シニアテスト自動化エンジニアを雇う方法

シニアテスト自動化エンジニアを雇う方法

  テスト自動化は、品質保証プロセスの新しい選択肢として浮上しています。 そのため、自動化テスターの需要は一貫して高くなっています。 しかし、近年の技術人材戦争の中で、多くの事業主は、テスト自動化エンジニアをどのように雇うのか疑問に思うかもしれません。 それでは、この記事では、テスト自動化エンジニアの採用プロセスについて説明します。 このガイドは、当社での実際の採用経験と、業界の専門家に相談したものです。 最初に次のものを見てみましょう 要件の明確化 職務記述書の作成 候補者を探して、ショートリストに載せること 面接 最後のステップ   1.要件の明確化 役割を明確にすることは、真のテスト自動化エンジニアを雇うための最初のステップです。 それでは、採用したい人、貢献、必要なスキルを定義する必要があります。 LQAでは、自動化テスターを、ジュニア、ミドル、シニアの3つの主要なグループに分けています。 また、この記事では、より多くの側面を考慮する必要ですので、シニア自動化テスターのインタビューに焦点を当てます。 通常、シニアテスターエンジニアは計画工程でテストマネージャーと協力し、決定を下し、複雑なタスクを対応し、小さなチームを管理します。 彼・彼女は必要に応じてチームと他のステークホルダーの間のコミュニケーションブリッジになる可能性があります。 したがって、多くの場合、次のように要求します。 手動テストの経験 テスト自動化の経験 テストスクリプト作成の能力 テスト自動化手法の理解 言語能力 能力 テスト自動化は、プロセスを自動化するために、コードベースのテストスクリプトを使用するという点で手動テストとは異なります。 シニア自動化テスターは、テストスクリプトを定義・開発・実行・保守できる必要があります。 また、手動テストの経験があり、テストケースを理解していますので、QAプロセスを最適化するために自動テストを適用するか手動テストを使用するかを決定できます。 さらに、彼・彼女は、プロジェクトに最適なものを選択するために、さまざまな種類のテスト自動化フレームワークを理想的に理解しています。   2. 適切なテスト自動化エンジニアの職務記述書の作成 これは、雇用部門が上記の要件を理解し、紙の上に理想的な候補者プロファイルを作成する時点です。 シニアの役割を求めていますので、職務記述(JD)はカスタムで具体的である必要があります。 下記を含めることをお勧めします。 会社概要 雇用主のブランディング、職場環境、会社を際立たせるものについて記載する必要があります。 特に、雇用主のブランディングは、優れた職務記述書の重要な部分です。 Glassdoorの統計によりますと、組織が雇用主のブランドをよく管理できる場合、アクティブな求職者の75%が応募する可能性が高くなります。 したがって、JDで会社の評判を簡単に伝えることを忘れないでください。 仕事の責任 ここでは、役割の義務と会社への貢献が記載されます。 シニアテスト自動化のエンジニアは、会社への影響とキャリアパスにも関心を持っています。 したがって、生のタスクのみならず、計画、管理、最適化、革新等、責任のセクションでより影響力のある活動をしたいと考えています。 要求 これは、この役割に対する必須で優れたスキルと期待を記載するセクションです。 ここで、申請者に期待することを明確に述べてください。 たとえば、コンピュータサイエンスの学士号、Python言語の知識、モバイルまたはWebアプリケーションのテスト自動化の経験、Selenium WebDriverフレームワークの能力等です。さらに、ISTQB等のソフトウェアテストやIELTS証明書等の言語で同等の証明書を持っていることが理想的です。 福利厚生 最後、彼・彼女が受け取る給与やその他の報酬の詳細を含めることを忘れないでください。 Glassdoorによりますと、候補者の67%にとってお金が最大の動機です。 一方、Zetyの統計によりますと、求職者の74%がJDで給与情報を見ることを期待しています。…

