必要のある膨大な数のテストケースについても懸念しています。したがって、エミュレーターでのテストでは、QAチームの要件を満たすことができません。その結果、クラウドでのテストの人気が高まっています。

たくさんの障害に直面していますが、企業はIoTの流行に適応する方法を模索しています。多くの企業は、人工知能の機能を適用して徹底的にテストし、さらにIoTエクスペリエンステストを実施することを検討しています。

 

モバイルテストに対する5Gの影響

 

前世代と比較して、5Gネットワークには多くの革新的なテクノロジーがあり、テスターがモバイルテストを実行する方法に大きな影響を与えます。5G接続に関しては、ゲームを変える3つの主要なテクノロジーが拡張モバイルブロードバンド、超信頼性の低遅延通信、および大規模マシンタイプ通信(mMCT)です。

5Gはより広い帯域幅を提供するからより高速なデータレートとより優れたユーザーエクスペリエンスを与えます。このテクノロジーにより、5Gネットワークは360度のビデオストリーミングとVR / AR体験を可能にします。その結果、高速インターネットオフィスでモバイルアプリをテストすることは十分に効率的ではありません。さらに、データ転送の待ち時間が短縮されます。それで、遠距離でのより高速な情報受信が可能になり、モバイルアプリのパフォーマンスに大きな影響を与えました。一方、mMCTは、より少ない電力で多数のIoTデバイスとの接続をサポートするモバイルデバイスのバッテリーテストが変更されます。

 

アジャイルとDevOpsアプローチ

 

アジャイルとDevOpsは、継続的テストで人気のある方法になりました。テスターと開発者の両方のノウハウとスキルを組み合わせて、アプリの開発と展開を強化するという究極の目標を持って相互のサポートをします。アジャイルとDevOpsのアプローチは、企業が欠陥をより効率的に見つけて修正し、新しいバージョンをより頻繁にリリースするのに役立ちます。

World Quality Reportによると、アジャイル手法の中でScale Agile Framework(SAFe)とDynamic Systems Development Method(DSDM)がIT企業に最も好まれています。2015年から2017年にかけて、SAFeは31%から58%に増加し、DSDMも31%成長しました。同じレポートでは、回答者の88%以上がITチームにDevOpsの原則を適用しているとも述べています。

 

クラウドでのテスト環境

 

モバイルユーザーは2021年末に15億人に達すると推定されています。モバイルデバイスにはさまざまなOSバージョン、画面解像度、データストレージがあります。企業はあらゆる種類の携帯電話を購入できるわけではないため、モバイルテストに障害を引き起こします。その結果、テスターは実際のデバイスをテストするためにクラウドを使用する傾向があります。クラウドベースのテスト環境の使用が増加するもう1つの理由は、近年の仮想化の傾向です。これにより、クラウドおよび仮想テストツールの需要が高まり、企業がクラウドベースのテストサービスを提供する機会が増えます。

 

2021年の傾向により、QAチームは多くの課題に直面しました。適切な戦略でモバイルテストを実行する方法はまだ難しい問題です。この問題を知っているLotusQAは、モバイルアプリの品質保証に関するウェビナーを開催致します。

興味のある方はこちらで

モバイルテスト

モバイルデバイス を選択する方法

モバイルデバイス や モバイルアプリケーション はデスクトップアプリケーションとは 大きく異なります。それで、テストの中では、これらの機能をテストする必要 があります。 モバイルデバイス の特徴     ハードキーボード、仮想キーボード(タッチスクリーン)など、さまざまな画面サイズとハードウェア構成 デバイスのメーカー(HTC, Samsung, Apple) OS(Android, Symbian, Windows, IOS) OSのバージョン(iOS 5.x, iOS 6.x, BB5.x, BB6.x etc.) OSの定期的な更新(android- 4.2、4.3、4.4、iOS 5.x、6.xなど)、更新ごとに、アプリケーションの機能に   影響がないことを確認する必要 がある。 モバイルデバイス はデスクトップより 画面が小さい。 モバイルデバイスはデスクトップより メモリが小さい。 モバイルデバイス は通常2G、3G、4Gまたは WIFIネットワーク接続を使用しますが、デスクトップコンピューターは ブロードバンド または ダイヤルアップ接続を使用する。 テスト自動化のツール はモバイルアプリケーション上では 動かない。   モバイルデバイス の限界   CPU プロセッサー の限界 RAMの限界 ソースに左右される バッテリーの寿命 (重要なことに、現在企業では)テスト用機器の深刻な不足…

