過去5年間におけるLotusの賞・実績

「Amazing Lotus」過去5年間におけるLotusの賞・実績

Lotusの努力は5年後に報われました。2016年からの旅を通じて、全社員は、Lotusが世界のITサービスプロバイダーの中で際立つブランドになっている目指して、たゆまぬ努力を続けてきました。

弊社の一流のサービスは、ベトナムとどまらず世界の企業に認められます。これはLotusが国際的な顧客に近づけることに役立ちます。ロウタスグループは、将来に戦略的な開発計画で、より大きな成果を得ることを期待しています。
LQAは、一般的に品質保証の市場がまだ初期段階にあった2016年に設定されました。IT市場という新しく非常に有望な分野という機会を得て、LQAはベトナム初の品質保証会社として邁進しました。

この強みを生かして、LQAは信頼できるテクノロジー・ソリューション・プロバイダーになるための旅を続けています。5年の開発期間を経て、162のプロジェクト以上を通して蓄積された経験により、LQAは自分の能力だけでなく、顧客に最高な体験をもたらす可能性ことをを証明してきました。

  • プロセスの面:LQAはISO 27000:01の厳格な手順に従って最適なセキュリティと国際的に標準化されたプロセスを実現しているだけでなく、顧客の要求にも柔軟に対応しています。
  • 人材の面:LQAでは、厳格な面接、職場でのオリエンテーション、継続的な学習と開発を通じてスタッフの能力を確保しています。理論的な知識と実践的な実装が、私たちのプロセス全体に組み込まれています。
    その上、ビジネスアナリシス、デベロッパー、テスター、プロジェクトマネージャーなど、ポジションごとに異なるキャリアパスを用意し、技術的なスキルだけでなく、戦術的なスキルも身につけられるようにしています。
  • 技術の面:最先端のテクノロジーと実践的な経験により、LQAは日々進化する市場に適応し、お客様へのサービスの生産性と品質を向上させています。

今後、自社の能力を向上し、新しいテクノロジーグを継続的に更新し、素直に顧客の声を聞くこと等を中心し、グローバル展開を進めていきます。

自動データラベリングが未来の技術のはなぜ?

自動データラベリングが未来の技術になるのはなぜ?

自動データラベリングは、現在絶えず言及されている新機能であり、時間とリソースを要するカジュアルなマニュアルアノテーションの解決策とみなされています。1つのデータセットにアノテーションを施すのに何時間もかかるマニュアルデータラベリング(通称:マニュアルデータアノテーション)に対し、オートラベリング技術は、AIそのものを活用することで、よりシンプルに、より速く、より高度にデータを処理する方法を提案しています。

 

1. 通常のデータセットの扱い方

データラベリングの最も一般的でシンプルなアプローチは、もちろん完全な手動によるものです。人間のユーザーは、一連の生ラベル付けされていないデータ(画像やビデオなど)を提示され、一連のルールに基づいてラベル付けを行うことになります。例えば、画像データを処理する場合、分類タグ、バウンディングボックス、ポリゴン分割、キーポイントなどが代表的なアノテーションの種類です。

 

 

最も簡単で安価なアノテーションである分類タグは、わずか数秒で済むかもしれませんが、細かいポリゴンのセグメンテーションは、オブジェクトの各インスタンスごとに数分かかる可能性があります。
AIオートメーションがデータラベリング時間に与える影響を計算するため、ユーザーがオブジェクトの周囲にバウンディングボックスを描き、与えられたリストからオブジェクトクラスを選択するのに10秒かかると仮定してみましょう。これは私たちの経験的な証拠に裏付けられた観察可能な仮定です。

今回のケースでは、10万枚の画像と1枚あたり5個のオブジェクトからなる典型的なデータセットの場合、ラベリングには約1,500工数がかかり、これはデータラベリングだけで約1万ドルを費やすことに相当します。

また、ラベリングされたデータを手作業で確認するための品質管理のレイヤーを追加することが納品までの時間も長くなります。訓練されたユーザーでさえ、各バウンディングボックスの注釈をチェックするのに約1秒かかるため、ラベリングのコストが約10%増加します。