ソフトウェアテストアウトソーシングを選択する理由

6つのソフトウェアテストのアウトソーシングを選択する理由

ソフトウェア・製品がスムーズに動くために、ソフトウェアテストが最も重要です。それでも、リソースが限られていますので、社内のテストチームを持つ企業はあまりありません。 その代わりに、外部委託された ソフトウェアテストアウトソーシング のサービスが実行可能なソリューションのようです。 6つのソフトウェアテストのアウトソーシングを選択する必要がある理由について詳しく読んでいきましょう。   1. 費用効率の高さ 社内のソフトウェアテストのインフラを構築するには、非常にコストがかかります。 例えば、Salary Exploreによると、日本のソフトウェアテストエンジニアの給与範囲は、233,000円(最低)から669,000円(最高)となっています。これは、住宅、交通費、その他の手当を含む平均的な月給です。 一方、地理的な価格設定のおかげで、ニアショア、オフショアの国の基本給は日本よりも70%低くなっています。Salary Exploreによると、ベトナムのソフトウェアテストエンジニアの給与範囲は、最低32,245円から最高100,145円となっています。 ベトナムでソフトウェアテストサービスプロバイダーを選択することにより、企業はテストに関するコストを大幅に削減することができます。 このような統計からわかるように、社内のテストチームとニアショア/オフショアチームの間のコスト範囲には大きな差分があります。 社内チームでは、雇用主はミドルレベルのソフトウェアテストエンジニアを雇うために多額のお金を払う必要があるのみならず、現金ボーナス、ヘルスケア、年間給付金等の追加の報酬も支払う必要があります。また、このにはHRの運用コストやテストツールのコスト、もまだ含まれていません。数千ドルに上る可能性があります。 しかし、ニアショア/オフショアチームがある場合、このようなのコストについて心配する必要はありません。   2. 柔軟性 ソフトウェアテストのアウトソーシングを選択するもう1つの理由は、チームの迅速なスケーリングやプロジェクト要件への迅速な適応といった柔軟性です。 チームの迅速なスケーリング ソフトウェアテストをアウトソーシングする場合、3人〜5人のテスターのチームを依頼して、わずか2週間以内に雇用できますので、チームのスケーリングが高速になるという利点があります。 手動テスターでも自動化テスターでも、短期間で希望のチームメンバーを獲得できます。 ビジネスの軌道に合わせてチームを縮小する場合にも適用されます。 プロジェクト要件への迅速な適応 破壊的イノベーションの絶え間なく変わる市場では、プロジェクトの目的と要件が変更される場合がよくありますので、ビジネスリーダーが切り替えを希望するときに頭痛の種になります。 このテスト目標の変更により、社内チームは、新しいテクノロジーの需要や新しいツールの使用等の問題が発生する可能性がありますので、適応するのが非常に困難になります。一方、アウトソーシングのテストチームは、人材を迅速に変更して必要なスキルを持つ人材と交代することができます。 そのため、数日以内にプロジェクトの要件に適応します。   3. 市場投入までの時間の短縮 市場投入までの時間は、製品の効率、収益、市場シェア、競争力に影響を与える最も重要な要素の1つです。 プロジェクトが延長されることを避けたいですね。 ただし、社内チームでは、テストプロセス自体は言うまでもなく、採用、トレーニング、オンボーディングプロセスに多大な時間がかかる可能性がありますので、遅延が発生する可能性が非常に高くなります。 ただし、アウトソーシングのソフトウェアテストチームでは、採用プロセスを実行する必要がなくなります。 ベンダーは、プロジェクトにすぐに取り組むことができる完璧な候補者を提供できます。 また、ベンダーは企業の目標とビジネスに合うように最適化されたタイムラインを作成し、正確に従う責任があります。 タイムラインを厳密に従うために特定の対策を取り、不必要な遅延や適切なツールの無限の検索等の問題が発生しません。   4. 専門知識へのアクセス ソフトウェアテストのアウトソーシング企業には、さまざまなテストツール、システム、テスト環境で長年の経験を持つ多くのQA専門家がいるタレントプールがあります。また、ベンダーがヘルスケア、金融、教育等のドメインを理解し、戦略的なアドバイスを与えるために必要な経験・知識を持っています。 普通のIT人材、特にソフトウェアテスターにとって、高度な専門知識レベルの人材を獲得することは非常に困難です。 高給に加えて、希望の経験とスキルを持つテスターを採用するには、評判と追加の福利厚生が必要であり、多大な工数と費用がかかるためです。 しかし、アウトソーシングでは、アウトソーシングベンダーが、希望のテクノロジーとスキルセットを含むCVを直接提供し、最適な候補者を選択できるというメリットがあります。   5. 他の運用にもっと焦点を合わせること   ソフトウェアテストはソフトウェア開発ライフサイクルの重要な工程ですが、必ずしもビジネスのコアの工程であるとは限りません。 ソフトウェアテストの作業をアウトソーシングすることにより、コアビジネスオペレーションは新しいテスト部門の人材採用・運用の作業から解放され、重要な操作に集中する時間が増えます。 外部委託されたテストチームの管理の経験を持つベンダーがテストチームを成功に導くことができます。 企業がただテストチームの進捗状況を定期的にチェックし、ビジネスの競争の優位性を実際に生み出すことができるものに集中する必要があります。  …

手動テストから自動化テストへ: なぜ必要なのか? テスト自動化メリット とは?

手動テストから自動化テストへ: なぜ必要なのか?

  自動化テストは現在新しいトレンドで、コストを下げ、品質保証にエラ、不具合の発生率を最小化することを確保するために、企業が適用している戦略の1つです。自動化テストを行う「理由」と「方法」に普遍的な問題があります。 見た目ほど簡単の話ではありませんが、自動化テストでは、移行自体のみならず、変換全体が必要です。 この記事では、自動化テストの展望と実現の方法について説明します。 ソフトウェアテストに関しては、品質管理・品質保証担当者が手動テストを選択することがよ多いです。 一方、自動化テストは障害や課題の多くにもかかわらず、高収益の見込みがありますので、人気が急上昇しています。   手動テストの制限事項 手動テストは、一般的に品質保証プロセスの最も有名な方法ですが、いくつかの制限がありますので、多くの企業がテストを無効に実行してしまいました。   退屈で時間のかかる手動テストの実行     ソフトウェアの手動テストは、コンピューターの前に座ってアプリケーション画面を注意深く調べ、さまざまな使用法と入力の組み合わせを目指し、予想されるアクションの結果を評価し、これらの観察結果を記録することによって実行されます。     テストは、ソースコードの変更、または動作環境やハードウェア構成の変更等のために、開発サイクル中に頻繁に再実行されます。ソフトウェア開発ライフサイクルで、品質保証プロセスは、十分な製品リリースとプロジェクトの最終の結果を保証しますので、重要な役割を果たしてきました。ソフトウェア開発中、すべての開発者は自分の製品を分析し、エラーのないシナリオを目指しするようにします。 しかし、現実は逆です。手動テストプロセスで不具合の漏れ率が高くて、さらに重要なことに、実行が退屈で時間のかかります。 テスターは製品のリリース前に不具合を抽出しようとするため、テストスイートの計画を詳しく作成しても、不具合がまだ発生します。 その結果、ソフトウェアを効果的にテストするには、テストを回帰的に実行する必要があります。   リソースを大量に消費するプロセス 手動テストプロセスは簡単なタスクではありません。 これは、予期せざる変更のみならず、次のようたくさんの側面の量にも重点を置いています。 データ入力 テスト対象のデバイス 人気のあるオペレーティングシステム リソースを大量に消費する手動テストのプロセスは、大規模な重要なインフラストラクチャを必要とし、予算が不足する可能性がありますので、企業にとって大きな課題となります。   エラーが発生しやすい   テストプロセスが複雑で多様であるという事実は言うまでもありませんが、人間は常にミスを犯します。   手動テストがエラーを起こしやすい主な理由は、テストケースが退屈で反復的すぎて、テスター自身の無関心と集中の不足を引き起こす可能性があるということです。 もう1つの理由は、テスト計画の誤解です。 その結果、製品の不具合が抽出されなくて、プロセス全体が機能しなくなりました。 上記の要因により、エラーが発生しやすいという特性は、最終的には企業の財務・評判のステータスに影響を与えます。   非系統的で同期されていないドキュメント 手動テストでは、将来の使用と教育のための同期されたドキュメントはありません。 テストの実行結果はExcelまたはWordファイルに保存されることが多いです。 そのようなファイルへのアクセスは制限されており、必ずしも利用できるとは限りません。 テストエンジニアは、作業中に問題があり、運用とテストケースの実行が遅くなる可能性があります。   テスト自動化メリット ・優位性     ソフトウェアテストは、市場の進化し続ける分野です。 最新のトレンドの本質を捉え、最終的に品質保証を通じて製品のコアと共鳴するためには、時代の先を行く必要があります。     このような状況では、自動化テストはソフトウェアテスト市場の最前線に登場し、企業にとって価値のある資産を生み出すことができます。 自動化テストの8つの有望な見通しは次のとおりです。 高いROI…