試験方法

テスト設計技法

1)テスト設計技法 とは? テスト設計技法 は、具体的に特定のシステムで 可能なテストの総数から 適切なテストセットを選択するのに役立つ。ソフトウェアのテスト技法には さまざまな種類が あり、それぞれに 長所と短所がある。 完全なテストは  不可能であるため、手動テストは、テストの品質を確保しながら テストケースの数を減らし、識別が難しいテスト範囲 と 条件を識別するのに役立つ。 2. テスト設計技法の種類 テスト設計技法 には多くの種類が ありますが、主に次の2つの種類がある。 2.1) 静的テスト 静的テストは、ソースコードを実行し、または ソフトウェアシステムを実行しないタイプのテスト 技法だ。例えば、仕様書、設計書、ソースコードの確認によるエラーの発見など。 ソフトウェア開発のライフサイクルの早い段階で 行われるため、検証プロセスで 行われる。 静的テスト技法は、ソースコード、設計とモデルのドキュメント、機能仕様、必要な仕様など、あらゆる形式のドキュメントをテストするために 使用できる。 静的テスト手法には 通常、次の方法が 含まれる。 非公式レビュー:ミーティングのアーカイブを必要としない、または 記録する必要がない評価プロセス。 ウォークスルー:これは、テストサイクルの参加者に 知識を伝達するために、ソフトウェアロジックに 精通している人が 説明する一種の指示。 テクニカルレビュー: ソフトウェアの技術評価に 焦点を当てている。モデレーター または 技術専門家が関与する技術知識を持つ人が 主導。 技術的なコンテンツについて 合意に達して 意思決定することに 焦点を当てたディスカッションだ。 検査: その目的は、プロセスにおける各人の役割 と ソフトウェアの入出力基準を明確に定義すること。これにより、エラーを発見し、プロセスを最適化するために 集計および分析する。 2.2) 動的テスト 動的テスト技法は、コードが 実行されたとき、またはコードを実行して、アプリケーションの機能を確認するための一種のテスト。 つまり、動的なテストは、実際に アプリケーションを使用して、関数が期待どおりに…

試験方法

ホワイトボックステスト

ホワイトボックステスト ソフトウェア製品は 人間によって 構築されているため、間違いがあるはず。したがって、問題やエラーがないかどうかを確認するために、個人、グループ、または組織をテストする必要がある。ソフトウェアテストでは、テストの各レベルで 効果的なテスト戦略と手法も必要。 ソフトウェアテストは、ホワイトボックステスト と ブラックボックステストという、異なるスキルを必要とする2つの部分で 構成されている。 このトピックでは、ホワイトボックステストについて 詳しくご説明いたします   1) ホワイトボックステストとは ホワイトボックステストとは システムのテスト手法の中、特にどのような論理構造で 作成されているかに 着目したテストのことである。 ホワイトボックステストでは、プログラムの外部仕様には 着目せず、論理を実現するために使われている命令や、分岐が正しく動作するか、といった部分について チェックが行われる テスターは、コードを介して パスを実行する入力を選択し、適切な出力を決定する。 したがって、プログラミングのノウハウ と 実装の知識は 不可欠。   2) ホワイトボックステストの対象 テストオブジェクトは ソフトウェアコンポーネントだ。 ソフトウェアコンポーネントは、機能、機能モジュールなど。   3) 該当レベル ホワイトボックステストは、次のレベルのソフトウェアテストに適用できる。 単体テスト:プログラムを構成する比較的小さな単位(ユニット)が 個々の機能を正しく果たしているかどうかを検証するテスト。 統合テスト:システム開発におけるプログラムの検証作業の中でも、手続きや関数といった個々の機能を結合させて、うまく連携・動作しているかを確認するテスト。 システムテスト:システムやソフトウェアを構築したあとに 実行するテスト。   ただし、これは主に単体テストに適用される。   4) ホワイトボックステストの長所と短所 長所 テストは より早い段階で 開始できる。 テストは より徹底的で、ほとんどのパスをカバーする可能性がある。 短所 テストは 非常に複雑になる可能性があるため、プログラミング と 実装に関する完全な知識を備えた高度なスキルを持つリソースが必要。 実装が頻繁に変更される場合、テストスクリプトのメンテナンスは…

