ベトナムIT企業のトップ

ベトナムIT企業おすすめ7選を比較【2023年度版】

20年にわたりグローバル化を進めてきたベトナムIT企業は、国際的な信頼と認知を築いて、世界のテクノロジー地図の中でその地位を確立してきました。高品質な若手IT人材、競争力のある人件費、成長を推進する経済、やベトナム政府の積極的な支援の等により、ベトナムはアウトソーシング先ランキングのトップ5に入っています。ベトナムも2014年以来、日本市場で2番目に好きなパートナーとなり、アメリカ、ヨーロッパ、韓国、香港、やオーストラリアなどの主要市場でも認知されています。 もし良いベトナムのITサービス企業を探しているのであれば、このリストは役立つと考えられます。本記事では、ベトナムで高品質なITサービス・ソリューションを提供する一流の会社を紹介するだけでなく、ベトナムのIT会社に外注すべき理由、そして最適なパートナーを選択するポイントを説明していくので、是非ご一読ください! 一流なベトナムIT企業一覧 設立年、従業員数、業績や資格、提供サービスなど、入念に調査した項目に基づき、各社を比較しています。貴社のニーズに最適なサプライヤーを見つけるお手伝いをさせてください。   設立年 従業員数 主なサービス FPTソフトウェア 1999 27,000名 ・システム開発・運用・マイグレーション・AI(人工知能)、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、最新テクノロジーサービス・カスタムソフトウェア開発 ・ITマネージドサービス ・非音声BPO /ブラックオフィスサービス Lotus Quality Assurance 2016 約300名 ・ソフトウェアテスト (Webアプリテスト、モバイルアプリテスト、自動化テスト、組み込みテスト、統合テスト)・車載ソフトウェアテスト・ソフトウェア開発(Webアプリ開発、モバイルアプリ開発)・ブロックチェーン開発・ソフトウェアの保守とアップグレード・ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)(データアノテーション、データ収集、データ変換) Shift Asia 2016 約200名 ・アプリケーションテスト ・ERPコンサルティングとSI・サイバーセキュリティ ・モバイルアプリ開発 ・ユニファイドコミュニケーションコンサルティングとSI・Web開発・カスタムソフトウェア開発 CMC Global 2016 約1000名 1. 世界水準のオフショア開発:カスタムソフトウェア開発、ソフトウェア保守、レガシーマイグレーション、テスティングサービス 2. デジタルトランスフォーメーション:クラウドサービス、ローコード、データ、アナリティクス、AI 3. ソリューション:顔認証ソリューション(CIVAMS.Face)、CMC Social Listening、CMC Chatbot、C-ID Reader、C-CA、SOC(Security Operation Center) 株式会社VTI 2017 1000名以上 モバイルアプリ開発、マイグレーション、保守&運用支援、IoT、クラウドコンピューティング、AIサービス リッケイソフト(Rikkeisoft) 2012 1600名以上 1. IT サービス ・ソフトウェア開発 ・マネージドサービス ・品質保証 ・システムマイグレーション…

ソフトウェアテストアウトソーシングを選択する理由

6つのソフトウェアテストのアウトソーシングを選択する理由

ソフトウェア・製品がスムーズに動くために、ソフトウェアテストが最も重要です。それでも、リソースが限られていますので、社内のテストチームを持つ企業はあまりありません。 その代わりに、外部委託された ソフトウェアテストアウトソーシング のサービスが実行可能なソリューションのようです。 6つのソフトウェアテストのアウトソーシングを選択する必要がある理由について詳しく読んでいきましょう。   1. 費用効率の高さ 社内のソフトウェアテストのインフラを構築するには、非常にコストがかかります。 例えば、Salary Exploreによると、日本のソフトウェアテストエンジニアの給与範囲は、233,000円(最低)から669,000円(最高)となっています。これは、住宅、交通費、その他の手当を含む平均的な月給です。 一方、地理的な価格設定のおかげで、ニアショア、オフショアの国の基本給は日本よりも70%低くなっています。Salary Exploreによると、ベトナムのソフトウェアテストエンジニアの給与範囲は、最低32,245円から最高100,145円となっています。 ベトナムでソフトウェアテストサービスプロバイダーを選択することにより、企業はテストに関するコストを大幅に削減することができます。 このような統計からわかるように、社内のテストチームとニアショア/オフショアチームの間のコスト範囲には大きな差分があります。 社内チームでは、雇用主はミドルレベルのソフトウェアテストエンジニアを雇うために多額のお金を払う必要があるのみならず、現金ボーナス、ヘルスケア、年間給付金等の追加の報酬も支払う必要があります。また、このにはHRの運用コストやテストツールのコスト、もまだ含まれていません。数千ドルに上る可能性があります。 しかし、ニアショア/オフショアチームがある場合、このようなのコストについて心配する必要はありません。   2. 柔軟性 ソフトウェアテストのアウトソーシングを選択するもう1つの理由は、チームの迅速なスケーリングやプロジェクト要件への迅速な適応といった柔軟性です。 チームの迅速なスケーリング ソフトウェアテストをアウトソーシングする場合、3人〜5人のテスターのチームを依頼して、わずか2週間以内に雇用できますので、チームのスケーリングが高速になるという利点があります。 手動テスターでも自動化テスターでも、短期間で希望のチームメンバーを獲得できます。 ビジネスの軌道に合わせてチームを縮小する場合にも適用されます。 プロジェクト要件への迅速な適応 破壊的イノベーションの絶え間なく変わる市場では、プロジェクトの目的と要件が変更される場合がよくありますので、ビジネスリーダーが切り替えを希望するときに頭痛の種になります。 このテスト目標の変更により、社内チームは、新しいテクノロジーの需要や新しいツールの使用等の問題が発生する可能性がありますので、適応するのが非常に困難になります。一方、アウトソーシングのテストチームは、人材を迅速に変更して必要なスキルを持つ人材と交代することができます。 そのため、数日以内にプロジェクトの要件に適応します。   3. 市場投入までの時間の短縮 市場投入までの時間は、製品の効率、収益、市場シェア、競争力に影響を与える最も重要な要素の1つです。 プロジェクトが延長されることを避けたいですね。 ただし、社内チームでは、テストプロセス自体は言うまでもなく、採用、トレーニング、オンボーディングプロセスに多大な時間がかかる可能性がありますので、遅延が発生する可能性が非常に高くなります。 ただし、アウトソーシングのソフトウェアテストチームでは、採用プロセスを実行する必要がなくなります。 ベンダーは、プロジェクトにすぐに取り組むことができる完璧な候補者を提供できます。 また、ベンダーは企業の目標とビジネスに合うように最適化されたタイムラインを作成し、正確に従う責任があります。 タイムラインを厳密に従うために特定の対策を取り、不必要な遅延や適切なツールの無限の検索等の問題が発生しません。   4. 専門知識へのアクセス ソフトウェアテストのアウトソーシング企業には、さまざまなテストツール、システム、テスト環境で長年の経験を持つ多くのQA専門家がいるタレントプールがあります。また、ベンダーがヘルスケア、金融、教育等のドメインを理解し、戦略的なアドバイスを与えるために必要な経験・知識を持っています。 普通のIT人材、特にソフトウェアテスターにとって、高度な専門知識レベルの人材を獲得することは非常に困難です。 高給に加えて、希望の経験とスキルを持つテスターを採用するには、評判と追加の福利厚生が必要であり、多大な工数と費用がかかるためです。 しかし、アウトソーシングでは、アウトソーシングベンダーが、希望のテクノロジーとスキルセットを含むCVを直接提供し、最適な候補者を選択できるというメリットがあります。   5. 他の運用にもっと焦点を合わせること   ソフトウェアテストはソフトウェア開発ライフサイクルの重要な工程ですが、必ずしもビジネスのコアの工程であるとは限りません。 ソフトウェアテストの作業をアウトソーシングすることにより、コアビジネスオペレーションは新しいテスト部門の人材採用・運用の作業から解放され、重要な操作に集中する時間が増えます。 外部委託されたテストチームの管理の経験を持つベンダーがテストチームを成功に導くことができます。 企業がただテストチームの進捗状況を定期的にチェックし、ビジネスの競争の優位性を実際に生み出すことができるものに集中する必要があります。  …

