第三者検証

第三者検証

テストは、ソフトウェアのライフサイクルを決定する重要な要素です。 高品質のソフトウェアのため、第三者検証の役割は何ですか?

第三者検証とは?

第三者検証(TPV)とは、ソフトウェア/システム開発者ではない人が、第三者の観点からソフトウェア/システムの品質を検証及び評価することを意味します。第三者検証により、開発者が気付かない欠陥を検出し、信頼性の高い高品質なソフトウェアを構築することができます。

包括的なシステムテスト、及び受入テストは、コストと納期のために削減される場合があり、十分なノウハウがなくても実行されることがあります。

 

第三者検証-Vモデル

 

ソフトウェアテストに特化し豊富な経験を持った専門チームがノウハウを蓄積し、効率的なテストを実現します。これにより、テスターエンジニアの慢性的な人材不足を解消することができます。

 

第三者検証を選ぶ理由

何故第三者検証が必要なのか?

1、ソフトウェアの品質を高めるため

サードパーティの検証は、ソフトウェアの品質を客観的に保証するために不可欠です。テストチームは開発側から独立し、製品が顧客の要件を満たしているかどうか、高品質であるかどうかを確認しています。独立したテスターは、開発側で働いているテスターよりも多くのエラーを見つけることができます。

2、経験豊富で熟練した人材

独立したテスト機関は、最良の方法でテストを実施するための経験豊富で熟練した人材を揃えています。

第三者検証-テストサービス

3、三者検証によりライフサイクルコストが削減

独立したテスト機関が気にしているのは、製品の品質要件への準拠です。将来的にメンテナンスを拡張する機能は、メンテナンスコストの削減に役立ちます。

第三者検証-メンテナンスコスト-削減

 

テストサービスの詳細については、こちらを参照してください。


Lotus Quality Assurance (LQA)

電話番号: (+84) 24-6660-7474
メール: hello@lqa.com.vn
ウェブサイト: https://www.lotus-qa.com/

テストについて知っておくべきこと

テストはテストの実装と言われることがありますが、これはソフトウェアとテストの実行のことを意味しています。テストの実装には、作ったソフトウェアを実際に動かして動作を確認するテストだけでなく、要件定義書、機能仕様書、ソースコードのレビューなど、様々なテストがあります。   テストの主な目的には以下のようなものがあります ・テストエラーを見つけること ・品質管理 ・製品の決定をサポートするための情報 (リリースされたかどうかなど) を提供すること ・エラーの発生を防ぐこと   テストとデバッグの違いとはなんでしょうか。テストはエラーを見つけることです。デバッグはエラーの原因を見つけて修正することです。テストの責任は一般的にテスターにありますが、デバッグの責任は開発側にあります。   A> テストの7原則 原則1:テストは欠陥があることしか示せない テストを通じて、ソフトウェアにエラーを見つけることはできますが、完全にエラーが起きないということを示すことはできません。テストをして故障が起きなかった場合、本当にそのソフトウェアに欠陥がなかったのかもしれませんが、偶然エラーが起きなかっただけの可能性があります。テストではソフトウェアのエラーを減らすことはできますが、エラーがなかった場合でも、そのソフトウェアが欠陥が無いということは証明できないのです。 原則2:全数テストは不可能である 全数テストとは、ソフトウェアに入力する可能性のある全てのパターンをテストすることです。データが膨大になり過ぎてしまう為、非常にシンプルなソフトウェアを除いてこれは一般的に不可能です。実際のテストでは、全てのケースをテストする代わりに、ポイントを絞ってテストが行われています。 原則3:できるだけ早くテストする バグの発生を防ぎ、バグを早く発見する為に、ソフトウェアの開発の段階からテストを進めるべきです。 原則4:エラーの偏在 ソフトウェアのエラーは特定のモジュールに集中していることが多いことから、過去の分析結果などを参考にしながら、テストの焦点を絞るのが良いとされています。 原則5:農薬のパラドクス 農薬を使っていると、そのうち害虫が耐性を持ち、効かなくなってくるのと同じように、ソフトウェアテストにおいても、同じテストを繰り返している中で、そのテストでは新たなエラーが見つからなくなってきます。これを回避する為に、定期的にテストケースを見直して、変更していく必要があります。 原則6:テストは要件次第 違う要件の下では、テストのやり方は変わってきます。例えば、銀行のシステムとウェブサイトでは、テストのやり方は完全に違います。ソフトウェアが使用される状況や目的に合わせてテストのやり方は変える必要があります。 原則7:「バグゼロ」の落とし穴 システムのテストエラーが起きないようにすることに集中しすぎて安心してはいけません。テストの工程の中で、欠陥を修正したことによる影響範囲や、新たな欠陥が無いか確認しないといけないからです。   B> 基本的なテスト段階 1、テスト設計とコントロール テスト設計は、テストの目的と仕様の決定作業です。 テスト制御とは、テスト中の計画と進捗を比較する作業です。   2、テスト分析と設計 抽象的な要件を特定のテスト条件またはテスト設計に変換します。  具体例: ・リスク分析レポート、インターフェース仕様などのテストベースのレビューなど ・優先度を指定してテストケースを設計する ・必要なテストデータを分類する   3、テスト実装とテスト実行 この段階では、テストケースやその他の必要な情報に基づいてスクリプトまたはテストの順番を作成し、環境を構築してテストを実行します。   4、成果とレポートの評価 テスト実装がテストの目的を満たしているかどうかの評価です。  具体例: ・テスト計画段階で指定されたテスト終了基準とテスト結果を比較する ・追加のテストが必要か、出力の基準を変更する必要があるかを判断します ・テストレポートを書く   C> テストの心理学   テスターと開発者はいつも、クライアントのニーズを満たす完璧なソリューションを作成する、という同じゴールを目指しています。しかし彼らの仕事と考え方は異なっています。開発者が適切な意見を持っている場合は、自分でテストできます。しかし、開発者とテスターの環境を分けた方がテストは効果的です。十分に訓練されたプロテスターによる、開発とは完全に独立した観点からのテストは、開発とテスターの双方向のフィードバックを得られるので、有益です。…