LQA-logo

モバイルアプリケーション テスト チュートリアル2

モバイルアプリケーション テストは モバイルテストの中の 一種です。詳細 については、モバイルテストチュートリアル1の記事の モバイルテストの部分を参照してください。 1、モバイルアプリケーションのカテゴリ   モバイルアプリケーションの場合、次の3つのカテゴリに分類できます。 ・タイプ1:ネイティブアプリ、iOS、Android、Windowsなどのプラットフォーム専用に それぞれの言語で 記述されたアプリ。 ・タイプ2:Webアプリケーション、Webベースのアプリケーション。モバイルデバイス ユーザーは、Chrome、Firefox、Safariなどのさまざまなブラウザーを使用して、m .facebook.comなど の使用するWebサーバーに アクセスします。 ・タイプ3:複合アプリケーション、ネイティブアプリケーション と Webアプリケーションの組み合わせは、オフラインとオンラインの両方で 実行でき、HTML5、CSSなどのWeb作成技術が よく使用されます。 これを考慮すると ・ネイティブアプリケーションは 特定のオペレーティングシステムでのみ実行できますが、モバイル Webアプリケーションは HTML および Javascript をサポートするすべてのモバイルブラウザーで 実行できます。 ・ネイティブアプリケーションは SDKなどのプラットフォームで 記述され、モバイル Webアプリケーションは HTML、CSS、ASP.NET、JAVA、PHPなど のWebテクノロジーで 記述されています。 ・ネイティブアプリケーションの場合、インストールする必要がありますが、モバイル Webアプリケーションの場合、インストールする必要は ありません。 ・ネイティブアプリケーションは アプリストアから更新できますが、モバイル Webアプリケーションは 一元的に更新されます。 ・ネイティブアプリは インターネットに接続していなくても 動作する場合がありますが、モバイルウェブアプリは 常に インターネット接続が必要です。 ・ネイティブアプリは、モバイルウェブアプリよりも 高速に動作します。   2、モバイルアプリケーションをテストするための特別なテストケース  …

テストの種類

テストの種類

テストの種類 と テストレベルは、多くの人がよく混乱する2つの概念であり、これらもISTQBテストで よく尋ねられる2つです。前回の記事では、テストレベルについて 説明いたしましたので、今回はテストの種類について お伝えたいと思います。 1、機能 テストの種類 機能テストは、コードの特定の動作または機能を検証するテストを指します。これらは通常、要件や仕様書に記載されていますが、一部の開発方法論ではユースケースから機能します。機能テストではよく「ユーザーがこれを実行できるか」と考えます。   機能テストは、需要とビジネスプロセスの2つの観点から実行できます。  需要の観点から  +機能要件の仕様書を設計のテストの基礎として使用。  +要件の内容は、最初のテスト項目にも、テスト済みまたは未テストの項目のリストとしても使用可。  +テストプロセスの優先順位の要件に基づき、高リスクの要件を優先させる必要がある。    ビジネスプロセスの観点から  +ビジネスプロセスでは、システムの日常業務に関して説明する。  +ユースケースはオブジェクト指向開発から派生してるが、現在では多くの開発ライフサイクルで一般的になっている。  +ビジネスプロセスを出発点として、ビジネスプロセスはユーザーが実行するタスクから派生する。  +ユースケースは、ビジネスの観点から見るとテストケースの有用なベーである。   機能テストの特徴  ・セキュリティ:プログラム及びデータへの偶発的または故意の不正アクセスの防止。  ・適合性:ユーザーのニーズに対するソフトウェアの適合性。  ・相互運用性:ソフトウェアと他のシステムとの相互作用。  ・精度:ソフトウェアによって提供される結果の精度。  ・コンプライアンス:規格、規則、規制、法律、等の機能に関連するコンプライアンス。   機能テストの種類  ・スモークテスト:スモークテストは、ソフトウェアに深刻な問題があるかどうかを判断するために使用されます。  ・機能テスト  ・UIテスト  ・データとデータベースの整合性テスト  ・ビジネスサイクルテスト  ・アクセス制御テスト      機能テスト五つのステップ ・目的のソフトウェアが実行する機能を決定します。 ・仕様書に基づいて入力データを生成する。 ・仕様書に基づいて出力を決定します。 ・テストケースを実行します。 ・実際の結果と要件を比較します。   2、非機能テスト 機能テストの特徴 ・使いやすさ:使用に必要な労力 ・保守性:特定の変更を行うために必要な労力 ・信頼性:指定された条件下で指定された期間、そのパフォーマンスを維持するソフトウェアの機能 ・移植性:ある環境から別の環境に転送されるソフトウェアの機能 ・効率:所定の条件下でのソフトウェアのパフォーマンスと使用されたリソースの関係   非機能テストの種類 ・性能試験 パフォーマンステストは、通常、特定のワークロードでのシステムまたはサブシステムのパフォーマンスまたは応答性と安定性を決定するために実行されます。…