ITアウトソーシングモデル:適切なアプローチを選択せよ

ITアウトソーシングモデル:適切なアプローチを選択せよ

どのITアウトソーシング価格設定モデルを選択すべきかは、ITアウトソーシングをビジネスに実施する前に答えなければならない最も重要な質問の1つです。基本的に、企業が知る必要なのはどのように支払うか、そしてベンダーがどこにあるかです。 この記事では、4つの一般的なITアウトソーシング価格設定モデルと、企業に最適な価格設定モデルを選択する方法を紹介します。   1.4つのITアウトソーシング価格設定モデル 海外のテクノロジーアウトソーシング会社と契約を締結する前に、アウトソーシング価格設定モデルを検討する必要があります。そうすることにより、どのモデルが企業の予算と計画に最適であるかを判断することができます。その上、企業はビジョンと目標が合理化されたより良い計画を立てられるようになります。ロータスQAでは、次の4つのITアウトソーシング価格設定モデルを実施しています。 プロジェクトベース タイム・アンド・マテリアル 専任チーム スタッフ増強   1.1. プロジェクトベースのITアウトソーシングモデル プロジェクトベースのITアウトソーシングモデルは、各プロジェクトに基づいて適用される作業モデルであり、小規模または中規模のプロジェクトに適しています。これらのプロジェクトには、固定予算に合わせてアウトプットを調整する明確な要件が事前に示されている特徴があります。したがって、企業はアウトソーシングにいくら払わなければならないかを知っており、そして予算と支出計画をよりよく管理することができます。   企業がプロジェクトの新機能や事前定義された目標を持つ業務のために努めるベンダーを探しているとき。 このモデルは、変更される可能性が低い単純なプロジェクトに適しています。アウトソーシングチームは、常に指導や入力を受けることなく、プロジェクトを完了します。 プロジェクトベースのモデルは、コア製品ではないプロジェクトに最適です。なぜかというと、コア製品の開発をアウトソーシングするためにより多くの管理と注意が必要になるからです。 プロジェクトベースのアウトソーシング契約は、ソフトウェア開発スキルが限られている企業に適しています。プロジェクトを専門家チームにアウトソーシングするのは簡単で効率的です。 しかし、オリジナルの作業範囲と違った機能を期待する場合はどうでしょうか。その場合、柔軟性が最も重要であるアジャイル手法を検討したら、プロジェクトベースは最適な計画ではありません。 一般に、プロジェクトベースのモデルは、企業が何を望んでいるか、どのようにそれを完了してもらいたいかを正確に知っているケース向けです。この最終的な情報をまとめるために、企業では、ビジネス分析と市場調査の複数のステップを経なければならないことが多いです。市場が必要としているものと事前定義されたルートに関する確実な情報を備えた場合に対しては、プロジェクトベースは、最良のITアウトソーシングモデルです。   1.2. タイム・アンド・マテリアルのITアウトソーシングモデル タイム・アンド・マテリアル(またはT&M)契約は、世界中の多くの企業やプロジェクトに適用されている1つの一般的なITアウトソーシングモデルです。このモデルでは、企業はプロジェクトの時給と材料費を支払います。プロジェクトベースは前払いモデルですが、T&Mでは、ベンダーから得たものに対して料金を支払います。 プロジェクト要件に関して、T&Mは、プロジェクト/製品の結果がどうあるべきか分からない企業向けです。ある程度の「ワイヤーフレーム」やスケッチが描かれた場合でも、お客様のフィードバックに基づいて開発する傾向があります。 この状況は、アジャイル作業方法を実施している場合に非常に一般的です。アジャイルでは、柔軟性が最も重要な特性であり、変更は頻繁に行われます。アジャイル手法を最適に行うために、企業はタイム・アンド・マテリアル契約を適用しています。     タイム・アンド・マテリアルは、プロジェクトベースのアウトソーシングモデルが提供するものとは正反対です。T&Mを使用する際には、プロセス全体の価値と生産性に焦点を当てます。T&Mは、事前定義されていない複雑な要件に取り組んでいる企業にとって実行可能なソリューションと見なされます。ただし、定期的な評価と頻繁なスケジュールの調整が必要です。 通常、タイム・アンド・マテリアルモデルは、IT業界におけるかなり新しい分野で事業を営む企業によく当てはまります。新しい市場と新しい体験には分単位の変更が必要であり、新しいセクターで成功するために必要な柔軟性を提供できるのはタイム・アンド・マテリアルだけです。   1.3. 専用チームITアウトソーシング契約 専任チームの運用はタイム・アンド・マテリアルと似ていますが、違いは採用の進め方にあります。通常、プロジェクトベースおよびT&Mプロジェクトの場合、顧客企業はプロジェクトの成果のみを明確にします。誰がそれを行うか、そして彼らのスキルセットの問題について焦点を当てません。 しかし、専任チームのITアウトソーシングモデルの場合、ベンダーは必要なスキルセットと経験を持つ技術エンジニアの人材プールを提供し、顧客企業は好みに基づいてチームを選択します。     支払いに関しては、価格設定システムは分かりやすく、企業はチームの規模に応じて毎月支払います。支払いには、メンバーの給与、サービスプロバイダーの料金、および以前に合意されたその他の追加料金が含まれます。 専任チームの範囲は非常に大きく、厳密に事前定義されていないプロジェクトに取り組み、要件は時間の経過とともに変化する可能性があります。彼らは実際にベンダーの従業員であるため、ベンダーは複数のプロジェクトの複数のタスクを分担することができます。これについては、ベンダーと企業の間の契約でさらに対処できます。   1.4. スタッフ増強 スタッフ増強は、実は専任チームでありますが、より小さな規模です。スタッフ増強は、基本的にベンダーから技術エンジニアを雇用し、彼らをフルタイムの従業員として働いてもらうモデルです。スタッフ増強の支払いは、専任チームのアウトソーシングモデルと同じであり、つまり、スタッフは毎月支払われます。 スタッフ増強の最大のリスクは、プロジェクトに努めている従業員が突然働きたくなくなるということです。その場合、オンボーディングとトレーニング段階を含む雇用プロセスを最初から始めることがあります。スタッフ増強を維持する計画はあまり理想的ではありません。しかし、短期および中期のプロジェクトでは、スタッフ増強が完璧なモデルであり、1人または2人の従業員だけいれば十分な場合はさらに良いでしょう。   2.最適なITアウトソーシングモデルの選び方 特にITアウトソーシングベンダーと協力する場合は、要件と目標に適した、より柔軟なモデルを選択できます。ハイブリッド価格設定モデルも1つの選択肢です。 しかし、企業に適したITアウトソーシングモデルを選択するには、最初に考えるべきいくつかの項目があります。 プロジェクトの目標。明確であるか、不明確であるか。 プロジェクトの範囲。プロジェクト全体の目標から、目標を達成するのにどれくらいの時間がかかるかを予測する。 ご希望のプロジェクト管理方法。たとえば、アジャイルまたはスクラムの方法に従いたい場合、プロジェクトベースは絶対に理想的な方法ではないでしょう。 アウトソーシングチームにどのようにスケーラビリティを期待するか。 チームメンバーに期待する技術力と経験レベル。 上記のすべてのことは、ITアウトソーシングモデルを選択する前に自分自身について知っておく必要があることです。これらが明確になったら、ベンダーに「注文」について話し合い、自分に最適なチームを見つけることができます。  …

