リグレッションテストとは?重要な役割と導入成功のポイント

リグレッションテストとは?重要な役割と導入成功のポイント

技術が日々発展し、ソフトウェアが複雑化し、ソフトウェアに対する機能要求が絶えず更新されるようになると、リグレッションテストの必要性が高まります。リグレッションテストは、ソフトウェアの開発プロセスにおいて、ユーザーに完璧で間違いのない製品を提供するために重要な役割を果たします。この記事では、回帰テストのより詳細な定義、その特徴、タイミング、効果的な実施方法について説明します。 リグレッションテストとは? 最初に、リグレッション・テストの定義、その目的、リグレッションテストとデグレードテストの違いについて掘り下げてみましょう! リグレッションテストの定義 ソフトウェアテスト種類は、機能テストと非機能テストという主に2つのタイプに分類されます。以下はソフトウェアテスト種類に関する概要となります。 リグレッションテスト(回帰テスト)は、機能テストの一つであり、ソースコードの変更や新しい機能の追加時に、それらの変更が他の箇所と衝突し、不具合が生じていないかを確認するテスト手法です。 ソフトウェアの一部分に変更や調整が加えられるたびに、意図しない影響がシステム全体に波及し、一見無関係に見える部分にバグや不具合を引き起こす可能性があります。システムが大きくなればなるほど、コンポーネントや機能間の相互依存関係は複雑になります。このような相互依存関係のために、開発者がすべての影響を事前に予測することは難しいかもしれません。したがって、変更が行われるたびにリグレッションテストを実行することが重要です。これにより、開発者はシステム全体の機能を体系的に評価し、変更が既存の機能に不具合を引き起こしていないことを確認することができます。 リグレッションテストとデグレードテストの違い リグレッションテストとデグレードテストは、ソフトウェアテストにおいてしばしば一緒に言及されますが、それぞれ異なる目的を持っています。 デグレードテストは、「悪化」という意味の「デグレード」に由来し、ソフトウェアが運用環境の変化や古くなったシステム部品にさらされた際の性能や品質を評価するテスト手法です。ある期間が経過した後でも、ソフトウェアが予想通りの機能を維持することを確認することを目的としています。要するに、デグレードテストはソフトウェアの長期的な性能低下に対する耐性を検証します。一方、リグレッションテストは、先述のように、既存の機能やコードに加えられた変更が、ソフトウェアの確立された機能に悪影響を与えないことを主に目指します。 これらのテスト手法の目的は異なりますが、互いに関連しています。デグレードテストによるシステムの品質や性能の低下が原因でリグレッションが発生することがあります。そのため、これら2つのアプローチを組み合わせることで、ソフトウェア開発チームは、即時の変更だけでなく長期的な持続性も含め、ソフトウェアの最高品質、安定性、性能を確保できます。 リグレッションテストのタイミング テストカバレッジを最適化し、時間とコストを節約するために、リグレッションテストが必要なケースは数多くあります。以下は、リグレッションテストに適した主な場合です。 リリース前の最終チェック リリース直前には、徹底的な単体テスト、統合テスト、システムテストを経て、リグレッションテストが最終的なチェックポイントとして機能します。この厳格な評価は非常に重要であり、新しい問題が発生していないことを確認し、リリースの準備として行われたコードの変更、修正、または追加が、コアの機能や機能性に支障をきたしていないか確認します。また、毎週のリリースサイクルを実施しているシステムでは、リグレッションテストをこのスケジュールに組み込むことで、各リリースの前に機能の継続的な検証を行い、一貫性と品質を維持します。 変更が必要な場合 コードベースに変更が必要な場合は、必ずリグレッションテストの採用が必須となります。これには、既存システムにコードの修正や新機能が追加される場合も含まれます。リグレッションテストは、システムにバグがないか、新機能と既存機能の間に矛盾がないか、変更によって発生した可能性のある予期せぬ問題がないかなどを精査します。このプロアクティブなアプローチは、初期段階で潜在的な問題を特定し修正するのに役立ち、時間とリソースを大幅に節約します。 不具合修正後 不具合やバグが解消された後、リグレッションテストは、修正がシステムの他の部分に不注意な影響を及ぼしていないか、あるいは新たな問題を引き起こしていないかを検証するための重要なチェックポイントとして機能します。この綿密な検証により、修正後もシステムの安定性が損なわれないことが保証されます。 新しい外部システムとの統合中 システムの汎用性と利便性の要求に応えるため、技術チームは多くのシステムの統合に直面します。ソフトウェアシステムが機能強化や相互接続のために複数のシステムとの統合を進めるにつれ、回帰テストが不可欠になります。どのような統合も、統合コードの修正を伴うため、不注意でバグやエラーが発生する可能性があります。ここでの回帰テストは、統合システムの互換性、機能性、パフォーマンスを入念に検証し、既存の機能を中断することなくシームレスな運用を保証する役割を果たします。 回帰テストを必要とするシナリオが多様であることから、特定のケースに対する回帰テストの適用を定義することの重要性が強調されます。その適用における判断を誤ると、時間とリソースを無駄にすることになりかねません。そのような場合、専門家への相談が重要になります。LQAは、特定のケースやシステムの分析を支援し、これらのシナリオに対する回帰テストの適合性をアドバイスする専門的なコンサルティングサービスを提供しています。私たちの専門知識を活用し、テスト戦略の最適化において企業を指導し、独自の要件に合わせた回帰テストの効率的かつ効果的な活用を保証します。 リグレッションテストの範囲と実施手順 リグレッションテストの実行には、リソースの割り当てと時間効率を最適化しながら、変更の包括的な検証を確実に行うための一連の細心のステップが含まれます。以下では、リグレッションテストを実施するために必要な主なタスクを説明します。 ソースコードの変更の特定 プロセスは、ソフトウェアの変更を明らかにするためにソースコードの変更を特定することから始まります。これは、コードの変更を詳しく調査するか、GitやAWS CodeCommitなどのバージョン管理ツールを使用して変更箇所を的確に特定することで達成できます。これにより、チームは変更された箇所を正確に特定できます。 テストケースの選択 変更が特定されたら、次のステップは実行する必要のあるテストケースを選択することです。これらのテストケースは、すべての変更された機能を含む必要があります。テストケースを特定するため、それらを異なるグループに分類することが有益です。この分類には、将来の回帰テストサイクルに必要な再利用可能なテストケースと、将来のテストフェーズに貢献しない古いテストケースを分離することが含まれることが多いです。 時間の見積もり 回帰テストに必要な時間を見積もるには、自動テストまたは手動のテスト方法の導入、テスト環境の安定性、テストデータの準備、テスト結果の分析や報告、文書化に必要な期間など、さまざまな要因を考慮する必要があります。徹底した見積もりが、効果的な計画とリソース配分を保証します。 関連記事:自動テスト及び手動テストのメリットの詳細は弊社の記事をご覧ください! テストケースの優先順位付け テストケースを優先順位付けすることは、リグレッションテストの効率的な実行に不可欠です。下記は、テストケースの優先順位付けの例を挙げてみましょう。 潜在的なリスクを特定し軽減するのに役立つテストケース ソフトウェアの主要な目的に欠かせないコア機能や重要な機能をカバーするテストケース エンドユーザーが最も頻繁に使用する機能に関連するテストケース リスク、重要度、影響に基づいてテストケースを戦略的に優先順位付けすることで、変更やアップデート後にもっとも重要なエリアが徹底的に検証されることが保証されます。 スケジュールとテストケースの実行 最後に、テストケースをスケジュールし、実行します。本番環境に似たステージング環境などのテスト環境でテストケースを実行することをお勧めします。この最終段階では、以下のタスクが必要です。 優先順位付けされたテストケースを含むテストスイートを作成 本番条件を模倣した安定したテスト環境を設定 実行計画の立案、リソースを割り当て、スケジュール通りのテストケースを実行 進捗状況を追跡するためにテストステータスを定期的に更新 テストチームからの結果とフィードバックを収集し、次の回帰テストサイクルに改善を実施 これらの手順に従うことで、回帰テストの実行はより効率的かつ体系的になり、リソースの効率的な利用を確保します。しかし、その効果にもかかわらず、回帰テストには特定の課題があります。これらの課題を探究し、それらを克服するための戦略を検討することは、堅牢な回帰テスト戦略のために重要です。 その上、リグレッション・テストを効率的に実施するための熟練したIT人材、時間、経験の不足に悩む企業も少なくないようです。だからこそ、これらのタスクをサポートするITパートナーを見つけることが重要なのです。ソフトウェアテストの分野で多くの経験を持つLQAは、革新的なソフトウェアテストサービスにより、世界中のお客様の製品品質の向上、テストカバレッジとパフォーマンスの改善、時間とコストの削減に寄与します。リグレッションテストの実施などでお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。 リグレッションテストのチャレンジ ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)でリグレッションテストを実行する前に、技術チームが考慮すべきいくつかの課題があります。 膨大な時間とリソースの消費 リグレッションテストの最大の課題は、特にソフトウェアが成長するにつれてかかる時間とリソースです。コードの変更ごとに、完全なテストスイートを実行することは時間がかかり、開発サイクル全体に影響を及ぼす可能性があります。 解決策: 新しい変更に対する並行テストを採用して時間を節約する方法がありますが、これはプロジェクトのコストを増やす可能性があります。また、テストスイートが安定していることを確認し、テストの失敗や無駄な時間を減らすためにCI/CDパイプラインで継続的なテストを実施することが重要です。 不完全なテストカバレッジ 網羅的なテストカバレッジを確保することも課題です。すべての可能なシナリオをカバーすることは難しく、テストカバレッジに欠けることがあります。…