ソフトウェアテスト – 日本企業のアウトソーシング

ソフトウェアテスト は、20年以上前、プログラミング、要件分析などの仕事に隠れた地味なものでした。しかし今やITオフショアサービス業界の発展に伴い、ソフトウェアテストは徐々に情報技術(IT)業界を代表する分野になりつつあります。

ソフトウェアテスト市場の現状

ソフトウェアテスト-市場

以前は、ソフトウェアテストは多くの場合、単にソフトウェア開発の一部だと解釈されていました。 したがって、ソフトウェアテストは「二次的な」仕事であり、開発側に大きく依存しており、産業としても仕事としても発展する可能性がないという考えが多くありました。

大学でさえ、ソフトウェアテストの知識とスキルが教育に取り入れられているものの、時間が限られており、ソフトウェアテストの専門のトレーニングコースはありません。

 

ソフトウェアテストのアウトソーシングは本当に企業にとっていいのか?

software testing-best-direction-outsourcing

 

ソフトウェアテストの重要性は、顧客の信頼を構築するための基盤である製品品質の確保に役立つため、軽視できません。このことから、ソフトウェアテストはIT業界の中でますます存在感が大きくなっています。2016年から2020年にかけて、この市場は11%成長すると予測されています。

また、ITオフショアサービス業界の競争圧力の下では、一般的に、IT企業とアウトソーシング先企業はそれぞれ異なる価値を持ち、それぞれが市場の中で生き残っていく方針を見つけ出す必要があります。ソフトウェアテストはそれに対する解の一つでもあります。

それだけでなく、ソフトウェアテストとプログラミングにはさまざまな専門技術が必要なので、専門的なソフトウェアテストサービスの開発が不可欠になります。2010年以降、世界中のIT企業の一部は、Dell、Hitachi、Toshiba、NEC、Mitsubishiなどのソフトウェアをテストするために、オフショア先としてベトナムのソフトウェア会社を採用し始めています。

テストアウトソーシングのパイオニアたち

software testing-best-direction-outsourcing

ソフトウェアテストアウトソーシングサービスについては、Global CyberSoft、TMA、PSV、Shift Asiaなどが成功例として挙げられます。LQAのように、テストアウトソーシングの可能性に備えて、さまざまな企業が設立されています。

(https://www.lotus-qa.com/body-shopping-tester/)

 

テストサービスの詳細については、こちらを参照してください。


Lotus Quality Assurance (LQA)