ソフトウェアテストのアウトソーシングですべきこと・してはいけないこと

ソフトウェアテストのアウトソーシングですべきこと・してはいけないこと

ソフトウェアテストのアウトソーシングは、テック製品やデジタルトランスフォーメーションへの旅の成功に大きな要因になる可能性があります。 ただし、正確に実施しないと、製品で不具合が発生し、プロジェクトの失敗の原因となる可能性があります。 したがって、ソフトウェアテスト企業と取引する際にすべきこと・してはいけないことは次の通りです。   ソフトウェアテストのアウトソーシングですべきこと 1. 目標とテストの範囲を定義すること ソフトウェアテストのアウトソーシングプロジェクトを成功に導くために、まっさきにすべきことは、このサービスから何を望むかを定義することです。 たとえば、QA機能に対して、アウトソーシングのサービスを購入する際に全体的なコスト削減を優先する企業もあり、一緒に仕事をするQAの専門家の経験、知識を優先する企業もあります。 さまざまなビジネス目標に対して、QAアウトソーシングプロジェクトにはさまざまな目標があります。 期待を満たすことができるベンダーを探すためにこのようなものを先に知っておくべきです。 アウトソーシングサービスの購入に最終的な目標を定義した後、テスト範囲に進みます。 テスト範囲は、テスト部門全体、製品ライン、一つの製品、製品のリリース、機能である可能性があります。 このような情報を知っている場合、アウトソーシング計画と、ソフトウェアテストのアウトソーシングプロジェクトをさらに実行するためのタイムリーで実用的な手順を準備できます。   2. ソフトウェアテスト用のセキュリティシステムを用意すること いつでも、どのような状況でも、ビジネスの範囲にかかわらず、特に外部の関係者がテストするためにプロジェクト・製品を外部委託する場合は、ソフトウェアテスト用のセキュリティシステムを用意してください。 現在の世界のIT市場で、セキュリティ脅威とその結果に強い懸念が提起され、製品のIT機能を外部委託する場合、このような高まるリスクはさらに大きくなります。 セキュリティの深刻な運用負担を防ぎ、プロセスの準備をするために、ベンダーとセキュリティプロセスを確認し、セキュリティギャップが存在するかを判断することです。 将来の脅威に備えて、リスクの防止策と必要な行動を準備する必要があります。     理想的には、次のように、セキュリティを確保するための複数の対策を講じているベンダーを選択することを検討すべきです。 ISO /IEC27001等の情報セキュリティの管理方法に関する国際規格 物理的セキュリティレイヤーと生体認証 法的文書と法的拘束力 を 持 つ合意 アクセス制御、ウイルス対策ソフトウェア、アプリケーションセキュリティ、ファイアウォール、VPN暗号化等を備えたネットワークセキュリティ。   3. テストのプロセスに厳密に従うこと テストのプロセスは、ソフトウェアテストのアウトソーシングプロジェクトを成功に導くための決定要因ではないかもしれませんが、テストのプロセスに厳密に従わない場合、効果的に運用することは非常に困難です。 テストのプロセスは、テストのプロジェクトをスムーズに進めるために、プロジェクトのバックボーン(背骨)になっています。 プロジェクト全体を細かい部分に分割して、管理を容易にするのみならず、ソフトウェア製品の全体的な一貫性を提供します。 テストのプロセスのすべてのステップが監視・管理されていますので、企業とアウトソーシングのチームは、ミスが発生する場合、迅速に特定することができます。 テストのプロセスは柔軟にカスタマイズできますが、プロセスが決定されたら、厳密に従う必要があります。 スムーズに進むテストのプロジェクトには、プロセスに細いステップを定義する必要があります。 たとえば、「企業からどのような入力が期待されますか?」 や「ベンダーからどのような出力を期待しますか?」等の質問に 答える必要です。 このような情報は、不明点を明確にして、ソフトウェアテストのアウトソーシング操作をこれまで以上に簡単にします。   してはいけないこと 1. コストを優先すること いくつかの企業では、コスト削減が優先されます。 ただし、ベンダーを選択する際に、価格を唯一の理由にしないでください。 サービスプロバイダーを選ぶとき、最終的な目標はより低い価格と同等の品質でサービスを購入することであるということを常に覚えておいてください。 上記の点によりますと、価格と品質のバランスを強調したいと思います。プロジェクトの全体的な品質を妥協する必要がない場合、妥当なオファーは良いオファーになります 。 可能な限り低い価格で、サービスを提供できるベンダーを盲目的に選択する場合、結果は深刻になります。…