ワークフローの中には、コンセンサスベースの品質管理を採用する場合があります。これは、複数のユーザーが同じデータに注釈をつけ、その結果を統合/比較して品質管理を行うものです。コンセンサスベースのワークフローでは、コンセンサスを得るために重複した作業を行うユーザーの数に比例して、かかる時間と費用が大きくなります。簡単に言えば、3人のユーザーが同じ画像に3回ラベル付けをした場合、3回分のアノテーションの費用が必要になるということです。

ここで強調しておきたいのは、データラベリングにおいて最もコストのかかるのは下記の2つのステップです。

  • データラベリング自体
  • 品質管理のためのレビューと検証作業

したがって、オートラベル技術の最大の目的は、データラベリングと検証の両方にかかる時間を短縮することです。

ありがたいことに、AIと機械学習の進歩により、Auto-Label技術は大きく進歩しました。しかし、すべてのAuto-Labelテクノロジーが同じように作られているわけではなく、多くの場合、AIを使用する素朴な試みは、AIによって引き起こされたエラーを修正するために、より多くの人間の入力を必要とすることになります。そのため、選択したAIがデータのワークストリーム全体にどのような影響を与えるかを極めて慎重に判断しなければなりません。

ここでは、Superb AIのAuto-Labelとは一体何なのか、この技術の背景にある目的、そしてSuperb AIがこの分野でどのような進歩を遂げているのかをご紹介します。

 

2. オートラベリングのメリット

オートラベリングという言葉は、この分野では非常に新しい言葉ですが、それを実装し実現するための技術的進歩は高速で進んでおり、現在では多くのツールが市場に出回っています。では、データラベリングとはどのようなもので、どのようなメリットがあるのでしょうか。

2.1. オートラベリングとは?

 

 

オートラベリングとは、人工知能(AI)を応用してデータセットのエンリッチ、アノテーション、ラベリングを行うデータアノテーションツールに搭載されている機能です。この機能を備えたツールは、機械学習のためのデータラベリングにかかる時間とコストを削減するために、人間の作業を増強します。

ほとんどのツールでは、事前にアノテーションされたデータをツールに読み込むことができます。プラットフォームに進化しているより高度なツール(例えば、ツールとソフトウェア開発キット(SDK)を組み合わせたもの)では、AIを活用したり、独自のアルゴリズムをツールに持ち込んだりして、データをオートラベリングすることで、データエンリッチメントのプロセスを改善することができます。

また、作業者がアノテーションを検証できるように、アノテーションを提案する予測モデルを提供するツールもあります。また、内蔵されたニューラルネットワークを活用して、アノテーションを行うたびに学習する機能もあります。これらの機能はいずれも、機械学習チームの時間とリソースを節約し、データアノテーションのワークフローに大きな影響を与えるでしょう。

2.2. オートラベリングの優れたメリット

機械学習のために画像をアノテーションするツールを使用している組織との仕事の中で、オートラベリングがデータアノテーションのワークフローに適用された場合、2つの方法で役に立つことがわかりました。

データセットの一部または全部に事前にアノテーションを施します。自動化された後、作業者はアノテーションを確認、修正、完成させます。自動化ですべてのアノテーションを行うことはできず、例外やエッジケースが発生します。完璧とは言えませんので、必要に応じて人がレビューや修正を行うことを計画しなければなりません。

人に送る仕事の量を減らす。自動ラベリングモデルは、ユースケースやタスクの難易度などに基づいて信頼度を割り当てることができます。また、データセットにアノテーションを付与し、信頼度の低いアノテーションをレビューや修正のために担当者に送ります。

自動化機能を備えたツールを使用するチームと、同じデータに手動でアノテーションを行うチームに分かれて、時間をかけた実験を行いました。自動ラベリングが低品質な結果をもたらし、アノテーション作業に要する時間が長くなるケースもありました。一方で、自動ラベリングが有用な出発点となり、作業時間が短縮されたこともあります。

 

 

ある画像のアノテーション実験では、自動ラベリングに人力によるレビューと改善を組み合わせることで、100%手作業によるラベリングプロセスよりも10%速くなりました。この時間短縮は、自動化が時間をかけて学習されるにつれて、40%から50%の速度に増加しました。