ITアウトソーシング市場:概要、予測、および動向2022〜2025

ITアウトソーシング市場 :概要、予測、および動向2022〜2025

ITアウトソーシングは、2021年に急激な時価総額の増加と成長を目撃しており、この潜在的な開発は2022年も継続され、業界に多くの新しいトレンドを生み出します。 この記事では、 ITアウトソーシング市場 が2022年から2025年の段階にどのように展開するかを見てみましょう。 A.  ITアウトソーシング市場 の概要と予測・2022年から2025年 1.  ITアウトソーシング市場 の成長 企業の競争力向上においてテクノロジーがますます重要になるにつれて、デジタルトランスフォーメーションを実施する企業が増加しています。その結果、ITアウトソーシング市場全体が急速に成長してきました。 2021年には、ITアウトソーシング事業の売上は359,832百万ドルに達すると報告されています。これは、このような経済的に困難な年において膨大な数です。 一般的に、ITアウトソーシング市場は予測期間中(2021年から2026年)に4.5%のCAGRを登録すると予想されます。   COVID-19の大流行にもかかわらず、またはおそらくCOVID-19の大流行が理由として、IT部門がアウトソーシングに費やす予算の割合は、以前の2019年と2020年の数に基づいて、約8〜9%増加し続けます。困難なパンデミックによって引き起こされたいずれかのリスクとチャレンジに対しても、ITアウトソーシングは、デジタル化のトレンドを活用し、ビジネスの成長、顧客体験、競争的革新という点でビジネスを支援できるため、巨大な可能性を示しています。 2. 頻繁に外部委託された機能 Mordor Intelligenceの調査によると、部分的なITアウトソーシングの傾向の中で、アプリケーション開発とメンテナンスが最も頻繁にアウトソーシングされる機能になっていることが示されています。 最も頻繁にアウトソーシングされている機能であるアプリケーション開発については、この機能をアウトソーシングしている組織の37%が、アウトソーシングする作業量を増やす計画を図っています。アプリケーション開発は引き続きIT予算の大部分を占めており、多くのIT組織は、外部の開発会社を選択的に使用することにより、内部の人員配置を最適化しようとしています。 多くの企業が最新のテクノロジーとアプリケーションでの完璧な運用を要求しているため、メンテナンスは頻度に関して2番目でアウトソーシングされているIT機能にランク付けされています。その結果、バグ修正、機能強化、パフォーマンス改善、スケーラビリティ、セキュリティなどの多くのメリットがもたらされます。 3. 業務委託がもっとも多い分野 BFSI(銀行、金融サービス、保険)は、ITアウトソーシング業界で最大の市場シェアを占める分野です。 現代の顧客がサービスの提供方法に関して、更なる要求を出しているため、BFSIの企業は、より個人化かつ合理化された顧客体験のための技術的アプリケーションの活用を図っています。 さらに、顧客体験におけるテクノロジーの実施は、一流の顧客サービスを提供するだけでなく、企業に顧客からのデータを活用およびマイニングするためのツールを提供し、ビジネスの成長に大きなメリットをもたらします。 業務委託が多い分野一覧の中には、ヘルスケア、配送および輸送、小売および製造も取り上げられます。 4. 業務委託が最も多い国 パンデミックがグローバルビジネスを加速させるにつれて、企業は業務にデジタル化を実施するためにあらゆる取り組みをしています。先進国の中では、経済が成熟したアメリカが世界の業務委託件数をリードしており、68%の企業がサービスを委任しています。   2番目にランクされているのはイギリスで、48%の企業が人材不足を主な要因として海外にアウトソーシングしています。 これらの先進国で有能なIT人材を雇う費用は非常に高いため、ほかの国からのより安価なサービスを検討する必要性が高くなります。したがって、最も多くアウトソーシングする国の大多数は先進国にあります。その中の1つは日本で、43%の企業がサービスをアウトソーシングしています。 5. グローバルITアウトソーシング先 インドと中国がアウトソーシングの流行をリードしており、インドネシア、マレーシア、ネパール、フィリピン、ベトナムが安価な人件費と運用コストで続いています。特にベトナムでは、ベトナムでのITアウトソーシングが110億ドルの売上で浮上しています(ベトナムソフトウェアおよびITサービス協会の報告による)。