ソフトウェア品質:定義、国際標準及び品質管理・保証のポイント

ソフトウェア品質:定義、国際標準及び品質管理・保証のポイント

ソフトウェア品質の追求は、デジタル化が急速に進む中、高潔な努力だけでなく、成功と卓越の尺度となる重要な要因となっています。ソフトウェア製品やアプリの品質が、ユーザーからの好みや信頼を築くだけでなく、持続的な改善と競争力の源となっています。この文書では、ソフトウェア品質の定義、評価方法、効果的な品質保証のためのポイントについての理解を深めるために探求します。 ソフトウェア品質の定義 実際のところ、ソフトウェア品質の定義にはさまざまな解釈が存在します。しかし、単純に言えば、ソフトウェア品質とは要件とユーザーの目標を満たす要因の複雑な相互作用です。 従来、ソフトウェア品質はエラーのない製品を提供し、品質保証エンジニアやテスターチームによって不具合(バグ)をゼロにすることに焦点が置かれていました。しかし、現実には、テクノロジーの進歩と競争の激化に伴い、ユーザーの期待も高まっています。そのため、ソフトウェアは単にソフトウェア要求仕様書に記載された機能だけでなく、ユーザーの要求と期待にも応えなければならないのです。 さらに、優れた製品や顧客満足度だけでは、ビジネスがブレイクスルーを遂げたり、市場で際立ったりすることはできません。そのため、製品は継続的に改善され、単に品質を確保するだけでなく、ユーザーの期待を上回る体験や機能を提供する必要があります。 ソフトウェア品質評価のための国際標準 ソフトウェア品質の標準化の必要性 ソフトウェア品質が主要なポジションを占めるにつれて、標準化の必要性を考えることが重要です。品質の定義は主観的で多様であり、さまざまなステークホルダー、つまり開発者、ユーザー、ビジネスオーナーなどが異なる期待と基準を持っています。ソフトウェア品質の標準化は、これらの異なる期待を結ぶ橋渡しとして機能します。それは異なるステークホルダー間で評価の基準とベンチマークを確立し、各ステークホルダーが目標と期待を整合させるのに役立ちます。この整合は、開発プロセスを合理化し、異なるグループ間のコミュニケーションを向上させます。 さらに、標準化は予測可能な結果を確保します。一連の基準とベストプラクティスを持つことにより、組織はイノベーションが繁栄できる安定した基盤を作り上げることができます。これにより、開発者は品質の中心原則が一貫して維持されていると知りながら、新機能の開発とユーザーエクスペリエンスの向上に焦点を当てることができます。 ソフトウェアの品質を確保する品質モデル 品質モデルは、ソフトウェア品質の評価フレームワークであり、多岐にわたる要因を考慮して品質評価を行うための指針となります。これらの品質モデルは、ソフトウェアとシステムの品質に関する国際規格であるISO/IEC 25000シリーズ(SQuaRE)に定義されています。この章では、ISO/IEC 25000シリーズの中でも特にISO/IEC 25010とISO/IEC 25012の品質モデルに焦点を当てて紹介します。ISO/IEC 25010はシステムおよびソフトウェアの品質モデルと使用時の品質に関するモデルである一方、ISO/IEC 25012はデータ品質に重点を置いています。 製品品質モデル (ISO/IEC 25010) 製品品質モデルはソフトウェアの品質を8つの主要な特性とそれに関連するサブ特性から成り立ります。以下では、それぞれの特性とサブ特性について詳しく説明します。 機能的適合性 機能的適合性は、ソフトウェア製品がその意図された機能要件をどれだけ満たすかを評価します。これは、ソフトウェアがユーザーのニーズを満たし、必要な機能を提供する程度を調べる重要な特性です。機能的適合性は以下のサブ特性から成り立ちます。 機能的完全性:製品がユーザーの目的に適したすべての必要な機能と要件をどれだけ包括しているか。 機能的正確性:製品が正確に機能し、エラーなしでタスクを遂行できるか。 機能的適正性:製品が提供する機能が、特定のタスクやユーザーのニーズにふさわしいか。 性能効率性 性能効率性は、製品がリソースを効率的に活用し、期待通りの性能を発揮する能力を評価します。資源の最適活用は、製品の信頼性と効果的な運用に寄与し、ユーザー満足度を向上させます。この特性は以下のサブ特性で構成されています。 時間効率性:機能実行時の応答速度および処理速度を評価する。この特性は、ユーザーが製品を操作した際の迅速な応答を確保する重要な要素。 資源効率性:CPU時間、メモリ使用量、ネットワーク帯域幅などのリソースを適切に活用しているかどうかを判定する。これはリソースの無駄な使用を最小限に抑え、効率的な運用を支える。 容量満足度:さまざまな作業負荷やデータ量などを効率的に処理するための製品容量の最大限度。 互換性  互換性は、製品が他のシステムやプラットフォームと協調し、異なる環境で正常に動作できるかを評価し、以下のサブ特性が含まれます。 共存性:ソフトウェアまたはシステムが他の製品やコンポーネントと競合せず、同じ環境で共存できるか。 相互運用性:製品や構成要素が他のシステムと無理なく連携し、相互運用できるかを評価する。つまり、システム間で情報を効果的に交換し、既に交換された情報を問題なく使用できる度合いを示する。 使用性 使用性は、製品がユーザーにとって使いやすいかどうかを評価します。これにはユーザーインターフェースのデザイン、ナビゲーションの使いやすさ、学習曲線の緩やかさなどが含まれます。 適切度認識性: システムの機能が利用者のニーズに適切であることを確認する。利用者がソフトウェアの目的を認識しやすいことが重要。 習得性:製品またはシステムを使用するために、ユーザーが効率的かつリスクを回避しながら学習できるか。 運用操作性:ユーザーが製品を容易に操作できるかどうかを評価する。操作が直感的でユーザーフレンドリーであることは、効果的な使用性の大切な一部。 ユーザエラー防止性: ユーザーが誤操作しないようにソフトウェアが設計されているか。 ユーザインタフェース快美性:ユーザーが楽しみながらシステムと対話できるよう、ユーザーインターフェースが視覚的に魅力的か。 アクセシビリティ:身体障害者を含む全ての人がソフトウェアを快適に利用できるかを評価する。言い換えれば、多様なユーザーに対する包括的なアクセスを確保することが必要。 信頼性 信頼性は、製品が安定して動作し、エラーや障害が最小限に抑えられるかどうかを評価します。信頼性はユーザーエクスペリエンスにおいて極めて重要な要素であり、クラッシュやデータ損失を最小限に抑えることが求められます。 成熟度:製品が通常の運用において安定して動作し、ユーザーのニーズを満たするか。 可用性: ユーザーが製品を必要とする状況で、 製品が利用可能であるか。 障害許容性:製品がエラーや障害が発生した場合に、継続して正常に機能する可能性。 回復性:製品が故障時にエラーから回復し、データの損失を最小限に抑えられる度合い。 セキュリティ セキュリティは、ソフトウェアがデータやシステムを保護し、悪意あるアクセスから守る能力を評価します。データの機密性、データの完全性、否認防止性、責任追跡性、および真正性などのセキュリティ関連のサブ特性が含まれます。…