電話番号: (+84) 24-6660-7474
メール: hello@lqa.com.vn
ウェブサイト: https://www.lotus-qa.com/

試験方法 の注意点

ソフトウェア業界には、現在非常に多くの 試験方法 が適用されています。この記事では、最も一般的に適用される3つの基本的なテストと、その長所と短所を紹介します。ブラックボックステスト、ホワイトボックステスト、グレーボックステストを紹介いたします。   1、ブラックボック 試験方法   1−1、ブラックボックステストの定義 ブラックボックステストは、内部構造や動作を覗き込むことなく、アプリケーションの機能(ソフトウェアの機能など)を調べるソフトウェアテストの方法です。 1−2、ブラックボックステストの長所 ・テスターはコードの知識を理解する必要がない。 ・より多くのバグを見つけられる。 ・開発者が自分で客観的なテストを行うことができる。 1−3、ブラックボックステストの短所 ・少数の入力のみをチェックでき、多くのプログラムパスまたは少数のセクションはチェックされない。 ・ソフトウェア設計者/開発者がテストした場合、テストが冗長になる可能性がある。   2、ホワイトボックス 試験方法   2−1、ホワイトボックステストの定義 ホワイトボックステスト(クリアボックステスト、ガラスボックステスト、透明ボックステスト、または構造テストとも呼ばれます)は、ブラックボックステストとは対照的に、内部構造またはアプリケーションの動作をテストするソフトウェアをテストする方法です。ホワイトボックステストは、ソフトウェアテストプロセスのユニット、統合、およびシステムレベルで適用できますが、通常はユニットレベルで実行されます。 2−2、ホワイトボックステストの長所 ・自動化が簡単。 ・テストを停止するときは、明確な技術ベースのルールを提供する。 ・テストの専門家にエラーテストについて慎重に考えさせるので、バグが完璧に見つかる。 2−3、ホワイトボックステストの短所 ・時間と手間がかかる。 ・依然エラーを完璧に発見することはできない。 ・テストに関する広範な経験と専門知識が必要。   3、グレーボックス 試験方法   3−1、グレーボックステスの定義 グレーボックステストは、ホワイトボックステストとブラックボックステストの組み合わせです。このテストの目的は、不適切な構造またはアプリケーションの不適切な使用に起因する欠陥を見つけることです。 3−2、グレーボックステスの長所 ・ブラックボックステストとホワイトボックステストの組み合わせであるため、より最適な場合がある。 ・グレーボックス方式によるテストでは、複雑なテストシナリオをよりスマートに設計できる。 3−3、グレーボックステスの短所 ・分散システムアプリケーションのグレーボックステストを実行する場合、エラーをリンクすることは困難。 4、三つの試験方法の比較 ブラックボックステスト グレーボックステスト ホワイトボックステスト アプリケーションの内部構造が必要 テスターは、アプリケーションの内部動作に関する知識が少ない テスターは、アプリケーションの内部動作に関する完全な知識を持っている エンドユーザー、テスター、開発者によって実行 エンドユーザー、テスター、開発者によって実行 テスターと開発者が行う 外部の予想に基づく-アプリケーションの内部動作は不明 高レベルのデータベースダイアグラムとデータフローダイアグラムに基き行う 内部の仕組みは完全に分かり、それに応じてテストデータを設計 網羅的、短時間…

モバイルアプリテスト-ウェブテスト-違い

モバイルアプリテスト & ウェブテストの違い?

モバイルアプリテスト & ウェブテストの違い? みなさんご存知の通り、テクノロジーの発達により、スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスが広く普及しています。このような時代の流れにより、より高品質で、豊富で様々なコンテンツのアプリが求められるようになってきています。そして、これは開発側、テスタ側にとっては大きなチャレンジでもあります。特に、これまでウェブテストにしか関わってこなかったテスターにとっては尚更です。 それでは モバイルアプリテスト はウェブテストとはどのように異なるのでしょうか? 1、モバイルアプリテスト はより多くのテストプラットフォームを持つ モバイルアプリテスト は、モバイル機器の種類が多いため、はるかに複雑になります。モバイルアプリが全てのメーカー( Samsung, Sony, Nokia, HTC, Apple …)の全ての種類の機器(スマホ、タブレット) 、または全てのOS(iOS, Android, Windows, Blackberry …)のもとで動くことを保証することは至難の技です。 そのため、テスターはそれぞれに可能な限り多くのテストケースを用意し、安定したモバイルアプリケーションの構築ために、さまざまなデバイスでできるだけ多くのテストを実行する必要があります。   2、モバイルアプリテスト は頻繁に画面サイズが変わる   多くのメーカーは他のベンダーと競合するために、ユーザーのニーズや好みに合わせて断続的にスマホやタブレットの画面サイズを変更する傾向があります。そのため、テスターがテストを行う際は、新しい規格のインタフェースがレイアウトに不具合を起こさないかどうかを確認するために、様々な画面サイズを用意してテストをする必要があります。サイズボタン、テキストボックス、ラジオぼたんが変更されたかどうか等。 3、モバイルアプリテストにはUXが必要 開発者は、システムの機能が適切に動作するかどうかのみを気にすればいいですが、テスターにとっては、ユーザーをサポートするためにUX(ユーザーエクスペリエンス)が必要です。様々な状況下で使用が困難、または使用できない場合アプリケーションは未熟であるとみなされます。モバイルアプリケーションは全ての状況下で使用できるようにユーザーをサポートする必要があります。   4、モバイルアプリテストにはユーザーとの関係性が強い Webテストでは、テスターはキーボードまたはマウスを介してのみシステムと対話します。しかし、モバイルアプリテスト の場合は、タッチ、手を振る動き、目の動き、音などのさまざまな情報を扱います。そのため、テストするときは、それらのテストケースに対応する必要があります。 5、データのセキュリティとプライバシー 写真やビデオなどのアプリケーションは、プライバシー保護の観点から、他のフラットフォーム機能からアクセスできないようにする必要があります。モバイルアプリテスト の場合、カメラアクセス、写真データアクセスなどのデータアクセスとプライバシーのテストケースがあります。   6、モバイルアプリテストのエミュレーターとシミュレーターへの過度の依存が、実際のデバイス体験の欠如につながる ウェブのテストでは、テスト時の仮想環境と実際の武ライジングの間のギャップは非常に少ないです。モバイルアプリテスト の場合、よくエミュレーターやシミュレーターを使ってテストを行いますが、これらの環境は実際のデバイスを使用する時の感覚とは異なります。よって、エミュレーターやシミュレーターでは実行できないテストケースがあります。テスターはこのようなケースにも対応してテストを行う必要があります。 7、インストール、削除、アップデートに関するケース モバイルアプリケーションは頻繁にインストール、削除、アップデートされるため、テスト時には、新しいバージョンがどのように変化し、アプリケーションの動作に何が影響するかを把握する必要があります。 ではユーザーが複数のデバイスを持っている場合、またそれらのデバイスに異なるバージョンのアプリケーションがある場合はどうなるでしょうか。互換性、複数のバージョンの同時サポート、データストレージ、複数回のインストール/アップグレード機能など。これらの動作を安定させる上でアプリケーションのテストは重要な役割を果たします。 8、他のアプリの通知がきたときにアプリが機能するかどうか モバイルアプリケーションでは、ユーザーは多くの場合他のアプリケーションからの通知よって邪魔されます。このような通知や着信による邪魔が入ったときに、どのようにしてそれまで使っていた進行中のアプリの動作をうまく停止して保存するかは非常に重要です。このようなことはウェブのテストではありません。 9、機器の特別な機能のテスト テストの際には多くの懸念点があります。 ・アプリがどのくらいデータを消費するのか ・アプリがどのくらい電力を消費するのか ・アプリがバッテリーが少なくなった状況で動作するか ・どのくらい不要なデータが生成されるか   テストサービスの詳細については、こちらを参照してください。 Lotus Quality Assurance…