ベトナムは、Tholonのデジタル国家トップ50の中で9位にランクされています。 ICTの総輸出額は915億ドルと報告されており、ソフトウェアの輸出売上高は35億ドルに上ります。 この数は2022年にさらに増えると予測されています。 これらの目的地は持続的に成長し続けますが、近年、東ヨーロッパと西ヨーロッパが信頼できるアウトソーシング先として浮上しています。他のいくつかの東ヨーロッパ諸国は、高度なテクノロジーと堅牢なインフラ施設により、オフショアITソリューションの急成長先です。   関連記事 2022年の ITアウトソーシング動向 7つと熱が冷めるトレンド7つ 効果的な 外部委託管理 の7つのヒント IT アウトソーシング契約形態 :知るべきす全てのこと   B.  ITアウトソーシング市場 の今後の動向 1.…

ITアウトソーシング契約:知るべきす全てのこと

IT アウトソーシング契約形態 :知るべきす全てのこと

IT アウトソーシング契約形態 は、企業のITアウトソーシングの実施に関して、おそらく最後に考慮されるものになりがちです。 多くの場合、コスト削減と配信の品質は優先事項と考えられていますが、ITアウトソーシング契約はこれらの成果に非常に深く関連して重要な役割を果たしていることを認識する人が少ないようです。 ITアウトソーシングモデルに関する前回の記事では、ITアウトソーシングが多面的なサービスであることを述べました。つまり、ビジネスに最適なソリューションを完成させるには、場所や価格契約など、多くの機能を調査する必要があります。 この記事では、最も一般的な4つのITアウトソーシング契約と、契約で必要となる事項の詳細について説明します。   1. IT アウトソーシング契約形態 とは何? これらすべてのITアウトソーシングおよびアウトソーシング契約に不慣れな場合は、基本的な定義から始めましょう。 ITアウトソーシング契約は、合意された条件に従って両当事者を拘束する法的文書です。 この契約では、価格設定モデル、作業範囲、納期などに関する多くの事項が含まれています。このITアウトソーシング契約に関与する両当事者は、ベンダーと顧客です。この契約には、知的財産、秘密保持契約などに関する法的条件が含まれることが多いです。     関連記事 2022年の ITアウトソーシング動向 7つと熱が冷めるトレンド7つ 効果的な 外部委託管理 の7つのヒント ITアウトソーシング市場 :概要、予測、および動向2022〜2025   2. ITアウトソーシング契約の3つのタイプは何? ITアウトソーシングは、ベンダーの専門知識、配信品質の向上、コスト削減などの多くのメリットで、多くのビジネスリーダーに好まれてきました。しかし、これらすべてを享受するのは、思うほど簡単ではないかもしれません。 多種のプロジェクトに対して、目標を達成するためには、様々な取り組みがあります。このような考え方は、ITアウトソーシング契約にも当てはまります。 ITアウトソーシング契約には、次の3つのタイプがあります。 プロジェクトベース タイム・アンド・マテリアル 専任チーム   2.1. プロジェクトベースのITアウトソーシング契約 a) それは何? プロジェクトベースのITアウトソーシング契約は、最も一般的な契約の種類です。 プロジェクトベースでは、顧客は最初に明確にするのはプロジェクトの要件の追求であり、それを済んでいたら、適切なベンダーを探します。 提案依頼書には、事前に要件を明確に記載する必要があります。次のような質問に答えてみましょう。 ベンダーからどのようなサービスを提供してもらいたいか? ベンダーから期待する目標は何か? 作業範囲はどのようなことか?     ITアウトソーシングへの支出を完全に管理したい顧客にとって、プロジェクトベースの契約が適切です。この契約では、ベンダーは特定の要件と目標の下で作業します。 関係がなく、作業範囲外の作業は処理されません。製品は、決められた費用で、約束された時間内に配達されます。 b) いつ使用するか? 自社が何を望んでいるか、そしてそれをベンダーからどのように対応してもらいたいかを確かに知ってる。 プロジェクトの時間枠は短い。 要件が明確にされており、柔軟性が不要。 プロジェクトは単純であり、開発および実施の方向にはいかなる原因の影響も受けない。 ベンダーが初期要件に従って期待される結果を提供できる限り、ベンダーがプロジェクトをどのように行うかに干渉したくない。  …