2019年Japan ICT DayへのLQAの出席

Japan ICT Dayとは、日越間のIT業界の交流を目的として毎年VINASAとVJCによって開催されるイベントです。このイベントは政府を含む、二国の様々な団体の後援によって開催されており、特に日越企業によって大いに支援されています。

 

今年のJapan ICT Dayは10 月21~25日にダナン市で開催されました。ダナン市はベトナムの東部に位置する美しい沿岸部の都市です。LQAはVINASAの一員としてこのイベントに参加し、日本企業との交流や現在の日本のIT市場におけるトレンドや市場機会ついての知見を広げることを目的としていました。

 

 

 

LQAはこのイベントで、日本企業は勿論、日本のITコミュニティの方や大学の方へもLQAのサービスを紹介し、前向きなフィードバックを頂くことが出来ました。日本の企業や組織の方々と意見交換を通して、LQAはアウトソーシングに関するトレンドや市場機会を学びました。このイベントは、今後、LQAが日本での更なる事業展開を考えるうえで、非常に有意義な時間であったと思います。

 

 

加えて、LQAは他のベトナムIT企業との意見交換を行うことも出来ました。

ダナン市の主要役員の方だけでなく、石川、福岡、沖縄といった日本の都市の役員の方々もこのイベントに参加していました。

LQA OLYMPIC 2019:一生懸命働き、一生懸命プレイする

先週の金曜日、LQAは「LQAオリンピック」と題したスポーツイベントを開催しました。LQA従業員や親密なパートナー様が参加し、全員が夢中になってスポーツに取り組んでいました。

 

このイベントはLQAが設立三周年という節を迎えた記念として企画され、従業員の健康を維持するため、また従業員同士の団結力をさらに高めるために、多くのレクリエーションやスポーツが行われました。参加者たちはこのイベントを楽しみながら、気分をリフレッシュさせていました。

LQAは自社のミッションの一つとして、従業員のキャリア形成とワークライフバランスの尊重を掲げているため、人事計画において従業員同士の親睦を深めることを重要視しています。LQAの取締役陣は、今まで企画されたイベント(夏休みの旅行、中秋節のお祝い、ミュージックアワー、LQA女性の日)に加え、今年度はスポーツイベントを開催することを決定しました。LQAのイベントは、心身の健康の維持と従業員同士の団結力強化に繋がっています。