モバイルテスト

モバイルテスト チュートリアル1

モバイルテスト & スマートデバイスは近年のトレンドで、私たちの生活を変えつつあります。日々何百万ものアプリケーションがAppストアやGoogle Playからダウンロードされています。モバイルアプリは、教育、ヘルスケア、エンタメ等の社会の様々なニーズに対応して開発されています。モバイルテストはその中でも非常に重要な存在となっています。テストは高品質な製品を市場に投入する開発プロセスの中で非常に重要な役割を担っています。 1、モバイルテスト にはどのような意味があるのか? モバイルテスト によって、モバイルデバイスの機能や使いやすさ、システムの一貫性等の性能の品質が保証されます。 モバイルテストサービスについてもっと見る。   2、モバイルテストの種類 モバイルテストにはハードウェアテストとソフトウェアテストの二種類があり、ソフトウェアテストにはモバイルアプリケーションテストが含まれます。 2−1、ハードウェアテスト:プロセッサ、液晶の大きさ、解像度、メモリ、カメラ、ラジオ、Bluetooth、Wifi等をテストする。 2−2、ソフトウェアテスト(モバイルアテスト):モバイルアプリケーションのテスト。(ハードウェアテストと区別するためにモバイルアプリケーションテストとも呼ばれます) 3、モバイルテスト と他のテストの違い 3−1、モバイルテスト のデバイスの種類の豊富さ HTC、SAMSUNG、Apple、Nokia等の違うメーカー同士の製品は、液晶パネルやハードウェアの企画が違っている。 ・マルチプラットフォーム (iOS 6,7,8, Android 4.2; 4.3; 4.4, BB 5; BB6 …) ・デバイスごとにアプリケーションの稼働時間が異なる   3−2、デバイスのハードウェアによる制約 ・情報処理速度の限界 ・メモリ容量の限界 ・WAP / HTTPのプロトコルの違い   3−3、モバイルテスト のネットワークコネクションの難しさ ・ネットワークの違い(GSM / GPRS / WIFI / 3G …) ・データ送信の時間が予測できない ・物理的な接続速度の違い ・異なるネットワーク機能を持つ様々なネットワークのオペレーター   3−4、テストの種類 モバイルテスト に加えて、下記のような種類のテストがあります。…