効果的なITアウトソーシング管理の7つのヒント

効果的な 外部委託管理 の7つのヒント

どのようにして効果的な 外部委託管理 を実現できるのでしょうか。アウトソーシングは優れたツールですが、正しく管理できなければ、ITアウトソーシングプロジェクトで失敗してしまい、悩まされることが多いでしょう。本記事では、 ITアウトソーシングのポテンシャルを十分に活用するためのLQAの7つのヒントをご紹介します。   1. 始めには、重要性の低い業務をアウトソーシングの対象とする ITアウトソーシングを実施する経験があまりない方は、ゆっくり関わっていくほうがいいでしょう。まとめて始めるのではなく、最初に重要性の低いIT機能でITアウトソーシングを試してみます。それらの業務委託の内容が簡単に理解できるので、初体験にはぴったりです。 例えば、テストをアウトソーシングしたいとします。まず、手動テストで単体テスト、統合テスト、機能テストなどから始めます。チームがもっと力を発揮できそうな効果が出たら、より複雑な作業を必要とする自動化テストに進みます。 これは、ITアウトソーシング管理の効率性のリトマス試験と見なすことができます。このような「トライアル」を通じて、ITアウトソーシングがどのようなものであり、アウトソーシングされたチームをうまく管理するために何が必要かを理解することができます。最悪の場合、アウトソーシングが期待に応えられない場合でも、コアでない機能にしか至らない、影響が小さいです。ビジネスの重要な部分には影響がありません。したがって、リスクは最小限に抑えられます。     一方、ITアウトソーシングが有望な結果を示している場合は、システムの経験と理解を、より大規模でより複雑なプロジェクト/機能に対して使用できます。 では、重要性の低い業務をどのように見だすのでしょうか。それは、何年にもわたって適用されてきた戦略的vs商品的アプローチという方法に繋がります。 この方法では、対象業務は2つの部分に分けられます。 競合他社との差別化を図らない商品。これらをアウトソーシングする ビジネスに不可欠な戦略的機能。これは社内に保管する。 ただし、実施方法は最終的な目標と契約の履行方法によって異なることを心がける必要があります。例えば、すでに商品的または戦略的機能として分類できている場合でも、品質確保とコスト削減をテーマとして、多数のサプライヤの入札を検討することがあります。多くの企業は、短期契約で2年間ほどこのようなアプローチを実施し、戦略的機能を外部委託できるかどうか検討します。契約の結果に応じて、アウトソーシングを続けるかどうか決めます。   2. 目標と要件を定義する 実際にプロジェクトを成功させるためには、ITアウトソーシングに何を期待するかを知っておく必要があります。コスト削減や大規模なタレントプールなど一般的で当たり前のことは目標にはなれません。目標をより小さな目標に分割する必要があります。各目標に実施するアクション、対象、および項目のチェックリストを含むようにしましょう。 例えば、パフォーマンステストをアウトソーシングしたいとします。プロセスの各段階に対して、全体的な要件をより小さな要件に分割します。 要件分析:アウトソーシングチームに何を扱っているかを知ってもらい、プロジェクトを明確にするための質問リストを準備してもらいます。 テストプロセス:分析と、テスト戦略、テストプラン、テストスケジュール、テスト環境、テストビューポイント、テストデザイン、テストスクリプト、テストシナリオ、テストケースなどを作成してもらいます。 テストの実施:バグレポート、テストログ、テストレポートなどを作成してもらいます。プロジェクトレポート:プロジェクト全体の効率性のレポートを作成してもらいます。     上記の目的から、それらを達成するための戦略的な計画を図ることができます。 アウトソーシング対象を具体化することで、アウトソーシングプロジェクトの次のステップの課題と業務分担をさらに図ることができます。明確な目標と要件は、アウトソーシングチームの管理にも役立ちます。期待される結果に達しないものはすべてレビューされ、必要に応じてやり直されます。   3. 適切なアウトソーシングタイプを選択する 実際には、会社の地理的位置によってオンショア、ニアショア、またはオフショアのアウトソーシングが選ばれます。 ➡ オンショア開発は、次の場合に適しています。 サプライヤーとのコミュニケーションを優先する 言語や文化の壁について悩まされたくない より良い管理と監督のために、サプライヤーといつでも簡単に相談できるようにしたい   ➡ ニアショア開発のアウトソーシングは、次の場合に適しています。 継続的なコミュニケーションとコスト削減の両方を確保したい チームに文化的な親しみを持たせたい   ➡ オフショア開発は、次の場合に適しています。 コスト削減は最も重要 時差を気にしない より大きなタレントプールがほしい 優先順位に基づいて、上記のITアウトソーシングタイプから選択できます。   関連記事: ・オフショア開発を実施する際にどんな課題に直面しますか? ・なぜベトナムオフショア開発を実施すべきでしょうか?   4. 適切なIT…

なぜ ベトナムオフショア開発 を実施すべきでしょうか?