ソフトウェアテスト種類:効果的な品質保証のために知っておくべきこと

ソフトウェアテストの種類:効果的な品質保証のために知っておくべきこと

ソフトウェアテストは、ソフトウェア開発において極めて重要な役割を果たし、製品の品質、顧客満足度、プロジェクトの成功をサポートします。ソフトウェアテスト市場が成長し続ける中、ソフトウェアテスト会社、開発者、プロジェクトマネージャーにとって、さまざまなテストの種類とその分類を理解することは不可欠です。 このブログでは、ソフトウェアテストの種類とプロジェクトに適した種類の選択方法について包括的に説明します。 様々な種類のテストの分類 ソフトウェアテストは、さまざまな分類方法によって多様化しており、プロジェクトの成功において重要な役割を果たします。テストの分類は、テストのレベル、テストのタイプ、およびテストの方法に基づいて行われます。それぞれの種類において、その利点、欠点、および適切なケースを検討してみましょう。 テストレベルによる ユニットテスト ユニットテストはソフトウェアの最も基本的なテストレベルであり、個々のコンポーネントやユニットのコードが正しく機能するかを確認します。 ユニットテストを通じて、バグを早期に検出しやすく、開発者が個別のコンポーネントを独立してテストできます。しかし、全体のシステムの統合に関する情報が得られないことや、ユニットテストだけでは相互作用の問題が見逃される可能性があります。 利用する場合:ユニットテストは小規模な機能のテストや継続的な統合に適しています。 統合テスト 統合テストは、個々のコンポーネントやユニットが統合され、相互に連携するかどうかを確認します。 利点として、システム全体の動作を評価できることが挙げられます。欠点としては、統合に関する問題が発生した場合、その特定と修正が難しいことがあります。 利用する場合:複数のコンポーネントが連携する必要がある場合や、異なるユニットの統合を検証する際に使われています。 システムテスト システムテストは、ソフトウェア全体をテストし、指定された要件を満たしていることを検証します。 全体的なユーザー・エクスペリエンス(UX)を評価し、システムが要件を満たしていることを確認するためにシステムテストが実装されます。一方、システム全体をテストするには、多くのリソースと時間がかかります。 利用する場合:システムテストは、ユーザーがシステムを適切に使用できることを保証するために、リリース前の最終段階で行うのが最適です。 受け入れテスト 受け入れテストは、最終ユーザーやクライアントがシステムを受け入れできるかどうかを確認するためのテストです。 受け入れテストを実施することで、最終ユーザーの視点からシステムを評価でき、ユーザーの要件に合致することが保証されます。逆にデメリットは、ユーザーがテストを実施するためのリソースと時間を必要とすることです。 利用する場合:受け入れテストはシステムが実際の環境で正常に機能することを確認するため、最終段階で重要です。 ソフトウェアテスト種類による ソフトウェアテストは、一般的に機能テストと非機能テストの2つの主要なカテゴリに分類され、それぞれがソフトウェアの異なる側面を評価します。 機能テスト 機能テストは、ソフトウェアが正しく動作しているかどうかを確認するためのテストカテゴリです。つまり、コードが意図した機能を適切に実行していることを検証します。このテストは、ソフトウェアが機能要件を満たし、設計やビジネスロジックに沿っているかを確認します。機能テストの中には、ユーザーインターフェースのテスト、APIのテスト、データ処理のテストなどが含まれます。 特徴:機能テストは、通常ブラックボックステストとして実施され、内部のコード構造には干渉しません。むしろ、外部からの入力と期待される出力をテストします。ユーザーの使用シナリオに基づいてテストケースを設計し、ソフトウェアの外部動作を検証します。 目的:機能テストの主な目的は、ソフトウェアが意図した通りに動作することを確認し、期待される出力が得られるかどうかを確認することです。つまり、ソフトウェアがユーザーの要求を満たしていることを確保します。 使用事例:例えば、ウェブブラウジングソフトウェアの機能テストには、ウェブページの読み込み、リンクのクリック、フォームの送信、ブックマークの作成などが含まれます。これらのテストは、ソフトウェアがウェブページの操作を正しく処理することを確認します。 非機能テスト 非機能テストは、ソフトウェアのパフォーマンスや品質に関連するテストカテゴリです。このタイプのテストは、ソフトウェアが「どのように」機能するかを評価します。これにはパフォーマンス、セキュリティ、使いやすさ、信頼性などのさまざまな品質属性が含まれます。 特徴 非機能テストは、特定の品質属性に焦点を当て、それらを評価するために専門的なツールや方法論が必要です。例えば、パフォーマンステストはアプリケーションの速度と応答性を評価し、セキュリティテストは潜在的な脆弱性を特定します。 目的:非機能テストは、ソフトウェアが特定の品質要件を満たしていることを検証することを目的として実施されます。ユーザーがアプリケーションを高速に実行でき、データが安全に保護され、システムが信頼性を持つことを確保します。 使用事例:たとえば、セキュリティテストはオンラインバンキングアプリケーションの脆弱性を特定し、パフォーマンステストはオンラインゲームが多くのプレイヤーに対して高速かつ安定して実行されるかどうかを確認します。 まとめると、機能テストはソフトウェアが意図した目的を満たすことを保証し、非機能テストはユーザーエクスペリエンスとシステム全体のパフォーマンスに影響する重要な属性を評価します。どちらも、ユーザー満足度と効率的な運用が最優先される競争市場で、信頼性の高い高品質のソフトウェアを提供するために不可欠です。 ソフトウェアテストの種類または効果的なテストを活用するポイントに関するご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。LQAの専門家は常にお客様の声を聴き、ご満足いただける回答をお届けします。   テスト方法による ソフトウェアテストといえば、自動テストと手動テストという2つの方法論がその基礎として挙げられます。これらのアプローチは、それぞれ独自の特徴、利点、使用事例を持ち、異なるものです。それで、ソフトウェアテスト手動の2つより詳しく一緒に極めてみましょう! 自動テスト 自動テストは専用のテストツールやスクリプトを使用して、テストケースを自動的に実行し、ソフトウェアの機能性を検証するアプローチです。手動テストを代替し、テストプロセスを自動化するためにスクリプトやプログラムを活用します。 強み: 自動テストは繰り返しのテスト作業やリグレッションテストに非常に適しています。テストの実行を自動化することで、コード変更の早期発見が可能となり、開発サイクル内で問題を素早く特定できます。自動化により、手動テスターには難しいかもしれない複雑なシナリオのテストが可能となり、テストカバレッジが向上します。 使う場合: 自動テストは、継続的インテグレーションと継続的デリバリー(CI/CD)パイプラインで特に有効です。迅速で反復的なテストが必要な場合や、リグレッションテスト、負荷テスト、多数のテストケースが存在する場合に最適です。さらに、さまざまな構成や環境でのシステム動作の検証が必要な場合にも役立ちます。 自動テストのメリット・デメリットや導入ステップに関する詳細はこちら。 手動テスト 手動テストは、人間のテスターがソフトウェアアプリケーションをエンドユーザーとして操作し、アプリケーションを探求し、手動で相互作用して欠陥や不整合を特定するテスト手法です。 強み:手動テストはテストの探求的なアプローチを提供します。テスターはクリエイティビティ、直感、ドメイン知識を活用して複雑な問題を解決し、予測不可能な問題を発見します。ユーザーエクスペリエンス、使いやすさ、視覚的な要素など、アプリケーションの異なる側面を評価する場合に非常に効果的です。手動テスターは要件の変更に適応し、確立されたテストスクリプトのない新機能をテストするのに適しています。 使う場合:手動テストは、ユーザーインターフェイス(UI)テスト、使い勝手のテスト、探索的なテストが必要な場合に不可欠です。要件が頻繁に変更され、確立されたテストスクリプトがない新機能をテストする場合にも価値があります。 どの方法を選択するかはプロジェクトの要件と目標に応じて決定されるべきです。実際のプロジェクトでは、両方の方法を統合するバランスの取れたアプローチが最も包括的で効果的なテスト結果をもたらします。自動テストと手動テストについて、より深く理解するために、「自動テストと手動テスト:企業にとって費用効果の高いソリューションはどれか?」という記事をご覧ください。 なぜソフトウェアテストが必要なのか? ソフトウェアテストは、どんなソフトウェア開発プロジェクトにおいても不可欠です。その理由は、ソフトウェアテストが提供する多くの利点があるからです。 費用対効果 ソフトウェアテストは、開発プロセス全体においてコスト対効果の高い方法です。バグやエラーが早期に検出され、修正されるため、後での修正がより高コストになるのを防ぎます。また、テストを通じて品質を確保することで、製品の信頼性が向上し、顧客からのサポート要求やクレームの削減につながります。…