また、車両については5ピクセル以上の誤差があり、カメラから最も離れた物体を見逃していました。この画像では、自動ラベリング機能により、ゴミ箱に人のタグが付けられているのがわかります。アノテーション前の予測は既存のモデルに基づいており、オートラベリングのミスはそれらのモデルの精度を反映していることを覚えておく必要があります。
データアノテーションツールには、人工知能を使ってデータにラベルを付けるオートラベリングとも呼ばれる自動化機能を搭載することができ、作業員はそのラベルを確認したり修正したりすることで、作業時間を短縮することができます。

道路標識のスクリーンショットでは、自動ラベル付けにより、ゴミ箱を囲むバウンディングボックスで画像を豊かにすることができました。これは間違いでした。その物体を人としてラベル付けしてしまったのです。オートラベリングは完璧ではありませんが、データラベラーのチームにとっては、出発点として役立ち、作業時間を短縮することができます。

 

 

プレアノテーションに適したタスクもあります。例えば、私たちの実験の例で言えば、プレアノテーションを使って画像にラベル付け、データラベラーのチームがラベルやバウンディングボックスのサイズを変更するか削除するかを判断することができます。このラベリング時間の短縮は、ピクセルレベルのセグメンテーションで画像にアノテーションを施す必要があるチームにとって有益です。

オートラベリングを適用するには、創造性が必要だということです。オートラベリングをうまく活用しているお客様は、必要に応じて試行錯誤を繰り返すことを厭わないことがわかりました。オートラベリングは、AI技術、特に機械学習をより良く理解するための一つの突破であり、この新しい用語にはまだ多くの発見があります。

 

Website: https://www.lotus-qa.com/
Tel: (+84) 24-6660-7474
Fanpage: https://www.facebook.com/LotusQualityAssurance

わたし達の次の5ヶ年計画 - 新たな旅立ち

わたし達の次の5ヶ年計画 – 新たな旅立ち

皆様のご支援をいただき、ロウタスグループの第一次5カ年計画は多くの功績がありました。その理由で、私たちは次の5年間に更なる高い成果を上げられるように、より大きな目標を設定したいと思います。

1. 弊社のモチベーション

ロウタスは創業以来、ベトナムのIT人材を世界に送り出すという目標を念頭に置いています。よく訓練された優秀なIT労働者の前例のない可能性を見て、我々のBODは、これらのIT人材が国際市場でも際立つ価値をもたらすことができることを信じます。

技術職の人材不足が止まらない、憂慮すべき問題になりました。そして、これらのポジションを埋めるには非常にコストと時間がかかります。毎年、膨大な数の技術系専門職に就く卒業者を目の当たりにしたので、我々のBODは、できるだけ多くの才能を世に送り出すための目標を設定しました。小さなテストプロジェクトから始まったLotus QAは、今大手クライアントにAIデータ処理、ソフトウェアテスト・開発など様々なサービスを提供し、大きな成功を収めてきました。

ロウタスは、戦争で荒廃した歴史にもかかわらず、ベトナムがテクノロジーに対する信頼性が高いになる潜在能力と機会を持っていることを世界に証明したいと考えています。このような若くダイナミックな人材の可能性を取り入れることで、ロータスはベトナムのイメージを強化し、ベトナムがITサービスを提供するトップ国になれるために努力していきます。

2. サービスの拡大

今後5年間のロータスの優先事項は、お客様に提供するサービスを拡大することです。2021年、ロータスグループは、AIデータ処理やソフトウェアテストサービスにとどまらず、開発サービスの提供を開始します。これにより、ロータスグループは国際市場でより高い評価を取得し、総合的なITサービスを提供することができる企業となります。

新しいサービスを提供していくので、従業員の数も増えていきます。2021年には我々のチームが248名に達しており、今度ともこの数はさらに増えつつあることが約束されています。

3. 学習と開発

社員の成長と育成への投資することは成功のカギであると思います。従業員に向けトレーニングを継続的に行うことで、変化があると柔軟性と対応力を高めることが可能です。したがって、ロータスグループは2022年に全社員の専門的な知識、言語能力及びプレゼンテーションス・時間管理等の必要なスキルの向上に役立つクラスを作成するつもりです。