LQAがソフトウェアテストサービス分野で2022年Sao Khue賞を受賞した唯一の企業となる

LQAがソフトウェアテストサービス分野で2022年Sao Khue賞を受賞した唯一の企業となる

2022年4月23日、Sao Khue賞の授賞式に出席し、高品質的なソフトウェアテストサービスのトロフィーを受け取りました。 LQAの設立から6年、「ベトナムのトップITアウトソーシング企業」に贈られるSao Khue賞を2年連続で受賞したことを誇りに思います。

 

 

Sao Khue Awardは、ベトナムのソフトウェア産業に貢献するトップ企業を表彰するために、VINASAが毎年開催している賞です。2003年に設立されて以来、ソフトウェアとITサービスの分野で最も権威のある賞として、ベトナムの信頼できるITサービスプロバイダー数百社を表彰してきました。

 

 

LQAは、2022年に「ベトナムのトップITアウトソーシング企業」の一社になることを誇りに思います。 今回の賞は、LQAにとって新たなマイルストーンとなり、今後も奉仕と貢献を続けていくモチベーションを与えてくれました。LQAのミッションである「優秀なベトナム人ITエンジニアとグローバルマーケットを繋ぐ」ことを胸に、これからもIT業界の成功に貢献できるよう、より一層の努力を続けてまいります。

 

LQAは、ベトナム初の第三者保証会社であり、高品質的なサービスを提供しています。信頼できるソフトウェアテスト企業を探している方はお気軽にご連絡ください

ベトナムのトップ10ベストソフトウェアテスト企業

ベトナムのトップ10ベストソフトウェアテスト企業

ソフトウェアテストの市場規模は2020年に400億米ドルを超え、2021年から2027年にかけてCAGR7%超で成長すると予測されています。世界市場でのソフトウェアテストの需要の高まりで、ベトナムはソフトウェアアウトソーシングサービスを提供するトップの国の1つでり、ベトナムでソフトウェアテストサービスを提供する企業が増加しています。 ベトナムのソフトウェアテスト企業は、品質保証において長年にわたる経験を持っています。ベトナムのソフトウェアテスト会社は、品質保証における長年の経験を持ち、手頃な予算、世界的な実績、ドメインの専門家をもたらすことができます。   ベトナムのトップ10ベストソフトウェアテスト企業   1. FPT Software FPT ソフトウェアは、ベトナムのITアウトソーシング市場の大手企業であり、世界中から高い評価を得ています。 FPTソフトウェアで、顧客は高度なテストセンター(TCoE)と連携します。高度なテストセンター(TCoE)というのはエンタープライズ環境とITの連携を強化し、QA効率を向上させるために、標準化されたツールとプロセスを導入するというコマンドセンターです。 FPTソフトウェアは、様々な品質保証サービスとソフトウェアテストサービスが提供できますが、最新の成功事例は、自動化テストの実装です。認定され標準化されたテストツールを導入することで、多くの顧客の信頼を獲得します。テスターの需要を満たすために、世界中で1,700名のテスターのチームを開発し、あらゆる業界における200名以上の顧客にテスターの専門知識を提供しています。   2. KMS Solutions, Inc. ITセクターにおける12年の経験があり、130以上の顧客がさまざまなITサービス、特にソフトウェアテストサービスで1億3,900万ドルを節約するのを支援してきました。 上記の印象的な数字を達成するために、KMSソリューションは継続的で利益ある成長向けの業界をリードするソリューションを提供します。 KMS Solutionsは、総合的なソフトウェアQAサービスとテストサービスによって、ドメインにおける豊富な経験を持つ高品質のエンジニアを競争力のある価格で提供します。 特に、KMSソリューションは、すべてのテストの対象に「まず自動化を考えよ」という考え方を適用します。この考え方によますと、テスターは高品質のソフトウェアをより高速で提供し、市場投入までの時間が短縮できます。   3. Lotus Quality Assurance Lotus QAは、2021年にClutchが認めたベトナムのソフトウェアテスト企業のトップ3社です。2016年に設立され、ソフトウェアテスト業界で若くて有望な企業です。 競争力のある価格で、顧客体験への献身とコンピテンシーを成功に示し、名誉あるSao Khue賞と、アメリカ、日本等の要求の厳しい市場における一流のサービスの評判を獲得しました。 Lotus QAは、発展の5年間にわたって、248名の従業員を抱えて、企業規模の最高成長率を示しており、その2割はマニュアルテスターと自動化テスターです。 Lotus Quality Assuranceの専門知識は、モバイルアプリのテスト、ウェブアプリのテスト、自動化テストであり、株式会社東芝、LGエレクトロニクス、AVN、パナソニック等の世界の有名企業とのプロジェクトの成功によって証明されています。 主に中小規模のプロジェクトでの経験を持って、ミドルマーケット企業と小企業に一流のソフトウェアテストサービスが提供できます。     4. Logi Gear LogiGearは1994年に設立され、テストサービス、特に自動化テストで豊富な経験を持つベトナムのトップソフトウェアテスト企業のトップに常にランク付されています。27年間以上かけてテストサービスを最適化してきました。最も卓越したテストサービスは次のとおりです。 自動化テスト:さまざまなテスト自動化ツールに関する豊富な経験を持つ専門家で、テストプロセスを高速化し、時間を節約できます。 機能テスト。ソフトウェアテストの数十年の知識と特殊なテスト自動化ツールを活用するQA機能テストサービスを提供します。 オフショアチーム。主題に関する専門知識の欠如、インフラストラクチャ/リソースの欠如、QAのスケーラビリティの問題を解決できます。と市場投入までの時間。対象分野の専門知識の不足、インフラストラクチャ/リソースの不足、QAのスケーラビリティ、市場投入までの時間の問題が解決できます。   5. CO-WELL Asia CO-WELL Asiaは現在、ソフトウェアテストサービスの新興の先 です。ベトナムのトップ大学や世界中の大学から卒業してハノイとダナンで働いている400名のITエンで、他のベトナム企業と比較して、QAテスター対プログラマーの比率はもっと高いです。 特に、CO-WELL Asiaで、従業員の技術レベルとソフトスキルを向上させるために、ベトナムのみならず海外でもさまざまなトレーニングコースを開催しています。そのようなスキルで、顧客に最適な価値をもたらすことができます。…