自動テストとは?メリット・デメリットや導入ステップを解説

自動テストとは?メリット・デメリットや導入ステップを解説

自動テストは、大企業だけでなく、あらゆる規模の企業にとって徐々に普及し、重要になってきているようです。自動テストを効率的に活用することで、企業はコストと時間を削減し、より迅速なROIを実現し、生産量を高め、事業の競争力を向上させることができます!この記事では、自動テストとは何か? もし「テスト自動化とは何なのか」そして「なぜそれがビジネスにとってより必要とされるようになったのか」などの疑問がございましたら、この記事はあなたのためのものです。この話題をもっと掘り下げてみましょう。 自動テストとは? 自動テストは、テストケースを実行し、ソフトウェアアプリの機能を検証するために、自動化されたツールとスクリプトを使用するソフトウェアテストのアプローチです。手作業でテストを実行する代わりに、テストプロセスを自動化するためにスクリプトやプログラムを使用します。 同じテストスイートを繰り返し実行するプロセスは、時間がかかります。したがって、テスト自動化は、手動テスト手法と比較して、テストスイートをより速く記述し、ヒューマンエラーを削減し、反復的で退屈な作業を処理し、テストのROIを改善することに寄与します。 なぜテスト自動化が注目されているか Modor Intelligenceのレポートによると、自動テスト市場規模は2023年の276.5億米ドルから2028年の581.6億米ドルに成長し、予測期間中(2023-2028年)のCARG(年平均成長率)は16.03%になると予測されています。 では、なぜ自動テストの需要が徐々に高まっているのでしょうか。以下のようないくつかの要因を読みましょう! COVID-19 大流行の影響: 新型コロナウイルス感染拡大はリモートワークの導入とデジタルソリューションへの依存を加速させました。効率的なコミュニケーションの必要性に伴い、アプリやツールに対する需要が拡大しています。テスト自動化は、これらのアプリが様々なデバイスやプラットフォームでシームレスに動作することを保証し、全体的なデジタル・エクスペリエンスに貢献します。 市場の成長と競争: ソフトウェア業界は急速に成長し、競争が激化しています。2014年経済センター基礎調査によると、ITを担う情報サービス・ソフトウェア産業に属する日本企業数は26,000社を超えました。企業は顧客の期待に応え、優位性を獲得するために、高品質の製品を迅速に提供しようと努力しています。テスト自動化によって、品質を維持しながら、ソフトウェアをより早くリリースし、より頻繁に更新することができます。 IoT実装の増加: IoTデバイスは多くの場合、より大きなエコシステムの一部です。このエコシステムでは、複数のデバイスが様々なサービスを提供するために互いに通信し、相互作用します。基本的に、多様なデバイスやサービスだけでなく、異なるIoTレイヤーの多くのコンポーネントをテストする必要があるため、IoTにおいてテストを自動化することは理に適っています。IoTがさらに進化・拡大するにつれ、自動テストは相互接続されたデバイスの品質、信頼性、セキュリティを確保する上で重要な役割を果たすことになります。テスト自動化の実施により、IoT企業はパフォーマンスとユーザー・エクスペリエンスを改善しながら、発展とイノベーションの急速なペースに追いつくことができます。 AI技術の活用傾向:テスト自動化と人工知能(AI)は密接に絡み合っています。特に製造、医療、金融などの業界で、AI技術をアプリに統合する際には厳密なテストが必要です。自動化されたテストは、効果的で高品質なAI駆動アプリと期待される結果を実現し、ユーザー・エクスペリエンスを向上させます。 COVID-19パンデミックの影響、市場の成長と競争、AIとIoTという新トレンドの普及のなど、これらの要因が自動テストの需要を増加させている一因です。このような状況の下で、テスト自動化は効率的な品質保証を提供し、ソフトウェアの信頼性やセキュリティを確保する重要な手段として位置づけられています。 市場の急速な変化に対応し、カスタマイズされた自動テストソリューションを設計できるITパートナーをお探しなら、LQAにお任せください。 LQAは、自動車をはじめ、ヘルスケア、銀行、建設など、幅広い業界のプロジェクトに携わってきた経験と知識を活かし、お客様のビジネスを飛躍させるご提案をいたします。 自動テストの種類 自動テストは同じテストを頻繁に繰り返す必要があるシナリオに特に適しています。しかし、すべてのテストを自動化できるわけではないことに注意すべきです。以下に、自動化できる4つのテスト種類を挙げてみます。 単体テスト(ユニットテスト) 単体テスト(ユニットテスト)は、ソフトウェアの個々の単位やコンポーネントが必要な通りに動作するか検証するためのソフトウェアテストです。これは最も小さな単位であり、アプリ開発フェーズ中に開発者によって行われます。 このテストは、各モジュールを個別にテストし、開発サイクルの早い段階でバグを修正するのに役立ちます。 しかし、単体テストですべてのバグを検出できるわけではありません。また、このテストの範囲は、小さなユニットやコンポーネントに限定さ れます。したがって、包括的な検証を確実に行うためには、単体テストを統合テストやエンドツーエンドテストなど、他のテストレベルと組み合わせる必要があります。 単体テストの注目すべき特徴は頻繁に実行しなければならないことです。単位テストを一貫して実行することで、バグを複雑な問題に発展する前に発見できるようになります。これらのテストを頻繁に実行することは、新しいコードがマージされたときに、コードベースが安定して信頼できることを保証します。 単体テストで使用される技法は下記のような大まかに3つのタイプに分類します。 上記のテクニックの詳細は、弊社の比較記事をお読みください 。 高品質のアプリを保証する最高のソフトウェアテスト手法 。 回帰テスト(リグレッションテスト) 回帰テスト(リグレッションテスト)は、ソフトウェアテストの重要な側面であり、コードとプログラムの更新が既存の機能に悪影響を及ぼしていないことを確認します。 回帰テストの主な強みはコードの変更によって引き起こされる予期しない副作用である「リグレッション」を特定することにあります。事前に承認された一連のテストケースを実行することで、既存の機能に何らかの影響があるかどうかを迅速に判断します。 その上、回帰テストは追加されたロジックが既存の機能と衝突しないことを保証するために、新機能を導入するときに使用されます。回帰テストはソフトウェアの定期的な健康チェックとしても機能すると言ってもいいです。 手動でリグレッションテストを実行することは、特に大規模で複雑なソフトウェアプロジェクトの場合、膨大なリソースと時間がかかります。一方、自動化は、反復的な性質があるため、回帰テストに非常に適しています。自動化されたテストスクリプトは、ソフトウェアに変更が加えられると、迅速かつ一貫して実行されます。  要約すると、回帰テストはソフトウェアの品質を維持するために重要な部分です。そして、自動化は回帰テストの有効性を大幅に向上させ、コードの変更に合わせて様々なシナリオを迅速かつ繰り返しテストすることを可能にします。 スモークテスト スモークテストは、ビルド検証テストとしても知られ、包括的なテストを開始する前の決定的なチェックポイントとして機能します。それはソフトウェアがより広範なテストに値するかどうかという問いに答える役割を果たします。スモークテストは複雑な仕様に踏み込むことなく、重要な機能を検証するために実施されます。 コアな機能に焦点を当てることで、スモークテストは目につく問題を迅速に発見し、後続の開発フェーズへの波及を防ぎます。この方法によって、基本的なコンポーネントの検証が完了すると、テスト担当者はより詳細な評価に集中できるようになります。しかし、基本的な機能を確認するだけなので、コンポーネント間の複雑な相互作用に起因する問題は見逃されるようです。 スモークテストを自動化テストで実施すべき理由は、テストプロセスの効率性、信頼性、および正確性を向上させるためです。自動化の利点と基本機能の安定性を迅速に検証するスモークテストの強みを組み合わせることは、ソフトウェアの完全性を維持し、開発プロセスを加速するために不可欠な手段となっています。 健全性テスト 健全性テスト(またはサニティテスト)はソフトウェアのビルドが正常に動作するかどうかを確認するためのテスト手法です。ソフトウェアプロジェクトは通常、多くのソースコードファイルから構成され、それらをビルドして実行可能なプログラムを生成します。健全性テストでは、このビルドされたソフトウェアが基本的な機能を正しく実行することを確認します。 健全性テストは最近変更または追加された特定の機能セットに重点を置きます。このアプローチは重要な機能に対する変更の影響を詳細に検証することを支援します。しかし、スモークテストと比較すると、健全性テストはより狭い範囲を深く検証することになります。そのため、健全性テストを実施すると、テストの直接的な範囲外に存在する可能性のある欠陥を見落としてしまう潜在的なリスクがあります。 自動テストにサニティテストを組み込むことは、的を絞った検証と効率性のバランスを提供する。この組み合わせは、ソフトウェア品質を向上させる特定の機能領域における重大な問題を迅速に検出することに貢献します。 テストの種類だけでなく、プロジェクトの規模・要件、会社の予算に応じて、自動テストを使用するかどうかを検討することが必要です。LQAは、小規模から大規模まで、自動化テストプロジェクトの豊富な経験を生かし、プロジェクトの要件・問題点を分析し、プロジェクトに最適なアプローチをご提案いたします。あなたのプロジェクトに自動化テストが必要かどうか悩んでいる場合、弊社の代表的なテスト専門家にご相談ください。 自動テストのメリット・デメリットとは? 自動化テストの導入は日本のビジネスにおいて革命的な力として浮上しています。この革新的なアプローチは、日本の企業が直面する独自の課題と機会にシームレスに適合する多くの利点をもたらします。しかし、導入時にはまだ検討すべき自動テストのデメリットも存在します。したがって、以下で分析した強力な利点と注意を払う必要のあるデメリットを確認しましょう。 自動テストのメリット 早期の欠陥検出 自動テストの導入により、欠陥の検出が早い段階で可能となります。繰り返し実行できる自動テスト環境の構築により、テストの頻度を週次または日次にまで高めることができます。この加速されたテストのリズムにより、欠陥が迅速に特定され、運用の無駄が排除され、開発のタイムラインが大幅に最適化されます。早い段階で潜在的な不具合を明らかにすることで、企業は全体的な運用効率を向上させ、貴重な時間リソースを節約することができます。 低コストでの高品質 日本市場を牽引するのは、高品質かつ革新的な製品の追求です。しかし、開発サイクル中にソフトウェアテストを繰り返す必要性は、リソースを消費する難題を提起します。テスト自動化は、このジレンマに対するダイナミックな解決策です。繰り返しテストに要する時間を劇的に短縮し、数日間を数時間に変えることで、効率性が向上します。この効率は、コスト削減に直接転換され、企業に競争力をもたらします。…