ロウタスグループの次の5年間は多くの変化があるでしょうが、私たちは私たちのモチベーションに忠実であり続けます。それは、才能あるプロフェッショナルなITワーカーを世界に送り出すことです。サービスを拡大し、社員に必要な知識・スキルを提供することで、その目標の実現に近づくことができます。

lotus-quality-assurance-top-it-services-vietnam-2021

LQAが2021年に「ベトナムIT企業トップ」の1社として表彰されました

LQAは、2016年に設立され、ソフトウェア開発、品質保証、およびAI前処理のアノテーション等の高品質のエンドツーエンドITサービスを提供しています。最先端のテクノロジーの適用と様々ン業界での経験により、ビジネスの生産性の向上に多くの企業をサーポトしてきます。

Clutchの2021年の調査によると、 LQAが「ベトナムのITサービスを提供する企業トップ」の1社となったと喜んでお知らせします!弊社のCEOは下記のように述べました。

 

 

Clutchは、世界中に企業の評価およびレビュープラットフォームです。これは製品・サービスの質、および顧客のレビューに基づいて、テクノロジーサービス・ソリューションを提供している企業を評価します。

したがって、Clutchから高評価を取得いただき、誠に幸いです。この賞は、弊社の絶え間ない努力の結果であるだけでなく、顧客により高品質なITサービスを届ける大きな原動力となりました。さらに、弊社のお客様がお忙しいところにもかかわらず、Clutchでレビューを残すくれたことを、心から感謝します。弊社を信頼できるパートナーとしてお選び頂きまことにありがとうございます。

将来に日本とベトナムにおけるIT業界の発展に貢献できるよう、精一杯頑張りしていきます。

高品質のITサービスを提供するパートナーを探している方はお気軽にご連絡ください

オフショア開発を実施する際にどんな課題に直面しますか?

オフショア開発を実施する際にどんな課題に直面しますか?