テスト自動化サービスの提供者を選択する方法

テスト自動化サービスの提供者を選択する方法

テスト自動化市場は、需要の拡大が原動力となっています。Motor Intelligenceのレポートによると、自動化テスト市場は2021年から2026年の予測期間中に14.2%のCAGRで成長すると予想されています。 現在、テスト工程で発生するコストと時間を節約するために、テスト自動化のアウトソーシングを選択する企業が少なくないようです。しかし、テスト自動化サービスの提供者を正しく選択する方法を知っている企業の割合は100%ではありません。それを達成するために、要件の明確化、必要な技術スキル等のさまざまなことに注意を払う必要てす。この記事では、テスト自動化サービスの提供者を探すためのアクションについて詳しく記載しています。   1.  要求の概要の明確化 サービスの提供者を選択する前に、必ずプロジェクトの要件の概要を定義してください。オペレーションの詳細な計画を立てるために、読者様と読者様のビジネスは技術と支出の両面で、外部委託されたプロジェクトに対する期待を理解する必要があります。   達成目標 企業はコスト削減、市場投入までの時間の短縮、テスト自動化の専門家の要求という期待を最も寄せています。優先順位を定義してから、次のステップに進むことができます。そのような情報に基づいて、特定の要求を満たせるベンダーを探すことができます。     テストの種類 テスト自動化は、テスト工程に万能ソリューションではありません。テスト自動化は特定のテストの種類のみに対応することができますので、製品に手動テストが必要になる場合もあります。つまり、テスト自動化でさまざま対象に対して、テストを実行できますが、テストの活動を開始する前にその対象を思考する必要があります。 例えば、機能テスト、単体テスト、統合テスト、スモークテスト、非機能テスト、性能テスト、回帰テスト等でテスト自動化を実行することができます。ただし、アドホックテスト、受入テスト等に対して、手動テストを実行することが重要です。   関連記事: 自動テストと手動テスの比較   作業範囲 テスト工程の全部やプロジェクトの一部の機能(モジュール)を外部委託することができます。作業範囲を明確化した上で、特定の機能を記載されるチェックリストを作成できます。   2.  テスト自動化サービス での技術スキルのチェックリストの作成 一般的なテスト自動化では、実装対象のテストツールとプログラミング言語が様々です。しかし、外部委託されたテストプロジェクトで、テストツールの一貫性を保つ必要です。     テストの各目標や各アプローチで、さまざまなテスト自動化のツールがありますので、任意の自動化ソフトウェアテスターをチームに採用することができません。 初期のテストツールの決定から、次の基準で技術知識と経験を持つテストの担当者を探す必要があります。 そのツールに対応できるプログラミング言語(Python、Javascript、C#等) サポートされているプラットフォーム及びツールのレポート機能(iOS、Android等) スクリプトの保守及び再利用性   関連記事: ソフトウェアテスターを評価するための 適切な面接質問   3. 期待のROIの把握(どのぐらいの時間、工数、コストが節約できるか) テスト自動化プロジェクトを実施する原因として最も多くのは、ROI(投資収益率)を向上させるということです。テスト自動化チームを作ることとテストスクリプトとテストケースを作成することのコストは、手動テストプロジェクトよりもはるかにかかりますが、チームは長期的に、よりお金を節約できます。     企業にとって非常に重要かつ有益なことですので、ROIを計算するときにも、慎重になる必要です。プロジェクトの期間、プロジェクトの人数といったメトリックから、プロジェクトから得られるROIの概要を提供するようにサービスの提供者に依頼し、一番有望数字を提供したベンダーを選択します。   4. 回帰テストの速度の明確化 テスト自動化を実行する場合、得られるメリットの一つはテストの速度です。テスト自動化により、特定のテストの種類の期間を短縮できます。例えば、回帰テストの場合、1人月の作業を1人週以上で実行できます。これを知っていると、プロジェクトの市場投入までの予想時間を計算する必要がありますので、テスティングの時間枠が指定されます。     回帰テストの速度を中心にする場合、次のことを達成するように、ベンダーに依頼することができます。 管理のソフトウェアの利用 テストスケジュールに基づく実行 一定の速度を確保するための技術の対策   5.…