 

 

日々の業務から離れ、LQAの従業員たちは近くのサッカー場に向かい、入念に企画された一大イベントに参加しました。その日は焼けつくような暑さでしたが、私たちは非常にハイテンションで、チーム一丸となってスポーツを楽しんでいました。チームの親睦を深めただけでなく、今まで社内で話したことがなかった同僚とも、仲良くなるきっかけを沢山得ることができました。

 

 

このイベントは、LQAの従業員にとって、忘れられない思い出となることでしょう。参加者たちはこのイベントを通して、気分をリフレッシュし、仕事へのさらなる活力を得ることができたはずです。

 三周年記念を迎え、今後LQAがさらなる成功の数々を手にして、世界に飛び立つ企業となることを心から祈ります。LQA、お誕生日おめでとう!!

 

 

 

ベトナム-それは品質保証アウトソーシングの期待の星

 

以前の記事で、品質保証アウトソーシングの5つの理由をご紹介しました。そして今、皆さんはどの国にアウトソースすべきかお悩みのことと思います。

 

Gartnerの調査(2016)において、ベトナムはアジアのティア1新興市場の場所であり、アウトソーシング先のトップ5に選ばれています。ATKearneyの調査(2017)では、ベトナムは2017年のグローバルサービスロケーションインデックスで第6位に位置付けられています。ベトナムの人件費の低さは他の主要ITO国とは一線を画しています。また、ベトナムは企業からの多くの直接投資(FDI) を受け入れてきたため、ベトナムはIT投資の有力候補地と言えます。

 

Resorz Japanの調査(2016)では、日本企業がオフショア先として、ベトナムを最も検討していることがわかりました。その大きな要因として、日本とベトナムには地理的、文化的に類似点が多いことが挙げられます。その上、ベトナムは親日国であり、日本の文化はベトナムに広まっているため、日本の文化とベトナム人の気質(勤勉さ、丁寧さなど)は相反することはありません。

 

結論として、まず、ベトナムはITサービスのアウトソース先として海外企業にとって魅力的な場所であることが言えます。

企業が品質保証テストをアウトソースする5つの理由

 

品質保証(テスティング)プロセスはソフトウェア開発において非常に重要なステップです。全ての業務を社内で行う企業もいる一方で、より多くの企業が品質保証プロセスを、専門的で効率の良いオフショア企業に委託しています。

 

CMA Groupの調査によると、企業が事業アウトソースする理由は、コストを安くして自社の主力事業により集中するため(60%)、自社サービスの質を高めるため(30%)でした。次にソフトウェア会社が品質保証テストをアウトソースするメリットについてご説明します。

独立した外部の品質保証会社にアウトソースする理由として、一般的に以下の5つが挙げられます。

 

  • コスト削減: テストツールは高価であるため、外部へアウトソースすることで、コストの削減、利益の確保を実現できます。

 

  • サービスの質向上: LQAのような品質保証のアウトソーシング会社は、常に質の高いテスティングサービスが可能です。訓練を重ねたテスター、最新のテスティング技術と確立された品質保証プロセスは、お客様の製品の質のより一層の向上に貢献いたします。

 

  • 公平な視点の組み込み: アウトソーシングは第三者視点を取り入れ、お客様の製品に客観性を持たせることができます。

 

  • リスクの分散: 自社でテスト設備を購入・保有すると、災害や事故が発生した場合に自社のテスト設備(資産)を失うリスクが生じます。また、品質保証を自社のみで行ってしまうと、万一品質保証に関する問題が発生した際に、その責任をすべて負わなければならないリスクが生じます。品質保証のアウトソースでは、以上のようなリスクを分散することができます。

 

  • 主力事業への集中: 専門分野(品質保証など)に特化したITOサービス企業と連携することで、自社の主力事業への集中が可能になり、自社の生産性向上に繋がります。

 

これら5つの理由により、品質保証アウトソーシングは最高の顧客満足度を確保することに繋がります。

 

結論として、大企業であってもスタートアップ企業であっても、品質保証アウトソーシングは企業の成長に大いに貢献します。

品質保証サービスやテスティングに関するご質問がご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。