なぜ ベトナムオフショア開発 を実施すべきでしょうか?

近年、東南アジアはテクノロジーの中心地として注目されています。この地域は、多くのユニコーン企業の本拠地であるだけでなく、だんだん人気のあるオフショア開発発注先になっております。価格競争力に加えて、優秀な人材、経済的なポテンシャルの高さにより、ベトナムも最高水準のITアウトソーシング・サービスを求める企業にとって誘惑の国です。ベトナムと言えば、経済が発展していない国または戦争で荒廃した国などのイメージが非常に連想されます。しかし、情報技術業界における近年の功績と未来の情報技術の成長に向けた新しい方向性により、 ベトナムオフショア開発 企業は、国際的な顧客の信頼を得ることに成功しています。   1. 大きな可能性を秘めたベトナムのソフトウェア・アウトソーシング ベトナムは東南アジアの中心に位置しております。ベトナムの標準時はGMT+7であり、アメリカより12時間、イギリスより7時間で速くて、オーストラリアより3時間、日本と韓国より2時間で遅いです。ベトナムの経済成長率は、2021年に約4.8%になると予測されます。具体的に、ベトナム計画投資省外国投資局(FIA)は1~9月の海外直接投資(FDI)認可額が前年同期比4.4%増の221億4,600万米ドル(約2兆4,500億円)だったと発表した。 過去2年間の新型コロナウイルス感染症感染拡大にもかからわず、ベトナムは着実に発展し、そして、活況を呈している業界の一つはベトナムのソフトウェア・アウトソーシングです。 1.1. ベトナムはICT産業、特にソフトウェアの輸出で盛り上がっている 約15年前にITアウトソーシングサービスが台頭して以来、ベトナムのソフトウェア・アウトソーシングは、隠された宝石のようなものであり、ビジネスにテクノロジーを応用したい企業を誘惑してきました。実際、2014年から現在まで、ソフトウェア開発およびサービスのアウトソーシングにおいて、ベトナムは日本の第2位のパートナーとしてその能力を証明しています。     また、2021年に発表された「Global Services Location Index」によると、ベトナムは、経済的魅力、人材のスキル・供給力、ビジネス環境、デジタル共鳴の4つのカテゴリーで6位にランキングされて、新たなデジタルハブとして浮上しました。また、Tholon社の「Top 50 Digital Nations」では、ベトナムは9位にランクインしています。20年前に技術の進歩がほとんど見られない時代遅れの国だったベトナムは、急速なデジタルトランスフォーメーション(DX)に拍車をかけました。ICT企業は国内市場にサービスを提供するだけでなく、ソフトウェアやその他のソリューションを大量に輸出するまでになりました。このことは、次のような数字で証明されています。 ICTの輸出総額は915億ドルで、そのうちソフトウェアの輸出額は35億ドルと報告されています。この数字は、2021年には少なくとも5%成長すると予測されています。また、ソフトウェア&ITサービスは110億ドルを占めています(Vietnam Software and IT Services Associationの報告書による)。 2016年以降、ベトナムは「東南アジアのシリコンバレー」と称され、今後のデジタル経済の活況が予測されています。この急激な発展は、政府が法的枠組みやイニシアチブの形成に乗り出し、IT部門の成長に焦点を当てているため、さらにレベルアップするでしょう。 パンデミックという困難な時期を乗り越え、世界で最も要求の厳しい顧客との仕事を経験したことで、ベトナムは世界のソフトウェア・アウトソーシング市場でますます好まれるようになっています。 1.2.ベトナムのIT市場成長指数 情報通信省の2019年総括および2020年方向性報告書によると、2019年のICT産業総収入は112,350Bドルと推定され、そのうち81.5%がICT輸出分となっています。2020年は、ベトナムがデジタルテクノロジービジネスの開発に力を入れる「Make in Vietnam」戦略を公式に発表した最初の年でした。その後、デジタルテクノロジービジネスの数は28%増加し、約6万社に達しています。 ベトナムのデジタルテクノロジービジネスは、E-commerce、Fintech、Ride/food order、Edtech、Healthcare、AI、Machine Learning、Blockchainなどの12の主要分野に集中します。この集中が世界のトレンドと一致することで、ベトナムの能力は世界の需要、特にITアウトソーシングサービスを求める企業の需要に応えることができます。   2. 豊富なIT人材 ベトナムは世界の他の国々と同様に人材不足の問題に直面していますが、現在のIT労働者の数を見ると、業界全体の発展に向けて顕著な見通しが立っています。数字を見れば一目瞭然です。 現在、ベトナムには約40万人のITエンジニアがおり、さまざまな分野で活躍しています。養成機関を卒業する学生は、年間約5万人です。IT技術者の約53%が1〜3年の経験を持っています。面白いことに、数年の経験しかないにもかかわらず、多くのベトナム人技術者がシニア/リードレベルの専門知識を持っています。これらの数字から、ベトナムはITエンジニアの需要を満たすのに十分な人材プールを持っていることが証明されました。     ベトナムのITエンジニアは、世界のトレンドに合わせて、以下のような最も人気のある技術に焦点を当てています。フレームワーク/ライブラリについて フレームワーク/ライブラリ:Laravel(49.6%)、NodeJS(36.4%)、React(27.9%)。データベースの場合 MySQL (59.1%), SQL Server (40.0%), PostgreSQL (32.9%)、IDE&テキストエディターの場合 Visual Studio Code」(35.2%)、「Sublime Text」(34.9%)、「IntelliJ」(33.5%)。…

オフショア開発を実施する際にどんな課題に直面しますか?

オフショア開発を実施する際にどんな課題に直面しますか?