自動テストツールの戦略的選択アプローチの5つの簡単なステップ

自動テストツールの戦略的選択アプローチの5つの簡単なステップ

自動テストチームは、技術的ツールのサポートがほとんどない状態でテストスクリプトを作成および実行することから始めて自動テストツールの有用性に基づいて、価格設定計画、プログラミングスキル、およびその他の技術的な側面に関して、さまざまな選択肢を持つようになります。 長年にわたる開発と強化の結果、現在の自動化テストツールは、手動から自動化への移行を成功させるための道筋と考えられています。   1. 自動化ツールの3つの種類 自動化ツールは、企業がビジネスに最適なソリューションに達するために目指すものです。 自動テストの実行方法にすでに馴染みになったと思いますが、カテゴリや価格帯など自動テストの特性を実際に理解しているのでしょうか。現在の市場におけるこのような開発ペースにより、自動化ツールは次の3つの種類に分類されます。 1.1. オープンソースツール オープンソースツールは、多くの企業が自動テストプロセスに実行している最も一般的な種類です。 このようなツールを使用することで、テスト実行のためのソースコードに意図的なアクセスを講じることができます。さらに、ソースコードは、需要に応じて、完全に採用するか、部分的に変更するかの両方の方法で使用することができます。 一般的な有用性から見れば、オープンソースツールには、高度なテストケースへの迅速なアクセスと有能なカスタマイズを期待できます。したがって、オープンソースツールを使用するには、SDET(ソフトウェア開発エンジニアリングテスター)が、プロジェクトの仕様に従ってソースコードを慎重にカスタマイズできるようなプログラミングの経験を持っていることを求められています。   注意:自動化のためのオープンソースツールは無料です。その一方で、適切な自動テストエンジニアのトレーニングと採用のコストは、手動テストのコストよりもはるかに高くなります。   1.2. 商用自動化ツール 商用自動化ツール、またはベンダーソースツールは、自動化ツールのもう1つのオプションです。月次または年次サブスクリプションで購入することで、これらのツールのプレミアム機能にアクセスすることができます。 例としては、顧客中心のサービスが取り上げられます。ツールの使用中に問題が発生した場合は、専任チームによる24時間年中無休のフルサポートを利用できます。   1.3. カスタムフレームワーク 有用性の割合は市場の80%を超えている実績から見ると、オープンソースおよびベンダーソースの自動化ツールは最も人気のあるツールだと言えるでしょう。それにしても、特にニッチなプロジェクトでは、選択肢はそれに限りません。 テストプロセス、テスト環境、テスト方法の相違と非互換性により、テストチームは、プロジェクトの特性に従ってカスタムフレームワークを開発する必要があります。 オープンツールやベンダーソースツールと比較すると、カスタムフレームワークははるかに複雑で、開発に負担がかかります。ほとんどの場合、テストチームと専門家は、他の種類のツールがプロジェクトと互換性がないと見通した場合に、カスタムフレームワークを最後の手段として使用します。   2. 最適な自動化ツールを選択するには? 自動化ツールには豊富な選択肢があるが、企業は次の5つのステップに従って、最適な戦略的ツールを見つけることができます。   2.1. プロジェクト要件を深く理解する プロジェクト要件を完全に理解することは、自動化テストプロセスを含む、そのプロジェクトをさらに発展させるための基盤として役に立ちます。 自動テストの際立った改善と機能強化により、テストとプロジェクトの範囲と規模には、テストチームの運用全体を通じてテスト結果と習熟度を調整するための詳細が必要になっています。 明確にする必要のあるチェックリストには、次のものが含まれます。 アプリの種類(Webアプリ、モバイルアプリ、デスクトップアプリ) プロジェクトの範囲(テストケースの数、テストスクリプトなど) テストチームのスキル プロジェクト仕様のチェックリストを作成することで、企業は、オフィシャルのプロジェクト要件に組み込むための戦略的なビジネス分析を図ることができます。すべての詳細を明確にすることを前提として、選択したツールをプロジェクト/アプリと完全に統合することができます。   2.2. 予算と価格計画を考案する どのようなビジネスでも、最終的な目標は可能な限り多くの売上を上げることです。言い換えれば、長期的には、確実なROIを目指すことが最も重要な目標です。 魅力的ではありますが、どの企業でも、近い将来にROIが出ない見通しでこのような多額の資本を投資する意思を持つわけではありません。 プロジェクトを成功させるためには、企業がする必要がある最初のことは資本の予算と計画を考案することです。予算に応じて適切なソフトウェアと自動化ツールを選択するほうが簡単です。 自動テストラボの費用とインフラの詳細な計画により、製品所有者または上位レベルの管理職は、テストプロセス全体が特定の売上でどのように機能するかを把握できます。したがって、実行に使用するツールの選択は、コスト効果が高くて正確であることが期待できます。   2.3. SDETのスキルとプログラミング言語を判断する 自動テストの普及には、プログラミング言語やその他の技術的スキルに関する多大な努力と知識が必要です。 ほとんどの自動テストツールは、Java、Pythonなどの一般的なプログラミング言語を必要としています。これらのプログラミング言語の適用は必須ですが、自動テスト環境でそれらを上手に実施することは別の話です。使用可能で持続可能なテストスクリプトの場合、自動化テスターは、プロジェクトの指定された品質基準に準拠するコードを作成する必要があります。これに加えて、初心者のテスターにとっても分かりやすく、効率的なテストスクリプトを提供することも重要です。   SDET(Software Development Engineer…