ソフトウェアテストアウトソーシングを選択する6つの理由

ソフトウェアテストアウトソーシングを選択する6つの理由

新型コロナウイルスの流行以来、情報技術の分野では「ソフトウェアテストアウトソーシング」という用語がますます普及しています。日本企業は、インハウスチームの運営にかかる高いコストと人材不足がソフトウェアを計画通りにリリースすることを妨げていることに気付くと、コストと時間の問題を解決する効果的なソリューションとしてアウトソーシングを選択しました。 本記事では、日本企業がソフトウェアテストアウトソーシングを選択する理由と効果的なソフトウェア テストアウトソーシングために必要なポイントについて説明します。 ソフトウェアテストアウトソーシングを選択する理由とは? テストを実施する際、テスターは手動テストや自動テストを使用して、ソフトウェアのバグを発見し、ソフトウェアがスムーズに動作することを確認します。 ソフトウェアテストアウトソーシングは、テストの専門知識を持つ別の国にある外部企業によって行われるテストのプロセスです。ソフトウェア・テストをアウトソーシングすれば、外部のソフトウェア、テスト、スペシャリストが独立してテスト業務を処理できるため、企業はソフトウェア開発活動に集中することができます。 ウトソーシングは、コスト最適化、市場投入までの時間の短縮、ソフトウェアの品質の向上、ソフトウェア開発に集中できる時間の増加など、多くのビジネス上のメリットが生み出します。これらは、日本企業が外部にソフトウェアを委託するときに見つける主な理由です。 以下にその理由を詳しく説明します。 1. 費用効率の高さ 社内のソフトウェアテストのインフラを構築するには、非常にコストがかかります。例えば、セカイハブによると、日本のテストエンジニアの給与範囲は、433万円(最低)から500万円(最高)となっています。これは、住宅、交通費、その他の手当を含む平均的な月給です。 一方、地理的な価格設定のおかげで、ニアショア、オフショアの国の基本給は日本よりも70%低くなっています。セカイハブによると、ベトナムのソフトウェアテストエンジニアの給与範囲は、最低32,245円から最高100,145円となっています。ベトナムでソフトウェアテストサービスプロバイダーを選択することにより、企業はテストに関するコストを大幅に削減することができます。 このような統計からわかるように、社内のテストチームとニアショアまたはオフショアチームの間のコスト範囲には大きな差分があります。インハウスチームの場合、雇用主はミドルレベルのソフトウェア開発及びテストのエンジニアを雇用するために多額の費用を払うだけではなく、現金ボーナス、健康管理、年間福利厚生などの追加報酬も支払わなければなりません。このコストは人事業務やテストツールの費用すら含まれていません。そのため、社内チームしか持たない場合、負担しなければならないコストは数千ドルに上る可能性があります。しかし、ニアショア、オフショアチームがある場合、このようなのコストについて心配する必要はありません。 LQAはパートナーに初期予算のコストを最大30%削減する、プロジェクトは予定時刻より前に完了しました。 まずは工事費の見積もりを相談しました。 例えば、ある日本のお客様に、アジャイル手法を使って、28528のテストケースを2276回の回帰テストを通じてテストしたことがあります。私たちはお客様に対して、アジャイル手法を選択するよう勧めてきました。なぜなら、この手法にはプロジェクトに適した多くの利点があるからです。この方法は、より柔軟で、プロジェクトの追跡とタイムリーな処理が容易で、リスクとコストを削減し、プロジェクトのパフォーマンスを向上させます。  2. 柔軟性 テストのアウトソーシングを選択するもう一つの理由は、チームの迅速な拡張やプロジェクト要件への素早い適応といった柔軟性です。 テストをアウトソーシングする場合、3人〜5人のテスターのチームを依頼して、わずか2週間以内に雇用できますので、チームのスケーリングが高速になるという利点があります。手動テスターでも自動化テスターでも、短期間で希望のチームメンバーを獲得できます。 ビジネスの軌道に合わせてチームを縮小する場合にも適用されます。 破壊的イノベーションの絶え間なく変わる市場では、プロジェクトの目的と要件が変更される場合がよくありますので、ビジネスリーダーが切り替えを希望するときに頭痛の種になります。このテスト目標の変更により、社内チームは、新しいテクノロジーの需要や新しいツールの使用等の問題が発生する可能性がありますので、適応するのが非常に困難になります。一方、アウトソーシングのテストチームは、人材を迅速に変更して必要なスキルを持つ人材と交代することができます。 そのため、数日以内にプロジェクトの要件に適応します。 LQAでは、厳格に採用され、訓練を受けた人材、お客様のニーズに合わせたテスターを迅速に提供いたします。お客様が面接のために会う必要があるときはいつでも、プロジェクトの経験を持つ当社のテスターがインターネット経由で面接を受けることができます。プロジェクトの要件が変更された場合でも、採用問題を発生させることなく、拡張テスターの数を調整するすことができます。 3. 市場投入までの時間の短縮 市場投入までの時間は、製品の効率、収益、市場シェア、競争力に影響を与える最も重要な要素の1つです。プロジェクトが延長されることを避けたいです。ただし、社内チームでは、テストプロセス自体は言うまでもなく、採用、トレーニング、オンボーディングプロセスに多大な時間がかかる可能性がありますので、遅延が発生する可能性が非常に高くなります。 ただし、アウトソーシングのテストチームでは、採用プロセスを実行する必要がなくなります。ベンダーは、プロジェクトにすぐに取り組むことができる完璧な候補者を提供できます。 また、ベンダーは企業の目標とビジネスに合うように最適化されたタイムラインを作成し、正確に従う責任があります。タイムラインを厳密に従うために特定の対策を取り、不必要な遅延や適切なツールの無限の検索等の問題が発生しません。 LQAは、製品を迅速に市場に投入したいと考えている日本のパートナーのためにソフトウェアをテストしています。LQAには、顧客の要件や顧客の問題を理解し、ドメインの経験を積んだ PM とテスターのチームがいます。 そこから、テストの問題を迅速に解決し、製品のパフォーマンスを向上させることができます。プロジェクトのテスター人数の増減にも、プロジェクトに支障をきたすことなく柔軟に対応します。 4. 専門知識へのアクセス テストアウトソーシング企業には、さまざまなテストツール、システム、テスト環境で長年の経験を持つ多くのQA専門家がいるタレントプールがあります。また、ベンダーがヘルスケア、金融、教育等のドメインを理解し、戦略的なアドバイスを与えるために必要な経験、知識を持っています。 普通のIT人材、特にソフトウェアテスターにとって、高度な専門知識レベルの人材を獲得することは非常に困難です。高給に加えて、希望の経験とスキルを持つテスターを採用するには、評判と追加の福利厚生が必要であり、多大な工数と費用がかかるためです。 しかし、アウトソーシングでは、アウトソーシングベンダーが、希望のテクノロジーとスキルセットを含むCVを直接提供し、最適な候補者を選択できるというメリットがあります。 5. 他の運用にもっと焦点を合わせること テストはソフトウェア開発ライフサイクルの重要な工程ですが、必ずしもビジネスのコアの工程であるとは限りません。テストの作業をアウトソーシングすることにより、コアビジネスオペレーションは新しいテスト部門の人材採用、運用の作業から解放され、重要な操作に集中する時間が増えます。 外部委託されたテストチームの管理の経験を持つベンダーがテストチームを成功に導くことができます。企業がただテストチームの進捗状況を定期的にチェックし、ビジネスの競争の優位性を実際に生み出すことができるものに集中する必要があります。  6. 偏りのない視点 テストに関しては、認知的に偏った視点が一般的な問題であり、偏ったテスト分析、テストケース、テスト実行につながります。簡単に言うと、社内チームはソフトウェア開発プロセスの基本情報を知っていますので、発生する可能性のある不具合を知ることができます。このような情報は、テスターが最も明白な不具合を検出するのに役立ちますが、テストの観点は明らかな仮説に引き付けられており、代替案やその他の不具合を抽出することができません。 それでは、外部のテスト専門家からの偏りのない視点が必要になります。製品関連の情報が不足していますので、テスターはドキュメントを深く理解して、製品に対して多面的な視点を持つことができます。これにより、注意深く実行する場合、不具合の漏れ、非注意性盲目、テストケースの偏り、慎重に配布されたテストの実行がなくなります。 ソフトウェアテストアウトソーシングを成功させるポイント 1. 目標と要件を定義する 効果的なテストアウトソーシングを実施するため、プロジェクトの要件と目的を定義する必要があります。考慮する必要がある最初の目標は、プロジェクトの人材の要件です。インハウスチームに人材や知識が不足している時、アウトソーシングは非常に必要です。 テストアウトソーシングも大幅なコスト削減に貢献します。 次に、明確な要件を定義する必要があります。テスターはテスト中に混乱を引き起こすことなく要件を理解できます。 LQAは、多くの日本のパートナーに対して 7 年間のソフトウェア…