新型コロナウイルスのの世界的流行による経済活動の停止のため、多くの企業はDXの導入を検討し、実装しています。企業はDX推進のために実行可能での費用対効果ソリューションとしてオフショア開発サービスを選択しています。しかし、オフショア開発はあらゆるビジネスに適するソリューションではありません。このモデルはコスト削減に優れたメリットの一方で、取り組むべき多くの課題ももたらします。これらの慢性的な問題は、大規模なタレントプールと健全な財政を維持できる企業であっても、企業のDX導入に悪影響を与える可能性があります。これらの困難に収拾しように、下記の オフショア開発の課題 を一緒に深くを極めてしましょう!   1. エンジニアの質 オフショア開発を実施したい企業はより低コストで望みのような結果が得られることを非常に期待しています。 ただし、これは単に理想的な遠景です。実際に、多くのオフショア開発プロジェクトは求めるレベルを満たさないオフショアチームのエンジニアのため失敗してしまいました。 オフショア開発企業と協業する際に、技術的な面で双方間の非互換性はしばしば発生します。プロジェクトに適しないスキル・経験を有すエンジニアの参加は製品の品質に良くない影響を与えます。最悪の場合は納品されたものが正常に動かないことです。     問題解決:オフショア チームをうまく稼働させるように、企業はオフショアチームにコミュニケーションと技術面で要件について全体像を描くことが必要です。例えば、必要なプログラミング言語、フレームワーク、さらにはソフトスキルなどを明確にすべきです。要件が詳しければ、詳しいほどいいです。そして、面接を設定して、実績とエンジニアの質をしっかり見極める必要もあると思います。   2. 追加コスト オフショア開発は大幅にコストを削減することに役立つが、追加コストがかかる場合もあります。これらの追加コストは、追加のインフラストラクチャコスト、管理コストや手戻りコストであることが可能です。 そして、いかなる変更は費用対効果の減少につながる可能性があります。最終的に、これは採用パーティーの提案と財務計画に消極的な影響を及ぼすかもしれません。 問題解決:発注前の準備を綿密に行うのは追加コストを抑えることに役だちます。具体的には発注の目標を明確にしたり、適当なオフショア開発プロバイダーを選択したり、必要な費用を精密を計算したりすること等をすべきです。これにより、作業プロセスがより円滑に行われ、仕事の品質が確保されるので、手戻り等のコスト・時間を下がることできます。企画設定と費用推定などに骨を折る場合はオフショア開発分野におけるスペシャリストを依頼すべきです。 その上、開発過程での変更に対応できるオフショア開発企業を選択することも追加コストのリスクを減少すことに役だちます。   3. オフショア開発プロジェクトにおける時差 オフショア開発を実施すると、時差は双方間のコミュニケーション効果を大きな影響を及ばすかもしれません。お客さまとベンダー間の時差が大きすぎると、メール、特に電話にてコミュニケーションは一段難しくになります。製品に何かトラブルまたはバッグ等が発生する場合、時差によるレポート・処理の遅れは双方に甚大な被害をもたらす可能性があります。 したがって、日本企業が発注したい時、オフショア開発先としてアジア圏内を選択すれば、時差によるリスク・問題を減少することができます。これはベトナムをはじめとしてアジア諸国でのオフショア開発を実施することは企業に注目されています。   問題解決:日本とベトナムの時差はわずか2時間だが、時差による問題がまだ起こすことが可能です。異なるタイムゾーンといった問題に対処するために、自社とベンダーは相談して、固定スケジュールを設定する必要があります。このスケジュールには、、何が達成されたか何が達成されるべきかについて定期的なチェックポイントと会議が含まれるべきだと思います。   4. コミュニケーション不足 コミュニケーション不足は、オフショア開発プロジェクトで最大の問題の1つです。この問題の原因として、次の要因が考えられます。 4.1. 言語の壁 多くの国際的なクライアントと取り組まなければならないため、言語の壁はどのODCにとって一般的な課題です。日本語がどれほど上手であっても、外国人である開発チームが日本語でプロジェクトの要件を理解するのは困難だと考えられています。その上、仕様書が日本人のスタッフであっても理解しずらい場合もあるから、それを他の言語に翻訳するのは誤解につながる可能性があります。双方間の誤解が誤解が生じると、確認・修正のために追加時間とコストがかかることになります。 問題解決:専門的な知識と高い日本語スキルを有すブリッジSEとコミュニケーターを採用することが言語の壁を乗り越えることに役立つ方法の一つです。オフショアチームの技術エンジニアも、日本語での基本的なIT用語を把握することが必要です。その上、双方の技術エンジニアは複雑な単語・用語を最小限に使用することが期待されています。これにより、誤解が発生するリスクが大幅に抑えられます。     そんな問題を解決するために、言語能力について要件を明確にすることもお勧めされています。オフショア開発を実装している多くの企業は、最初の要件としてオフショアチームの日本語能力証明書を要求しています。面接も望んでいる日本語能力を有すオフショアチームを確認するために、実施されるかもしれません。 言語の壁による誤解をなくすために「最後の手段」は、日常の情報を交換することです。例えば、写真や図は通常の会話よりも直接的に話し、詳細な説明の時間と労力を節約します。 4.2. 文化の違い 文化の違いは、オフショア開発における誤解を与える主な要因ではないが、双方間のコミュニケーションにも消極的な悪影響を及ぼしています。文化の違いはコミュニケーションにおける誤解をもたらし、仕事効果とチームの士気を悪い影響を与える可能性があります。 問題解決:文化の違いは地理、歴史、政治や宗教などの要素に関係しているので、目指しているオフショア開発委託国の習慣、特徴的なワークスタイル・性格や生活水準などをまじめに研究すべきです。これは「カルチャーショック」を和らげるだけでなくコミュニケーションにおける誤解を減少することに役だちます。その上、快適な作業環境を作成できるように、ミーティングにおいて相手国の言語で簡単な言葉を話すこともいいアイデアだと言われています。しかし、異文化の環境における仕事をすると、一番大切のは自分と相手の違いを理解し、尊重することだと思います。   5. 不明確な目的と期待 締め切りに間に合わなかったり、燃え尽き症候群有病率と離職率が高くなったりすることは期待を達成しなかった兆です。特に、ワ​​ークロードが指数関数的に増加しているIT業界では、残業や労働時間の頻度が高くなっています。これは従業員が強いストレスをかんじることにつながります。 リーダーシップとコミュニケーションの不足による不明確な目標は漠然とした戦略につながることが可能です。     問題解決:目標を明確にする:具体的で測定可能な目標を設定します。測定可能な目標を設定すると、達成度を数値で計算できるので、チームマネージャーが運用作業を追跡しやすくします。いずれかのタスクで問題が発生した場合、担当者を即座に特定して、タイムリーな解決策ができます。 目標を明確にした後、それらの目標を達成するための期限を設定することも必要があります。自社とプロバイダーの双方が一緒に各リリースに最適な時間枠とスケジュールを定義する必要があります。 6. セキュリティのリスク オフショア開発を行う際、セほとんど企業は非常にキュリティの面で懸念を抱くようです。国内のサードパーティはおろか、外国の企業にITに関連する重要な作業を割り当てるのは深刻なリスクをもたらします。機密情報が流出するのは双方のイメージ・経済の面に対して深刻な損失をもたらす可能性があります。…