ソフトウェア品質保証会社を選択するための戦略ガイド

ソフトウェア品質保証会社を選択するための戦略ガイド

ソフトウェアテストのアウトソーシングでは、コスト、柔軟性、テストの高度技術において多くのメリットを期待できますが、信頼できるソフトウェアテスト会社を選択するには、ITアウトソーシングベンダーを詳しく調査するとともに、自社の事業を完全に理解する必要があります。この記事では、ロータスQAはビジネスに適したソフトウェア品質保証会社を選択するための戦略ガイドをご紹介します。   I. ソフトウェア品質保証会社のチェックリストを用意する どのソフトウェア品質保証会社が適しているかを決定する前に、不可欠で最も重要なことは、ベンダーに要望するものの明確なチェックリストを用意することです。チェックリストの項目は技術的要素と非技術的要素に分けられます。これらの条件を満たした会社を見つけたら、このガイドの次のステップに進むことができます。     1. 技術的要素 1.1. テストの範囲 テストの範囲は、テスト部門全体、製品ライン、単一の製品、製品リリース、または単なる一つの機能の場合があります。製品のどの部分をアウトソーシングするかを決定することにより、希望する品質保証会社の最初のイメージを持つようになると見なされます。たとえば、単なる製品リリースまたはメンテナンスリリースの場合は、リーズナブルな価格でサービスを提供している中小規模のベンダーのほうが良いでしょう。   1.2. テストスキル 考慮しなければならないもう一つの重要な要素は、QAエンジニアに求められるスキルです。テストスキルには、技術スキル(テストの計画と実行、テストツール、プログラミング言語、フレームワークなど)とドメインに関する実績が含まれます。求められるスキルが指定されることで、テストプロジェクトで協力できる候補者のリストが絞り込まれます。     1.3. テストのタイプ アウトソーシングするテストのタイプは、多くの要素によって定められます。品質に関しては、機能テストと非機能テストのどちらかを選択し、テスト方法に関しては、手動と自動のどちらかを選択するのです。全体として、プロジェクトに適用するアプローチによって異なります。 1.4. ラボ施設 テストプロジェクトに必要な施設、アプライアンス、プラットフォーム、OSなどを把握しておく必要があります。これらを決定したら、ベンダーにテストラボを依頼することができます。 1.5. ソフトウェアテストモデル ソフトウェアテストモデルは、企業とアウトソーシングチームが今後どのように協力するかを決定するものです。最も一般的なソフトウェアテストモデルは次のように取り上げられます。 テストプロセスが別々のステップに分散され、一つのフェーズの結果が次のフェーズのインプットとして順番に機能するウォーターフォールモデル。 開発とテストの作業が並行して実行されるVモデル。 反復型および増分型のステップに従うアジャイルモデル。 計画、リスク分析、エンジニアリング、および評価のステップを含むスパイラルモデル。 これらのテストモデルには、さまざまな長所と短所があります。適切なソフトウェアテストモデルを事前に検討することで、特定のモデルの実績があるベンダーを選択することがより簡単になります。   2. 非技術的要素 2.1. セキュリティ対策 ソフトウェア品質保証アウトソーシングを成功させるためのもう一つの重要なことは、プロジェクト全体に適用されるセキュリティ対策です。厳格なセキュリティプロセスと必要な対策により、データと情報をデータ漏洩や侵害から保護することができます。すでに整っているセキュリティプロセスを企業のニーズに応じてカスタマイズを提案できるベンダーを見つける必要があります。   2.2. 言語とコミュニケーション方法 コミュニケーションは、ベンダーと明確にする必要があるもう一つの重要なことです。チームがリモート(多くの場合、ニアショアまたはオフショア)で作業するパターンがほとんどであるため、ベンダーとコミュニケーションする言語と希望する通信方法を決めておく必要があります。実際のミーティングを通じて対話することで、アウトソーシングされているスタッフの言語能力を真剣に判断することがお勧めです。 2.3. チームスケーリングの可能性 テストサービスプロバイダーを雇用する目的の一つは、チームを迅速に構築することです。したがって、必要なポジションを埋めるのにどれくらいの時間がかかるかを把握する必要があります。さらに、テストスコープを変更する予定がある場合は、チームサイズを縮小できるかどうかも確認する必要があります。 II. 一流のテスト機関と提携しているベンダーを検討する ソフトウェア品質保証会社を探す際には、ベンダーの能力と約束について注目させる「まばゆいばかり」の広告をよく目にするでしょう。しかし、ベンダーの能力を確実に証明するのは、一流のテスト機関とのパートナーシップと国際的に認められたテストの証明書です。     最もよく知られているテスト機関はISTQB、ソフトウェアテスト会社に認知を与える非営利の委員会です。ISTQBは世界のテスト業界でプロフェッションとしての地位を確立しており、一流のテスト専門家によって開発およびレビューされたシラバスの認定を出しています。 個人テスターの認定のほかにも、ベンダーがISTQBのパートナープログラムに参加しているかを確認する必要もあります。このプログラムは、ソフトウェアテストにおけるベンダーの約束と能力を示しています。また、ベンダーがどのようなテストを実行できるかを確認することもできます。   III. ベンダーの既存顧客、ポートフォリオ、ドメインの調査 テスト能力の認定に加えて、注目すべきもう一つの重要なことは、ベンダーの既存顧客の調査です。レビュー、お客様の声、ケーススタディを読んで、ベンダーが企業に何ができるかを把握してから、どのベンダーを選ぶかを決めることができます。…