ソフトウェアテスト会社8選!【2023年最新版】

ソフトウェアテスト会社8選!ソフトウェアテスト会社を選ぶポイント

ソフトウェアテストはソフトウェア開発ライサイクルに大切な役割を果たすが、ほとんどのIT企業にとって、それは中核的な活動ではありません。その代わりに、コア業務に集中し、イノベーションを推進できるように効果的な解決策としてをソフトウェアテスト会社に外注することにします。 2021年「第三者検証に関する調査」によると、リソース不足、社内スキルの不足、及びコスト削減などの課題も、専門知識や経験を有する会社にソフトウェアテストを委託する主な理由となっています。 では、数あるソフトウェアテスト企業の中で、どのベンダーが自社に合っているのか悩んでいるなら、この記事が答えです。 今回は、LQAは信頼できるソフトウェアテスト企業8社をご紹介します。また、最適なソフトウェアテスト・パートナーを選ぶためのポイントもまとめているので、ぜひご覧ください!   おすすめソフトウェアテスト会社8選 Lotus Quality Assurance (LQA)  会社概要 設立年 本社 支社  従業員数 主なテストサービス 2016年 ベトナム 日本、韓国、アメリカ 300名の以上 SW/HW統合テストモバイルアプリテストWebアプリテスト自動化テスト組込みソフトウェアテスト品質保証コンサルティングQAスタッフ採用 目立つポイント・実績 ロータス・クオリティ・アシュアランス(LQA)はベトナムの一流なソフトウェアテスト専門会社で、LTSグループの子会社です。Web・モバイルアプリから組み込みソフトウェア、車載ソフトウェアまでのテストを実行します。これまで、自動車、フィンテック、銀行やヘルスケアの様々な業界でのプロジェクトに数多く取り組んできました。顧客の要求に完全に応えるだでなく、コスト削減、リソースの最適化、製品の強化、お客様企業の成長にも貢献します。 会社を設立し、発展させる過程では、顧客の声に注意深く耳を傾けることに加え、業界特化にも注力しています。業界の知識・経験を通じて、エンドユーザーのインサイトを把握し、製品品質の向上に役立つ新しいアプローチ・改善を提案します。その上、プロジェクトと製品の究明、知識交換などの時間短縮にも寄与します。 また、過去の長年にわたる蓄積された経験により、効果的なテストワークフロー、及び安全でプロの協力プロセスをお客様にもたらします。ご要件を正確に分析し、適切な計画を立て、決められた規定を厳守し、基準を満たすテスト結果を出します。そして、日本語・英語に精通するスタッフによる明確で迅速なコミュニケーション、及びセキュリティーも保証されます。 株式会社SHIFT 会社概要 設立年 本社 支社  従業員数 主なテストサービス 2005年 日本 ベトナム 6000名 ソフトウェアテストコンサルティングソフトウェアテスト・第三者検証ゲームテスト、テスト自動化アジャイルQA多端末テスト負荷テスト(パフォーマンス改善)統合型ソフトウェアテスト管理ツール “CAT”の業務 目立つポイント・実績 株式会社SHIFTは2005年に設立され、2009年にソフトウェアテスト事業を開始しました。現在までに多くの大手企業をサービスを提供し、1,387,966件の不具合を検出した実績があります。約14年にわたるソフトウェアテストの経験とノウハウにより、製品と結果の品質、そしてプロフェッショナルなコラボレーションプロセスが保証されていきます。 バルテス株式会社 会社概要 設立年 本社 支社  従業員数 主なテストサービス 2004年 日本 フィリピン 789名 ソフトウェアテストサービス品質コンサルティングサービスソフトウェア品質セミナーサービスセキュリティ・脆弱性診断サービス 目立つポイント・実績 バルテス株式会社は、ソフトウェアテストサービスに特化した企業です。金融・保険、IoT、医者・ヘルスケアなどの様々な業界で企業に、幅広いテスト支援サービスを提供します。ソバルテスのフトウェアテストの専門知識を持つコンサルタントがテストの計画や設計、戦略の策定などを支援します。また、効率的なテストを実現するための「QUINTEE」というアプローチ方法を確立しました。 バルテス株式会社の特徴は、高い技術力と豊富な経験に裏打ちされた信頼性の高さです。これまで、3,000件以上のプロジェクトに携わってきました。そして、JSTQB取得率が92%ということも、エンジニアの専門知識やスキルが高い水準であることを示しています。これにより、お客様のプロジェクトの品質向上やテストプロセスの最適化を支援することができます。…