新型コロナウイルスのの世界的流行による経済活動の停止のため、多くの企業はDXの導入を検討し、実装しています。企業はDX推進のために実行可能での費用対効果ソリューションとしてオフショア開発サービスを選択しています。 しかし、オフショア開発はあらゆるビジネスに適するソリューションではありません。このモデルはコスト削減に優れたメリットの一方で、取り組むべき多くの課題ももたらします。 これらの慢性的な問題は、大規模なタレントプールと健全な財政を維持できる企業であっても、企業のDX導入に悪影響を与える可能性があります。これらの困難に収拾しように、下記の7つ課題を一緒に深くを極めてしましょう!   1. エンジニアの質 オフショア開発を実施したい企業はより低コストで望みのような結果が得られることを非常に期待しています。 ただし、これは単に理想的な遠景です。実際に、多くのオフショア開発プロジェクトは求めるレベルを満たさないオフショアチームのエンジニアのため失敗してしまいました。 オフショア開発企業と協業する際に、技術的な面で双方間の非互換性はしばしば発生します。プロジェクトに適しないスキル・経験を有すエンジニアの参加は製品の品質に良くない影響を与えます。最悪の場合は納品されたものが正常に動かないことです。     問題解決:オフショア チームをうまく稼働させるように、企業はオフショアチームにコミュニケーションと技術面で要件について全体像を描くことが必要です。例えば、必要なプログラミング言語、フレームワーク、さらにはソフトスキルなどを明確にすべきです。要件が詳しければ、詳しいほどいいです。そして、面接を設定して、実績とエンジニアの質をしっかり見極める必要もあると思います。   2. 追加コスト オフショア開発は大幅にコストを削減することに役立つが、追加コストがかかる場合もあります。これらの追加コストは、追加のインフラストラクチャコスト、管理コストや手戻りコストであることが可能です。 そして、いかなる変更は費用対効果の減少につながる可能性があります。最終的に、これは採用パーティーの提案と財務計画に消極的な影響を及ぼすかもしれません。 問題解決:発注前の準備を綿密に行うのは追加コストを抑えることに役だちます。具体的には発注の目標を明確にしたり、適当なオフショア開発プロバイダーを選択したり、必要な費用を精密を計算したりすること等をすべきです。これにより、作業プロセスがより円滑に行われ、仕事の品質が確保されるので、手戻り等のコスト・時間を下がることできます。企画設定と費用推定などに骨を折る場合はオフショア開発分野におけるスペシャリストを依頼すべきです。 その上、開発過程での変更に対応できるオフショア開発企業を選択することも追加コストのリスクを減少すことに役だちます。   3. オフショア開発プロジェクトにおける時差 オフショア開発を実施すると、時差は双方間のコミュニケーション効果を大きな影響を及ばすかもしれません。お客さまとベンダー間の時差が大きすぎると、メール、特に電話にてコミュニケーションは一段難しくになります。製品に何かトラブルまたはバッグ等が発生する場合、時差によるレポート・処理の遅れは双方に甚大な被害をもたらす可能性があります。 したがって、日本企業が発注したい時、オフショア開発先としてアジア圏内を選択すれば、時差によるリスク・問題を減少することができます。これはベトナムをはじめとしてアジア諸国でのオフショア開発を実施することは企業に注目されています。     問題解決:日本とベトナムの時差はわずか2時間だが、時差による問題がまだ起こすことが可能です。異なるタイムゾーンといった問題に対処するために、自社とベンダーは相談して、固定スケジュールを設定する必要があります。このスケジュールには、、何が達成されたか何が達成されるべきかについて定期的なチェックポイントと会議が含まれるべきだと思います。   4. コミュニケーション不足 コミュニケーション不足は、オフショア開発プロジェクトで最大の問題の1つです。この問題の原因として、次の要因が考えられます。 3.1. 言語の壁 多くの国際的なクライアントと取り組まなければならないため、言語の壁はどのODCにとって一般的な課題です。日本語がどれほど上手であっても、外国人である開発チームが日本語でプロジェクトの要件を理解するのは困難だと考えられています。その上、仕様書が日本人のスタッフであっても理解しずらい場合もあるから、それを他の言語に翻訳するのは誤解につながる可能性があります。双方間の誤解が誤解が生じると、確認・修正のために追加時間とコストがかかることになります。 問題解決:専門的な知識と高い日本語スキルを有すブリッジSEとコミュニケーターを採用することが言語の壁を乗り越えることに役立つ方法の一つです。オフショアチームの技術エンジニアも、日本語での基本的なIT用語を把握することが必要です。その上、双方の技術エンジニアは複雑な単語・用語を最小限に使用することが期待されています。これにより、誤解が発生するリスクが大幅に抑えられます。     そんな問題を解決するために、言語能力について要件を明確にすることもお勧めされています。オフショア開発を実装している多くの企業は、最初の要件としてオフショアチームの日本語能力証明書を要求しています。面接も望んでいる日本語能力を有すオフショアチームを確認するために、実施されるかもしれません。 言語の壁による誤解をなくすために「最後の手段」は、日常の情報を交換することです。例えば、写真や図は通常の会話よりも直接的に話し、詳細な説明の時間と労力を節約します。 3.2. 文化の違い 文化の違いは、オフショア開発における誤解を与える主な要因ではないが、双方間のコミュニケーションにも消極的な悪影響を及ぼしています。文化の違いはコミュニケーションにおける誤解をもたらし、仕事効果とチームの士気を悪い影響を与える可能性があります。 問題解決:文化の違いは地理、歴史、政治や宗教などの要素に関係しているので、目指しているオフショア開発委託国の習慣、特徴的なワークスタイル・性格や生活水準などをまじめに研究すべきです。これは「カルチャーショック」を和らげるだけでなくコミュニケーションにおける誤解を減少することに役だちます。その上、快適な作業環境を作成できるように、ミーティングにおいて相手国の言語で簡単な言葉を話すこともいいアイデアだと言われています。しかし、異文化の環境における仕事をすると、一番大切のは自分と相手の違いを理解し、尊重することだと思います。   5. 不明確な目的と期待 締め切りに間に合わなかったり、燃え尽き症候群有病率と離職率が高くなったりすることは期待を達成しなかった兆です。特に、ワ​​ークロードが指数関数的に増加しているIT業界では、残業や労働時間の頻度が高くなっています。これは従業員が強いストレスをかんじることにつながります。 リーダーシップとコミュニケーションの不足による不明確な目標は漠然とした戦略につながることが可能です。     問題解決:目標を明確にする:具体的で測定可能な目標を設定します。測定可能な目標を設定すると、達成度を数値で計算できるので、チームマネージャーが運用作業を追跡しやすくします。いずれかのタスクで問題が発生した場合、担当者を即座に特定して、タイムリーな解決策ができます。 目標を明確にした後、それらの目標を達成するための期限を設定することも必要があります。自社とプロバイダーの双方が一緒に各リリースに最適な時間枠とスケジュールを定義する必要があります。   6.…