ITアウトソーシングモデル:適切なアプローチを選択せよ

ITアウトソーシングモデル:適切なアプローチを選択せよ

どのITアウトソーシング価格設定モデルを選択すべきかは、ITアウトソーシングをビジネスに実施する前に答えなければならない最も重要な質問の1つです。基本的に、企業が知る必要なのはどのように支払うか、そしてベンダーがどこにあるかです。 この記事では、4つの一般的なITアウトソーシング価格設定モデルと、企業に最適な価格設定モデルを選択する方法を紹介します。   1.4つのITアウトソーシング価格設定モデル 海外のテクノロジーアウトソーシング会社と契約を締結する前に、アウトソーシング価格設定モデルを検討する必要があります。そうすることにより、どのモデルが企業の予算と計画に最適であるかを判断することができます。その上、企業はビジョンと目標が合理化されたより良い計画を立てられるようになります。ロータスQAでは、次の4つのITアウトソーシング価格設定モデルを実施しています。 プロジェクトベース タイム・アンド・マテリアル 専任チーム スタッフ増強   1.1. プロジェクトベースのITアウトソーシングモデル プロジェクトベースのITアウトソーシングモデルは、各プロジェクトに基づいて適用される作業モデルであり、小規模または中規模のプロジェクトに適しています。これらのプロジェクトには、固定予算に合わせてアウトプットを調整する明確な要件が事前に示されている特徴があります。したがって、企業はアウトソーシングにいくら払わなければならないかを知っており、そして予算と支出計画をよりよく管理することができます。   企業がプロジェクトの新機能や事前定義された目標を持つ業務のために努めるベンダーを探しているとき。 このモデルは、変更される可能性が低い単純なプロジェクトに適しています。アウトソーシングチームは、常に指導や入力を受けることなく、プロジェクトを完了します。 プロジェクトベースのモデルは、コア製品ではないプロジェクトに最適です。なぜかというと、コア製品の開発をアウトソーシングするためにより多くの管理と注意が必要になるからです。 プロジェクトベースのアウトソーシング契約は、ソフトウェア開発スキルが限られている企業に適しています。プロジェクトを専門家チームにアウトソーシングするのは簡単で効率的です。 しかし、オリジナルの作業範囲と違った機能を期待する場合はどうでしょうか。その場合、柔軟性が最も重要であるアジャイル手法を検討したら、プロジェクトベースは最適な計画ではありません。 一般に、プロジェクトベースのモデルは、企業が何を望んでいるか、どのようにそれを完了してもらいたいかを正確に知っているケース向けです。この最終的な情報をまとめるために、企業では、ビジネス分析と市場調査の複数のステップを経なければならないことが多いです。市場が必要としているものと事前定義されたルートに関する確実な情報を備えた場合に対しては、プロジェクトベースは、最良のITアウトソーシングモデルです。   1.2. タイム・アンド・マテリアルのITアウトソーシングモデル タイム・アンド・マテリアル(またはT&M)契約は、世界中の多くの企業やプロジェクトに適用されている1つの一般的なITアウトソーシングモデルです。このモデルでは、企業はプロジェクトの時給と材料費を支払います。プロジェクトベースは前払いモデルですが、T&Mでは、ベンダーから得たものに対して料金を支払います。 プロジェクト要件に関して、T&Mは、プロジェクト/製品の結果がどうあるべきか分からない企業向けです。ある程度の「ワイヤーフレーム」やスケッチが描かれた場合でも、お客様のフィードバックに基づいて開発する傾向があります。 この状況は、アジャイル作業方法を実施している場合に非常に一般的です。アジャイルでは、柔軟性が最も重要な特性であり、変更は頻繁に行われます。アジャイル手法を最適に行うために、企業はタイム・アンド・マテリアル契約を適用しています。     タイム・アンド・マテリアルは、プロジェクトベースのアウトソーシングモデルが提供するものとは正反対です。T&Mを使用する際には、プロセス全体の価値と生産性に焦点を当てます。T&Mは、事前定義されていない複雑な要件に取り組んでいる企業にとって実行可能なソリューションと見なされます。ただし、定期的な評価と頻繁なスケジュールの調整が必要です。 通常、タイム・アンド・マテリアルモデルは、IT業界におけるかなり新しい分野で事業を営む企業によく当てはまります。新しい市場と新しい体験には分単位の変更が必要であり、新しいセクターで成功するために必要な柔軟性を提供できるのはタイム・アンド・マテリアルだけです。   1.3. 専用チームITアウトソーシング契約 専任チームの運用はタイム・アンド・マテリアルと似ていますが、違いは採用の進め方にあります。通常、プロジェクトベースおよびT&Mプロジェクトの場合、顧客企業はプロジェクトの成果のみを明確にします。誰がそれを行うか、そして彼らのスキルセットの問題について焦点を当てません。 しかし、専任チームのITアウトソーシングモデルの場合、ベンダーは必要なスキルセットと経験を持つ技術エンジニアの人材プールを提供し、顧客企業は好みに基づいてチームを選択します。     支払いに関しては、価格設定システムは分かりやすく、企業はチームの規模に応じて毎月支払います。支払いには、メンバーの給与、サービスプロバイダーの料金、および以前に合意されたその他の追加料金が含まれます。 専任チームの範囲は非常に大きく、厳密に事前定義されていないプロジェクトに取り組み、要件は時間の経過とともに変化する可能性があります。彼らは実際にベンダーの従業員であるため、ベンダーは複数のプロジェクトの複数のタスクを分担することができます。これについては、ベンダーと企業の間の契約でさらに対処できます。   1.4. スタッフ増強 スタッフ増強は、実は専任チームでありますが、より小さな規模です。スタッフ増強は、基本的にベンダーから技術エンジニアを雇用し、彼らをフルタイムの従業員として働いてもらうモデルです。スタッフ増強の支払いは、専任チームのアウトソーシングモデルと同じであり、つまり、スタッフは毎月支払われます。 スタッフ増強の最大のリスクは、プロジェクトに努めている従業員が突然働きたくなくなるということです。その場合、オンボーディングとトレーニング段階を含む雇用プロセスを最初から始めることがあります。スタッフ増強を維持する計画はあまり理想的ではありません。しかし、短期および中期のプロジェクトでは、スタッフ増強が完璧なモデルであり、1人または2人の従業員だけいれば十分な場合はさらに良いでしょう。   2.最適なITアウトソーシングモデルの選び方 特にITアウトソーシングベンダーと協力する場合は、要件と目標に適した、より柔軟なモデルを選択できます。ハイブリッド価格設定モデルも1つの選択肢です。 しかし、企業に適したITアウトソーシングモデルを選択するには、最初に考えるべきいくつかの項目があります。 プロジェクトの目標。明確であるか、不明確であるか。 プロジェクトの範囲。プロジェクト全体の目標から、目標を達成するのにどれくらいの時間がかかるかを予測する。 ご希望のプロジェクト管理方法。たとえば、アジャイルまたはスクラムの方法に従いたい場合、プロジェクトベースは絶対に理想的な方法ではないでしょう。 アウトソーシングチームにどのようにスケーラビリティを期待するか。 チームメンバーに期待する技術力と経験レベル。 上記のすべてのことは、ITアウトソーシングモデルを選択する前に自分自身について知っておく必要があることです。これらが明確になったら、ベンダーに「注文」について話し合い、自分に最適なチームを見つけることができます。  …