ベトナムIT企業のトップ

ベトナムIT企業おすすめ7選を比較【2023年度版】

20年にわたりグローバル化を進めてきたベトナムIT企業は、国際的な信頼と認知を築いて、世界のテクノロジー地図の中でその地位を確立してきました。高品質な若手IT人材、競争力のある人件費、成長を推進する経済、やベトナム政府の積極的な支援の等により、ベトナムはアウトソーシング先ランキングのトップ5に入っています。ベトナムも2014年以来、日本市場で2番目に好きなパートナーとなり、アメリカ、ヨーロッパ、韓国、香港、やオーストラリアなどの主要市場でも認知されています。 もし良いベトナムのITサービス企業を探しているのであれば、このリストは役立つと考えられます。本記事では、ベトナムで高品質なITサービス・ソリューションを提供する一流の会社を紹介するだけでなく、ベトナムのIT会社に外注すべき理由、そして最適なパートナーを選択するポイントを説明していくので、是非ご一読ください! 一流なベトナムIT企業一覧 設立年、従業員数、業績や資格、提供サービスなど、入念に調査した項目に基づき、各社を比較しています。貴社のニーズに最適なサプライヤーを見つけるお手伝いをさせてください。   設立年 従業員数 主なサービス FPTソフトウェア 1999 27,000名 ・システム開発・運用・マイグレーション・AI(人工知能)、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、最新テクノロジーサービス・カスタムソフトウェア開発 ・ITマネージドサービス ・非音声BPO /ブラックオフィスサービス Lotus Quality Assurance 2016 約300名 ・ソフトウェアテスト (Webアプリテスト、モバイルアプリテスト、自動化テスト、組み込みテスト、統合テスト)・車載ソフトウェアテスト・ソフトウェア開発(Webアプリ開発、モバイルアプリ開発)・ブロックチェーン開発・ソフトウェアの保守とアップグレード・ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)(データアノテーション、データ収集、データ変換) Shift Asia 2016 約200名 ・アプリケーションテスト ・ERPコンサルティングとSI・サイバーセキュリティ ・モバイルアプリ開発 ・ユニファイドコミュニケーションコンサルティングとSI・Web開発・カスタムソフトウェア開発 CMC Global 2016 約1000名 1. 世界水準のオフショア開発:カスタムソフトウェア開発、ソフトウェア保守、レガシーマイグレーション、テスティングサービス 2. デジタルトランスフォーメーション:クラウドサービス、ローコード、データ、アナリティクス、AI 3. ソリューション:顔認証ソリューション(CIVAMS.Face)、CMC Social Listening、CMC Chatbot、C-ID Reader、C-CA、SOC(Security Operation Center) 株式会社VTI 2017 1000名以上 モバイルアプリ開発、マイグレーション、保守&運用支援、IoT、クラウドコンピューティング、AIサービス リッケイソフト(Rikkeisoft) 2012 1600名以上 1. IT サービス ・ソフトウェア開発 ・マネージドサービス ・品質保証 ・システムマイグレーション…

ソフトウェアテストについてよくある疑問

8つのFAQを通じて、ソフトウェアテストについて深く知ることになります!

ソフトウェアテストは、ソフトウェア開発のライフサイクル全体において重要な役割を担っています。テスト段階を通じて、ソフトウェアの不具合を早期に発見し、最終的な製品納品前に改善することができます。そのため、多くのソフトウェア開発会社は、厳格なテストプロセスの構築と社内テストチームへの投資に注力しています。この記事では、飛び込む前に最も一般的な問題を解き明かすのに役立つだろう。 下記の8つの ソフトウェアテストについてよくある疑問 を一緒に読みましょう!   1. ソフトウェアテストがソフトウェア開発ライフサイクルで必須である理由 ソフトウェアテストは、ソフトウェア開発ライフサイクル全体の重要なプロセスです。テストの工程を通じて、ソフトウェアの不具合を早期に抽出し、最終製品の納品前に修正することができます。 ソフトウェアの不具合を修正するには多くの時間と工数がかかります。Starbucksは、POSシステムのソフトウェアのバグにより取引を処理できませんでしたので、米国とカナダの店舗の約60%を閉鎖し、無料のコーヒーを提供することさえ余儀なくされました。 上記の例は、企業が信頼できる厳格なテストプロセスを持っている場合、深刻な問題を最小限に抑え、年間数百万ドルを節約できることを示しています。さらに、エラーがなく、多くの厳格な品質チェックを受けたソフトウェアは、お客様の信頼と満足を簡単に獲得できます。コスト、セキュリティに関して、効率をもたらし、持続可能な開発を実現できます。   2. ソフトウェアテストの種類はなんですか。 さまざまな基準に基づいて、次のようなさまざまな方法でテストを分類できます。 2.1. テストレベル 単体テスト:個々のユニット・コンポーネントにテストを実行して、適切に機能することを確認するプロセスです。単体テストは、単体テストレベルでより多くの不具合を抽出し、無駄なテストの実行を減らし、テスト戦略をスピードアップできますので、重要です。 統合テスト:アプリケーションの2つ以上のモジュールが論理的にグループ化され、全体としてテストを行われるソフトウェアテストの種類です。このタイプの焦点は、モジュール間の通信、インターフェイス、データフローの不具合を抽出することです。モジュールをシステム全体に統合する際には、トップダウンまたはボトムアップのアプローチが適用されます。このタイプのテストは、システムのモジュール・システム間のモジュールを統合することによって行われます。 システムテスト:完全に統合されたソフトウェア製品を検証するソフトウェアテストの種類です。その目的は、エンドツーエンドのシステム仕様を評価することです。通常、ソフトウェアは、大規模なコンピューターベースのシステムの1つの要素にすぎません。最終的に、ソフトウェアは他のソフトウェア・ハードウェアシステムと結合します。システムテストは、システム全体にテストを実行することのみを目的とする一連の異なるテストとして定義されます。 受け入れテスト:エンドユーザー(お客様)がビジネス要件で記載した目標を達成できることを保証します。これにより、ソフトウェアが納品できるかどうかが決まります。ユーザー受け入れテスト(UAT)とも呼ばれます。受け入れテストは、クライアント・ビジネス・お客様がリアルタイムのビジネスシナリオでソフトウェアにテストを行うテストの一種です。お客様は、すべての機能が期待どおりに機能する場合にのみ、ソフトウェアを受け入れます。これはテストの最終段階であり、その後、ソフトウェアは本番環境に入ります。ユーザー受け入れテスト(UAT)とも呼ばれます。 2.2. テストの種類 機能テストは、ソフトウェアアプリケーションの各機能が要件仕様に従って動作することを検証するテストの一種です。 非機能テストは、ソフトウェア アプリケーションの非機能面 (パフォーマンス、使いやすさ、信頼性等) をチェックするテストの一種です。 2.3. テスト方法 自動テストは、ツールとテストのスクリプトを利用してテスト作業を自動化するテスト手法です。言い換えれば、手作業のみならず、指定され、カスタマイズされたツールがテストプロセスに実装されます。 手動テストは、その文字通りの意味で、テスター・QA がテスト ケースの作成から実行まで、テストプロセスの全体を手動で実行する手法です。手動テストでは、QAが一人で1つずつのテストを実行し、ソフトウェア アプリケーションの納品前にバグ、不具合、主要な機能の問題を抽出します。このプロセスの一部として、自動化ツールを使用せずに、テストケースとバグの報告書が作成されます。   3. 自動化テストは最も人気がありますか。その理由はなんですか。 手動テストは、一般的に品質保証プロセスの最も人気がある方法ですが、多くの企業のテストプロセスが無効にする原因となるいくつかの制限があります。 これまで、自動テストは、ソフトウェアテストの有効性、カバレッジ、テスト実行速度を向上させるために、より革新的な手法と見なされていました。この新しい「アプローチ」により、テストプロセスはより短い時間でより多くのテストケースを生成し、カバレッジを改善することが期待されます。 プロセスで、手作業を完全に排除するわけではありませんが、自動テストは、費用対効果が高く、人間の介入が少ないですので、好ましいソリューションになります。言い換えれば、自動テストでは、自動テストを可能にするために手作業が必要です。 自動テストの8つの有望な見通しは次のとおりです。 ROIの高い利回り 一貫した回帰テスト 高いカバレッジ 精度と信頼性 より速いペース 開発者とテスターの負担を軽減 人間の介入を減らすこと 測定品質メトリクスのレコード   4. 手動テストと自動テストの比較、と各方法の利用のとき 手動テストは、ソフトウェアテストにおける伝統的で基本的なテスト方法です。新しい製品をテストする場合や、製品を明確に理解していない場合、システムがまだ安定していない場合は、手動テストを使用することがよくあります。 自動テストは、手動テストと比較してハイテクなテスト方法と見なされます。安定して機能していて、よく理解したシステムをテストするために、このテスト方法を適用して、リソースと時間を削減します。 自動テストと手動テストのどちらを選択するかの答えは、状況によって異なります。…