ソフトウェアテスターを評価するための 適切な面接質問

ソフトウェアテスターを評価するための 適切な面接質問

  ソフトウェアテストは、製品の質を保証するためににソフトウェア開発ライフサイクルにおける必須の作業であるので、テクノロジー企業はテストチームを構築することが必要です。 市場でソフトウェア開発者の数が増えていることと反対し、ソフトウェアテスターは豊富ではありません。テスターの需要が高くなっているが、企業は新卒業生である候補者を拒否する傾向にあります。その理由で、テスターの不足という状況は驚くべき問題になっています。     テスターに高給を支払う企業も増えてきましたが、、経験豊富なソフトウェアテスターを採用できることは本当に困難です。したがって、ジュニアテスターのスキルと知識を高めようと努めている企業もあります。 ソフトウェアテスターの人材が豊富だが、経験の不足という状況に対応するように、企業は候補者向けて必要なスキル等につてい徹底的なチェックリストを準備することが必要です。下記はソフトウェアテスターを採用する際に、企業が考慮すべき技術的側面です。 テストの種類とテストへのアプローチ方法に関する基本的な知識 テスト環境 異なる分野における候補者のテストに関する知識と経験 テストツール テストプロセス   面接担当者が面接プロセスについて明確にすべきなこと 探しているテストエンジニアの種類:テストに関して最も人気のある2つの仕事は、手動テストと自動化テストです。それぞれの仕事に対して、面接時に適当な基準を考慮すべきです。 ターゲット分野:あなたのビジネスが特定の業界・分野内でサービスまたは製品を提供している場合は、ターゲット分野を明確にするのは複雑ではないようです。しかし、人材を募集するITアウトソーシングベンダーに対して、次のプロジェクトの分野を定めることは、最適な候補者を見つけることに役だちます。 テスター向けて適切なキャリアパス:仕事を探す時に、テストエンジニアはその企業が自分のキャリアパスにどうように役立つかをすごく関心します。それで、将来の対立を避けるために、雇用者と候補者の両方は出されるキャリアパス制度の均一を確保してください。 才能のギャップは一般的ですが、市場に出回っているテスターを雇わなければならないという意味ではありません。 テスターに何を求めているかを慎重に検討することで、適切な候補を見つけることは完全に難しい課題ではありません。   1. テストの種類とテストへのアプローチ方法に関する基本的な知識 テスター仕事に​応募したいすべての受験者は自分が取り組んでいきているテストタイプについて基本を把握することが必要です。例えば、GUIテストとAPIテストの違いが指摘できない場合、これは候補者にとって大きなデメリットになる可能性があります。基本的な知識が不足しているのはトレーニングに費やされる時間はさておき、作業中に多くの問題につながる可能性があります。     しかし、面接官は、テスト種類の基本的な知識について質問への回答だけを踏まえて、面接結果を決定すべきではありません。これらの回答を通じて、候補者の理論的知識の把握がどのレベルかを評価することだけができます。 手動テストと自動化テストにつきまして、面接官はそれらの違いに関していくつかの質問をする必要があります。 これらの質問は、テストについて候補者全体的な知識を評価ことに役立ちます。   2. ソフトウェアテスト環境 簡単に言うと、テスト環境とはソフトウェアが正しく動作するか否かの検証作業を行う環境のことです。     テストプロジェックにおける候補者の能力を深く掘り下げたい場合は、下記にようなテスト環境について具体的な質問をする必要があります。 受験者がテスト環境をセットアップするプロセスはなんでしょうか?このプロセスは十分に徹底しているか、システムのプロセスと類似していますか? 候補者は複数のテスト環境をどのように設定しますか? テスト環境に関する気をつけるべき要素はなんでしょうか?   3. 様々な分野における候補者のソフトウェアテストに関する知識と経験 デジタルトランスフォーメーション(DX)は現在生活のあらゆる側面に関係しているのは、ソフトウェアテストの需要が段々高くなることにつながります。ソフトウェアテスト作業は金融と銀行、ヘルスケア、農業、娯楽など分野における一般的になっていきます。 特定の分野によって、ソフトウェア構造が違うので、ソフトウェアテストプロセスも異なります。     例えば、金融および銀行システムでは、面接官はセキュリティテストプロセスについて候補者に尋ねる傾向にあります。 この理由は、金融機関や組織にとって、データセキュリティが最優先事項であるからです。個人情報と財政状態は、流出リスクが極めて高いと言われています。この分野でテスターとして働きたい候補者は、各トランザクションの安全性と正確性を確認する必要があります。金融や銀行で働く企業にとって、候補者がセキュリティテストをどのように実施するかについて質問を出たしたほうがいいと思います。   4. ソフトウェアテストツール テストツールの種類がたくさんあるが、この記事ではプロジェックマネジメント支援ツールと技術に関連するツールを強調したいと思います。 まず、プロジェックマネジメント支援ツールは不具合修正と再テストの実施状況の管理、インシデントの管理や不具合の追跡などテストに関する様々なことができます。それで、面接の時、そのツールの使用に対して候補者の経験に関する質問を出ることをお勧めします。 次、技術に関連するテストツールについて、下記のような7つの主要な種類にテストツールを分ける必要があります。 検出テストツール モバイルアプリテストのツール クロスブラウザテストのツール…