テスト自動化アウトソーシング :投資対効果 (ROI) を最大化するの5つのステップ

  最近、アウトソーシングは企業のコストを削減するのに役立つだけでなく、戦略的管理のための効果的な選択にもなりました。典型的な例は、テスト自動化アウトソーシングです 。企業の製品やアプリの品質を向上させ、ビジネスリスクを軽減するのに役立ちます。テスト自動化と品質保証で10年以上の経験を持つLQAのテストチームは、ROIを最大化するためのテスト自動化アウトソーシングに関する5つのヒントを提供します。   1. エンゲージメントモデルを調べ テスト自動化アウトソーシングモデルのタイプを決定するべき。 アウトソーシングプロジェクトをどの程度管理したいのかを考えましょう。より細かく制御し、リスクを軽減するために作業をより小さなプロジェクトに分割できるようにしたい場合は、インクリメンタルアウトソーシングが最適です。ただし、コアビジネスに集中し、テストアクティビティを第三者に任せたい場合は、トータルアウトソーシングが最良の選択だと思います。 ベンダーのパフォーマンスを管理するプロジェクトマネージャー(PM)を任命すること。 オンサイトモデルとオフショアモデルのどちらを採用する場合でも、プロジェクトマネージャーをクライアント側に派遣することで、ベンダーの能力を評価し、ベンダーのパフォーマンス管理プロセスを設定し、SLA義務の履行と適時性を追跡できます。   2.独立で高能力のベンダーを選択 同じ初期投資で、ROIの数値はベンダーによって異なります。独立品質保証会社は、客観性と徹底性を提供できるため、お気に入りのベンダーになりつつあります。さらに、テストに重点を置いているため、独立したQAベンダーは、適正価格で最高品質の結果を引き出すことができます。独立ベンダーは専門知識を提供できることが: 全体のテスト自動化戦略を作成すること。 柔軟なテスト自動化アーキテクチャを設計、開発、維持すること。 最良のテスト自動化フレームワークを選択するのアドバイス。 UIとAPIレベルの両方で自動化をサポートすること。     3.水平方向のコラボレーションを設定 双方にとってより有益で便利なものにするために、ベンダーとのコラボレーションは水平レベルで実行する必要があります。 詳しくは以下のように: 当社側 コラボレーションの側面 ベンダー側 CTOあるいはCEO 戦略的整合、長期的な優先順位付け CTOあるいはCEO ソフトウェア開発/ QAチームリーダー サービスレベルアグリーメント(SLA)の調整、KPIレビュー、契約の修正 アカウントマネージャー プロジェクトマネージャ QA活動の優先順位付けとスケジューリング、リスク管理、プロセス調整 テスト自動化マネージャー ビジネス分析、ソフトウェア開発、品質保証エンジニア 毎日のコラボレーション テスト自動化エンジニア     4. Establish performance measurement metrics テスト自動化のメリットの1つは、簡単な測定と測定基準であいまいさを減らすことです。 作業単位は小さな成果物(1つのテストケース)であるため、1人あたり、1日に自動化されたテストの数を簡単に測定し、メンテナンスにどのくらいの労力が費やされているかを把握し、最終的にROIの決定に到達できます。 メトリックの確立には、次のアクティビティを含める必要があります: ベンダーとのSLAおよびパフォーマンスメトリックを設定すること:パートナーシップを開始する前に、両当事者が協力して包括的なSLAを把握する必要があります。 さらに、契約には、ベンダーの責任と、サービスを測定するKPIも明確に記載するべきだと思います。 テスト自動化のアウトソーシングで発生する可能性のあるリスクを軽減すること:作業プロセスでは、技術的およびリソース関連のリスクにより、追加のコストとサービス提供の遅延が発生する可能性があります。特定されたリスクについて、管理者は軽減および緊急時対応戦略を策定するべきです。具体的な例の1つは、プロジェクトの負荷が変動する場合、マネージャーは、プロジェクトの負荷の事前定義された制限内での柔軟なリソース割り当ての可能性についてベンダーと交渉する必要があります。 SLA条件が遵守され、満たされていることを確認:プロジェクトマネージャーは、テスト結果レポートを定期的に確認する必要があります。 テストカバレッジや自動テストあたりのコストなどの指標の組み合わせに注意を払うことが大事です。   5.…