例を含む5つのテストケースの作成手法のガイド

決定表のテストケースの作成の例ソフトウェア エンジニアリングにおけるテスト ケースの作成手法とは、ソフトウェア製品の特定の機能にテストを実行するために必要な一連の活動であるテスト ケースをどのように作成するかを指します。 適切なテスト ケースの作成手法を適用する場合、プロジェクトに強力な基盤が確立され、生産性と精度が向上します。 そうしない場合、ソフトウェアのテスト工程でバグや不具合を抽出できない可能性があります。 テスティングの手法は、ブラックボックス、ホワイトボックス、経験ベースの手法に分類されます。このチュートリアルでは、5 つの主要なテスト ケースの作成手法で、ブラック ボックステストについて説明します。 境界値分析(BVA) 同値分割 決定表に基づくテスティング 状態遷移 エラ推測   5つの重要なテストケースの作成手法 1. 境界値分析(BVA) 境界値分析は、同等境界で複数の値をテストする代わりに、パーティション間の境界をテストするブラック ボックス テスト手法です。 定義された入力値の中心ではなく、境界で多数のエラーが検出されることが多く、境界値の結果が同値クラス全体に適用されると想定しているためです。 また、BVA は同値分割の他の種類と見なされます。 境界値分析のガイド:入力変数値について、最小/最大の値、最小/最大のすぐ下の価値、最小/最大のすぐ上の値、公称値(任意)を選択して、テストケースを実行します。   例: 有効な年齢の値は 20 ~ 50 です。 最小境界値は 20 です。 最大境界値は 50 です。 テストの対象の値︰19, 20, 21, 49, 50, 51 有効な値︰20, 21, 49, 50 無効な値︰19, 51 テストケースは以下の通りです。 テストケース1︰19を入力 (無効)…

適切な 自動化テストのフレームワーク を選択する方法

適切な自動化テストのフレームワークを選択する方法

自動化テストのフレームワーク は、自動化テストにおいて、望ましい結果を達成するために体系的な方法で従うことができる一連のルールまたはベストプラクティスを定義します。自動化テストの成功は、適切なフレームワークの選択に大きく依存しています。残念ながら、さまざまな自動化テストのプロジェクトで、さまざまなの要件とチャレンジがあり、万能のソリューションを見つけるのは困難です。   適切な 自動化テストのフレームワーク を選択する方法 ステップ1:プロジェクトの要件を明確にすること すべての効果的な自動化テストのプロジェクトは、要件を正しく理解することから始まります。何よりもまず、プロジェクトの特性と対象のテスト結果を明確に理解する必要があります。 たとえば、お客様のF&Bアプリケーション用のテスト自動化フレームワークを選ぶとき、次のことを検討します。 テストの範囲:アプリケーションごとに年間5〜6リリースの20のWeb・モバイルアプリケーション。 お客様のニーズ︰UI自動化テストとバックエンドのテスト用のAPI、クロスブラウザとオペレーティングシステムのテスト。 期待の結果:回帰テストの時間の短縮。 チャレンジ︰エンドツーエンドのテストフローは複雑であり、APIテストのデータセットはすごく多いです。 解決策:巨大なデータセットをテストするために、データ駆動型のAPIテストプログラムを開発します。 ステップ2:予算を定義すること 自動化テストのプロジェクトの予算を計算するするには、スクリプトの開発と保守にかかる労力に加えて、テスト自動化ツールとインフラストラクチャの予算を計算する必要があります。 テスト自動化のフレームワークの種類は次のとおりです。 オープンソースのフレームワーク コマーシャルのフレームワーク カスタマイズのフレームワーク 次に、無料のオープンソースフレームワークを使用するか、コマーシャルのツールの料金を支払うかを決定します。各 オプションには、メリットとデメリットがあります。 オープンソースツール:アクティブなコミュニティ、無料のチュートリアル、ミートアップを備えた無料のツールです。 ただし、オープンソースツールは古くなり、速度が遅くなり、プロジェクトに100%適合せず、カスタマイズするためにハイテクの専門知識が必要になる場合があります。 コマーシャルのツール:有料ツールとも呼ばれ、箱の外に多くの機能を提供します。 それでも、コストが高いですので、人気がなく、コミュニティからのチュートリアルやサポートを探すのは困難です。 すべての技術的な問題について、ユーザーに迅速なカスタマーサポートを提供する必要があります。 コマーシャルのツールには高い初期投資が必要ですが、生産性の向上に役立ち、長期的にははるかに優れたメリットをもたらします。 コマーシャルのツールを買いたい場合は、完全なパッケージを購入する前に、無料の試用版を使用して、小さなプロジェクトで実験することをお勧めします。 ステップ3︰テクスタックを検討すること 自動化テスト用の理想的なフレームワークは、プロジェクトで使用されるプログラミング言語をサポートするのみならず、チームメンバーがそのフレームワークに関する経験を持つ必要があります。 まず、テスト自動化エンジニアが特定の言語やフレームワークに精通しているかどうかを確認してから、プロジェクトのプログラミング言語と比較する必要があります。 違いがある場合は、その言語に慣れるのに費やした工数とそれを使用することの効果を考慮に入れてください。 テスターの生産性が低下する可能性がありますが、必要な技術スタックが拡張されず、予期しない問題を回避しながらプロセスを簡単に行えるようになります。 モバイルアプリを対象にする場合は、サポートされるプラ​​ットフォームも検討する必要があります。さまざまなプラットフォームを対象にする場合は、すべてをサポートするツールを選択する必要があります。たとえば、SeleniumとAppiumはIOSとAndroidの両方をサポートしています。 ステップ4: テスト自動化フレームワーク を評価すること 自動化テストのプロジェクトでフレームワークを選択する前に、いくつかの側面を考慮する必要があります。 メンテナンスと再利用性 自動化テストの総コストを増大させる重要な要因は、スクリプトのメンテナンスです。アプリケーションを少し変更しただけでも、スクリプトが失敗する可能性があります。したがって、デバッグが簡単である場合、工数を減らすことができます。 一方、スクリプトの再利用性により、同様のテストケースにテストスクリプトを再利用できますので、開発の時間を大幅に節約できます。 統合機能 CI / CDは現在、ソフトウェア開発において、非常に人気があります。 選択したフレームワークは、完全に自動化sれることを確実にするために、CI/CDパイプラインに統合できる必要があります。 なくても支障のない機能 報告書:適切に分類され、読みやすく、理解しやすい報告書の表示は、 自動化テストのフレームワーク のボーナスになります。報告書を読むときに、エラーを分析する能力は、プロジェクトでデバッグの時間を減らすのに役立つためです。 ビヘイビア駆動開発フレームワーク:技術者ではない場合は、Gherkin構文でBDDフレームワークを使用する場合、プロジェクトをよりよく理解するのに役立ちます。 BDDフレームワークは、人間の言語(英語、ベトナム語等)で記述された手順を含むかなり読みやすい報告書も提供します。 ステップ5:選択を確認すること 自動化テストのフレームワーク…