2019年Japan ICT DayへのLQAの出席

Japan ICT Dayとは、日越間のIT業界の交流を目的として毎年VINASAとVJCによって開催されるイベントです。このイベントは政府を含む、二国の様々な団体の後援によって開催されており、特に日越企業によって大いに支援されています。

 

今年のJapan ICT Dayは10 月21~25日にダナン市で開催されました。ダナン市はベトナムの東部に位置する美しい沿岸部の都市です。LQAはVINASAの一員としてこのイベントに参加し、日本企業との交流や現在の日本のIT市場におけるトレンドや市場機会ついての知見を広げることを目的としていました。

 

 

 

LQAはこのイベントで、日本企業は勿論、日本のITコミュニティの方や大学の方へもLQAのサービスを紹介し、前向きなフィードバックを頂くことが出来ました。日本の企業や組織の方々と意見交換を通して、LQAはアウトソーシングに関するトレンドや市場機会を学びました。このイベントは、今後、LQAが日本での更なる事業展開を考えるうえで、非常に有意義な時間であったと思います。

 

 

加えて、LQAは他のベトナムIT企業との意見交換を行うことも出来ました。

ダナン市の主要役員の方だけでなく、石川、福岡、沖縄といった日本の都市の役員の方々もこのイベントに参加していました。

LQAの代表者は留学生のためのFTUオリエンテーションデーに参加した

人的資本 はLQA における頑強な開発 の中心である – CEOと言われる。 どのIT 外部委託 会社もビジネスを経営するため高い質の人々を必要とするということは確かだ。LQAの社員は最も優れた能力を募集するため、一層の努力をすることに一生懸命になっている。七月の後半、Thuy さん(LQAの人事部の代表)は2人のLQA社員と共に、留学生のためのオリエンテーションデーに参加しにハノイ貿易大学へ行った。100人以上の留学生にLQAを紹介する機会と彼らに提供できる様々な機会があった。

グローバル化を目指し、スタッフ全員が英語やその他の言語を使えることを確認したい。Lotus Quality Assuranceは外国人にとって、光り、成長する ベストな場所だという自信がある。

 

翻訳者:佐藤唯奈

ソフトウェアテストとは? 作業過程と委託のメリットを解説します。

現在私たちの周りにはスマートフォンやパソコン、ATMなど数え切れないほどの機械があり私たちの生活を便利なものにしています。

それらすべてのデバイスの機能を動かしているのがソフトウェアです。

 

今回の記事ではその生活に欠かせないソフトウェアがどのように作られているのか、品質保証の工程をお話ししたいと思います。